お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 133件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CNR 2023-08-09
14:45
北海道 北海道大学 学術交流会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
河川流路変動メカニズム解明のための水制再配置システムの構築
張 晨高橋勇希茂木大知安田浩保早坂圭司村松正吾新潟大CNR2023-4
本稿では,新たなアクチュエータを導入し,河川サイバー・フィジカル・システム (RCPS) のプロトタイプの改善を提案する... [more] CNR2023-4
pp.18-21
ICM 2023-07-13
14:25
北海道 サンリフレ函館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
環境適応サービス開始後の再構成処理
山登庸次NTTICM2023-14
著者は,通常コードを,環境に応じて自動変換し,高性能で運用可能とする環境適応ソフトウェアを提案し,GPU等への自動変換や... [more] ICM2023-14
pp.19-24
IN, NS
(併催)
2023-03-02
16:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
環境適応処理における運用開始後GPU構成変更の提案
山登庸次NTTIN2022-91
近年,ヘテロジニアスハードウェア利用が増えているが,これらの十分な活用には,CUDA等のハードウェアを意識した技術理解が... [more] IN2022-91
pp.151-156
PN 2023-03-02
12:00
沖縄 沖縄県立博物館 講座室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SC22における日米間を接続した再構成可能プローブコンセプト実証実験
岡本 聡山中直明慶大PN2022-59
セキュアなBeyond 5G基盤網の実現に向けて,ネットワーク機器の再構成機能を利用してIn-Networkでのデジタル... [more] PN2022-59
pp.90-95
RECONF, VLD
(連催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-01-23
10:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高位合成ツールCyberworkbenchを用いたマルチFPGA設計環境
鈴木裕章慶大)・高橋 渡NEC)・若林一敏東大)・天野英晴慶大VLD2022-56 RECONF2022-79
複数の FPGA ボードを直接高速シリアルリンクで接続したマルチ FPGA システムはMEC(Multi-edgeacc... [more] VLD2022-56 RECONF2022-79
pp.1-6
EE, OME, CPM
(共催)
2022-12-09
10:30
東京 機械振興会館 B3-1
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
可変昇圧比を達成する,高電圧EVバッテリ用共振形直並列切替フライングスイッチトキャパシタコンバータ
眞田東子鵜野将年茨城大EE2022-20 CPM2022-75 OME2022-33
バッテリの大容量化と充電時間の短縮を両立するため,従来の400 Vから600~800 VへとEVバッテリの高電圧化が進ん... [more] EE2022-20 CPM2022-75 OME2022-33
pp.7-12
COMP 2022-12-06
09:30
愛媛 愛媛大メディアホール Reconfiguration and Enumeration of Optimal Cyclic Ladder Lotteries
Yuta NozakiHiroshima Univ.)・○Kunihiro WasaHosei Univ.)・Katsuhisa YamanakaIwate Univ.COMP2022-21
本稿では,最適円筒あみだくじの遷移問題および列挙問題を取り扱う.はじめに,置換と displacement vector... [more] COMP2022-21
pp.1-8
KBSE, SC
(共催)
2022-11-05
10:40
長野 野沢温泉 桐屋旅館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
環境適応処理における運用開始後FPGAロジック変更の提案
山登庸次NTTKBSE2022-40 SC2022-35
近年,ヘテロジニアスハードウェア利用が増えているが,これらの十分な活用には,OpenCL等のハードウェアを意識した技術理... [more] KBSE2022-40 SC2022-35
pp.54-59
ICM 2022-07-07
14:15
北海道 とかちプラザ 2F視聴覚室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
環境適応処理における配置再構成の提案
山登庸次NTTICM2022-13
ヘテロハードウェアを活用するには,プログラマーはOpenMP,CUDA,OpenCL等の十分な技術スキルが必要であった.... [more] ICM2022-13
pp.15-20
EE 2022-01-28
09:30
ONLINE オンライン開催 無制御での電流バランスと電圧ゲイン幅の拡大を達成するオンボード充電器用ブリッジ回路切替え式多相LLCコンバータ
小山 翔鵜野将年茨城大EE2021-40
EV搭載の大容量リチウムイオンバッテリは充電状態に伴い電圧が大きく変動するため,急速充電器には幅広いゲイン特性を有する大... [more] EE2021-40
pp.52-57
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
16:45
ONLINE オンライン開催 音節・文字・ビットの三段階進化と低雑音環境 ~ 知能進化の非線形性 ~
得丸久文著述業NLP2021-13 CCS2021-13
言語的人類の 知能進化は,音節・文字・ビットという物理的信号進化 にともない それぞれ 脳内 処理回路 が 文法処理,科... [more] NLP2021-13 CCS2021-13
pp.61-66
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-09-01
14:40
ONLINE オンライン開催 Complexity of Colored Token Shifting on Graphs
Sai Kwon KhamRyuhei UeharaJAISTCOMP2020-6
 [more] COMP2020-6
pp.1-8
COMP 2019-12-13
17:00
群馬 群馬大学 伊香保研修所 交互閉路による完全マッチングの最短遷移
伊藤健洋東北大)・垣村尚徳慶大)・神山直之九大/JSTさきがけ)・小林佑輔京大)・○岡本吉央電通大/理研COMP2019-42
本研究では,完全マッチング多面体における隣接性を背景として,交互閉路による完全マッチングの最短遷移問題を考察する.これは... [more] COMP2019-42
pp.93-100
RECONF 2019-09-20
14:40
福岡 北九州国際会議場 情報理論のエントロピー概念の再構成 ~ シャノンの伝記とフォン・ノイマンの手稿を参考に ~
得丸久文著述業RECONF2019-35
科学概念の誤りは,議論が個別研究分野内にとどまっているかぎり検出されにくい.言語情報が電子化し対話性をもつようになると,... [more] RECONF2019-35
pp.81-86
NLP 2019-05-11
11:15
大分 J:COM ホルトホール大分 知能進化の非線形性 ~ 言語的人類の脳内でおきる三段階デジタル適応 ~
得丸久文著述業NLP2019-14
進化は非線形におきる.そのため現在から過去を振り返っても,どのような進化が,いつ,どこで, どのように起きたのかを明らか... [more] NLP2019-14
pp.77-82
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2019-01-31
15:05
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 FPGA上での部分再構成を使用したストリーム向けクロスバの実装と検証
川俣裕一木田智大柴田裕一郎長崎大)・佐野健太郎理研VLD2018-90 CPSY2018-100 RECONF2018-64
本論文では, 複数の FPGA を用いるマルチ FPGA クラスタ計算システムにおいて, 部分再構成を用いたネットワーク... [more] VLD2018-90 CPSY2018-100 RECONF2018-64
pp.113-118
COMP 2018-12-12
10:25
宮城 東北大学 Linear-Time Algorithms for the Generalized Coloring Reconfiguration Problem
Hiroki OsawaAkira SuzukiTakehiro ItoXiao ZhouTohoku Univ.COMP2018-32
彩色遷移問題は,最もよく研究されている遷移問題である.
この問題では,高々$k$色を用いたグラフの(頂点)彩色が$2$... [more]
COMP2018-32
pp.7-14
RECONF 2018-05-24
11:20
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD 高位合成で実装したハードウェア・ソフトウェアの動的再構成による障害発生時の処理継続技術
酒田輝昭広津鉄平日立RECONF2018-3
高信頼が要求されるシステムの一部で障害が発生しても必要動作を継続するアーキテクチャを開発した。本研究ではプラグマを含む共... [more] RECONF2018-3
pp.13-18
PN 2018-03-05
14:55
鹿児島 南種子町商工会館 [依頼講演]光通信網におけるベイズ型アトラクター選択モデルに基づく仮想ネットワーク再構成手法
大場斗士彦荒川伸一村田正幸阪大PN2017-96
光通信網上に仮想ネットワーク(VN)を構築し、それをトラヒック量の変動に応じて動的に再構成することで輻輳を解消し、通信品... [more] PN2017-96
pp.31-38
VLD, HWS
(併催)
2018-02-28
16:30
沖縄 沖縄県青年会館 耐故障FPGAのための一再構成手法とその評価
馬 鋮金子峰雄北陸先端大VLD2017-101
本稿では, FPGAのハードエラーを対象とし, より長い使用時間を確保するため, 複数の故障への対応を考慮した再構成手法... [more] VLD2017-101
pp.73-78
 133件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会