お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, IEE-MBE
(連催)
2022-06-17
13:30
ONLINE オンライン開催 閾下単純接触効果生起時の生理反応に関する一検討 ~ 閾下提示中の瞳孔径・呼吸・心拍変動解析 ~
磯谷俊治・○百瀬桂子早大MBE2022-6
ある刺激に繰り返し接するとその刺激に対する好意度や印象が高まるという単純接触効果は,閾下刺激でも生じることが報告されてい... [more] MBE2022-6
p.1
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-15
13:50
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
fan課題を用いた干渉と新旧項目処理に関する実験的検討:瞳孔系に着目した予備的分析
大石充希林 勇吾立命館大HCS2022-13 HIP2022-13
単語知識のペアを連合して記憶している場合、それらの単語の想起時に知識間での干渉が生じることが示されている。この知見に基づ... [more] HCS2022-13 HIP2022-13
pp.63-66
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-16
09:40
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
眼球運動特徴による認知負荷の時間的変化の検討
岡野友美中山 実東工大HCS2022-24 HIP2022-24
課題遂行における心的負荷や認知負荷の評価として,眼球運動としてのマイクロ
サッカード頻度や瞳孔径変化が用いられる.こ... [more]
HCS2022-24 HIP2022-24
pp.118-123
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-16
10:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オブジェクトベースの視覚的注意に基づく情報入力システム
呂 雨虹久方瑠美金子寛彦東工大HCS2022-25 HIP2022-25
ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者など四肢を動かすことが困難な患者のための簡易なコミュニケーションツールが必要とされている... [more] HCS2022-25 HIP2022-25
pp.124-127
SIS 2022-03-04
10:50
ONLINE オンライン開催 間接対光反射を利用した瞳孔径とSSVEP誘発の関連解析
吉田 努板井陽俊中部大SIS2021-41
脳コンピュータインタフェース(BCI)の入力として,一定周期の点滅を有する視覚刺激を注視した際に誘発される定常状態視覚誘... [more] SIS2021-41
pp.57-62
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-23
09:00
ONLINE オンライン開催 ADHDの瞳孔径制御モデルにより生成された瞳孔径時系列の複雑性解析
熊野 開千葉工大)・信川 創千葉工大/NCNP)・白間 綾NCNP)・高橋哲也金沢大)・戸田重誠昭和大NC2021-38
注意欠陥・多動性障害(Attention Deficit Hyperactivity Disorder : ADHD)の... [more] NC2021-38
pp.37-42
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-24
15:50
ONLINE オンライン開催 認知負荷要因の時間変化の眼球情報による評価可能性
岡野友美中山 実東工大HCS2021-9 HIP2021-9
本論文では,マイクロサッカード,瞳孔径,眼球運動に焦点を当て,それらの指標と認知負荷との関係性 を明らかにした.具体的に... [more] HCS2021-9 HIP2021-9
pp.44-49
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 心的負荷を含む図形課題遂行時における眼球特徴量の時間特性の検討
岡野友美中山 実東工大
本研究では,眼球特徴量の中でも瞳孔径に焦点を当て,作成した心的負荷要素を含む図形探索課題を被験者10名に遂行して頂き,課... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 感情刺激画像への主観評価と瞳孔反応との関係
室河虹架中山 実東工大
本研究では、感情を喚起する画像を用いて、観察者の主観印象と瞳孔反応との関係を検討した。実験では、感情を喚起する画像データ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 図形探索課題遂行時における心的負荷と眼球特徴量の関係
岡野友美中山 実東工大
本研究では,眼球特徴量の中でもマイクロサッカードと瞳孔径に焦点を当て,呈示時間の異なる図形探索課題を2種類作成し,心的負... [more]
HIP 2019-10-31
14:10
京都 京都テルサ カードゲームにおける報酬期待の眼球情報への影響に関する一検討
中山 実正田孝平東工大HIP2019-60
報酬期待を喚起するカードゲームで報酬期待を計測し,報酬期待による眼球情報への影響を分析した.そ の結果,瞳孔径は報酬期待... [more] HIP2019-60
pp.61-66
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-16
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 対戦型カードゲーム中に喚起された報酬期待が瞳孔情報に及ぼす影響
正田孝平中山 実東工大HCS2019-5 HIP2019-5
報酬期待を制御するポーカーを用いた対戦型ゲームでプレイヤーの報酬期待度と瞳孔径変化を時系列に 計測する実験システ... [more] HCS2019-5 HIP2019-5
pp.23-28
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
15:15
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 眼球運動と瞳孔径を用いた計算課題における集中状態の推定
青山拓真工藤博章松本哲也名大)・竹内義則大同大IMQ2018-71 IE2018-155 MVE2018-102
本研究の目的は,課題に取り組む際の集中度を定量的に評価することである.本研究では課題時の瞳孔径と注視の注視時間を用いて解... [more] IMQ2018-71 IE2018-155 MVE2018-102
pp.269-272
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 課題遂行時の心的負荷が眼球情報に及ぼす影響の検討
中山 実早川善哉東工大
認知的負荷を評価する指標である眼球運動におけるマイクロ・サッカードの出現
頻度に関連する要因について検討した.
本... [more]

HIP 2017-10-24
10:20
京都 京都テルサ 固視微動における加齢効果
大谷尚平近畿大)・堺 浩之豊田中研)・小濱 剛近畿大HIP2017-70
本研究では,固視微動における加齢の影響を明らかにすることを目的として,20 代から 60 代までの被験者 100 名を対... [more] HIP2017-70
pp.61-64
HIP 2017-10-24
15:10
京都 京都テルサ 瞳孔計測を用いたヒトの情動状態の評価
中古賀 理東 広志豊橋技科大)・村松潤哉トヨタ自動車)・中内茂樹南 哲人豊橋技科大HIP2017-78
近年,ヒトの瞳孔径を計測することによって様々な認知状態を推定するという研究が盛んにおこなわれており,その1つとして情動に... [more] HIP2017-78
pp.93-96
HIP 2017-10-24
15:30
京都 京都テルサ 物体表面の質感観察における瞳孔径変化
田中 緑新井隆介堀内隆彦千葉大HIP2017-79
瞳孔径は視覚情報の認識機構として広く研究されている.瞳孔径は,物理的要因である観察環境の明るさに対して縮瞳・散瞳すること... [more] HIP2017-79
pp.97-99
HIP 2017-10-24
15:50
京都 京都テルサ 視覚刺激の輝度変化と瞳孔変動の対応に基づいた視線による情報入力手法
武藤ゆみ子三好秀佳金子寛彦東工大HIP2017-80
瞳孔は,対象の輝度に応じて径を変化させることにより,眼に入る光の量を調節する.本研究では,その性質に着目し,輝度が正弦波... [more] HIP2017-80
pp.101-104
HIP 2016-09-28
10:00
奈良 奈良春日野国際フォーラム Webカメラを用いた瞳孔径計測手法の提案
佐藤壮平石原正規首都大東京HIP2016-50
日常における情動の変化は様々な生理指標に現れることが知られている.その一例として,瞳孔の拡大・縮小が挙げられる.自律神経... [more] HIP2016-50
pp.37-40
MBE 2015-05-23
16:10
富山 富山県立大学 意思伝達装置の開発に向けた注意喚起時の瞳孔径変動
森田悠生高野博史中村清実富山県立大MBE2015-11
筋萎縮性側索硬化症などにより全身麻痺や失語症となった重度障碍者は,自由に肢体を動かしたり,言葉を発したりすることができず... [more] MBE2015-11
pp.55-59
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会