お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 113件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2023-02-16
13:25
宮城 東北大学 青葉山キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]屋内外環境における300GHz帯コセカント2乗ビーム反射鏡アンテナの受信電力距離特性評価
保前俊稀豊見本和馬山口 良宮下真行矢吹 歩ソフトバンク
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-11-18
11:10
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
集束ビーム給電系を有する反射鏡アンテナの通過位相の測定および調整方法
山本伸一阿戸弘人関 竜哉西岡泰弘三菱電機EMT2022-64
近年、70m級の大型反射鏡アンテナの代替として、複数台の32m級の中型の反射鏡アンテナをアレー状に配置して用いることが検... [more] EMT2022-64
pp.111-116
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-15
10:20
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
回転反射鏡アンテナを用いた300GHz帯屋内到来方向測定
保前俊稀豊見本和馬山口 良宮下真行矢吹 歩ソフトバンクAP2022-149
本稿では,狭ビームかつ機械的に水平方向の指向性走査が可能な反射鏡アンテナを用いて屋内の複数環境で300GHz帯到来方向測... [more] AP2022-149
pp.13-17
AP, MW
(併催)
2022-09-14
13:50
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
300GHz帯コセカント2乗ビーム反射鏡アンテナの実現と受信電力距離特性評価
保前俊稀豊見本和馬山口 良矢吹 歩宮下真行ソフトバンクAP2022-76
Beyond 5G/6Gでは300 GHz帯の利用が検討されている.300G Hz帯では現実的な大きさで大開口アンテナが... [more] AP2022-76
pp.26-31
AP, MW
(併催)
2022-09-16
12:00
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
円形TE11-TM01モード変換器を用いた150GHz帯水平面無指向性反射鏡アンテナの設計
柳澤利樹広川二郎戸村 崇東工大AP2022-88
テラヘルツ帯での電波伝搬特性の測定のために,無指向性アンテナが求められている.本稿では,円形TE11-TM01モード変換... [more] AP2022-88
pp.96-99
AP 2022-06-16
13:25
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アンテナゲイン高精度予測のための光束分離法の提案
小木曽 望阪公立大)・鈴木優希松下征矢阪府大)・田中宏明防衛大AP2022-30
衛星搭載用などセグメント分割された反射鏡におけるアンテナ利得解析において,Ruze則による推定式では,分割されたペタル境... [more] AP2022-30
pp.7-12
SANE 2022-05-24
16:00
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ペンシルビームを有するTM01モード励振グリッド装荷ステップ反射鏡アンテナ
山本伸一縫村修次瀧川道生三菱電機SANE2022-12
高出力マイクロ波装置から生成される電波を空間に放射する反射鏡アンテナを検討している。高出力マイクロ波装置からは、円形導波... [more] SANE2022-12
pp.61-66
AP 2022-03-10
13:10
ONLINE オンライン開催 展開式シリンドリカル反射鏡アンテナの基礎検討
中嶋宏昌山本伸一瀧川道生稲沢良夫三菱電機AP2021-186
合成開口レーダでは,広い観測領域と高い分解能を両立するために,衛星の進行方向では狭ビーム,それと直交する方向では広ビーム... [more] AP2021-186
pp.26-29
AP, WPT
(併催)
2022-01-20
09:50
鳥取 鳥取県立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
リフレクトアレーの効率を考慮した一次放射器の検討
永原春菜新井宏之横浜国大AP2021-136
リフレクトアレーの効率向上のため,一次放射器の種類の検討及び配置について,電磁界解析ソフトCSTを用いて検討した.高い指... [more] AP2021-136
pp.11-14
MW 2021-12-16
10:35
神奈川 川崎市産業振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
インターディジタル構造とマルチビア構造を用いたメタサーフェス反射器 ~ シミュレーションに基づく設計と評価実験 ~
浦上大世香川高専)・丸山珠美函館高専)・小野安季良塩沢隆広香川高専MW2021-84
マッシュルーム構造を持つメタサーフェスにインターディジタル構造とマルチビア構造を導入することにより反射位相を制御する方法... [more] MW2021-84
pp.1-6
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
16:45
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
双方向回転反射鏡アンテナを用いた300 GHz帯到来方向測定法の検討
保前俊稀豊見本和馬山口 良矢吹 歩宮下真行ソフトバンクAP2021-108
さらなる高速・大容量通信の実現を目指し,Beyond5G/6G 通信ではテラヘルツ波帯の活用が検討されており,伝搬特性の... [more] AP2021-108
pp.44-49
MW, AP
(併催)
2021-09-09
13:00
ONLINE オンライン開催 バトラーマトリクスを用いたビーム反射回路の基本検討
本間優作末松憲治東北大MW2021-33
Radio Frequency Identification (RFID)などのバックスキャッタシステムでは,通信距離の... [more] MW2021-33
pp.1-5
MW, AP
(併催)
2021-09-09
14:25
ONLINE オンライン開催 スルーホールリフレクターと導波管からの変換構造を用いたミリ波帯漏れ波アンテナの励振についての検討
飯田 渉新井宏之横浜国大AP2021-57
本報告では、100GHzを超えるようなミリ波帯における漏れ波アンテナについて検討を行った.まず、 漏れ波アンテナの特性を... [more] AP2021-57
pp.6-9
AP 2021-05-21
10:45
ONLINE オンライン開催 方向探知を目的としたヌルステアリングアンテナの高精度化
田村 成新井宏之横浜国大AP2021-12
屋内位置推定を利用目的とするヌルステアリングアンテナのヌルの深さを改善する2つのアンテナを発表する.基本アンテナ構成は2... [more] AP2021-12
pp.18-21
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-25
10:15
ONLINE オンライン開催 TM01モード励振グリッド装荷ステップ反射鏡アンテナ
山本伸一縫村修次瀧川道生三菱電機AP2020-75
円形導波管TM01モードで励振したホーンアンテナからの放射波をボアサイト方向にビーム形成するグリッド装荷ステップ反射鏡ア... [more] AP2020-75
pp.11-16
EMCJ, MICT
(併催)
2020-03-13
16:05
東京 機械振興会館 地下3階-2
(開催中止,技報発行あり)
変調再帰反射を用いた全2重通信のための2重変調実験におけるノイズの抑圧
水越優紀西方敦博東工大)・伊藤耕大白戸裕史北 直樹NTTEMCJ2019-95
近年, 移動体無線局の急速な増加や無線通信の高速化に伴って, 割り当て周波数や偏波, 空間, 時間といった電波資源がひっ... [more] EMCJ2019-95
pp.15-20
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2020-01-24
13:10
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター 1次元Van Attaアレーによる再帰反射特性の広角度化に関する検討
犬塚 悠西方敦博東工大EMCJ2019-86
先に我々のグループでは,平面アンテナアレーと給電回路網からなる 1 次元 6 素子 Van Atta アレーによ り,2... [more] EMCJ2019-86
pp.29-33
RCS 2019-10-25
10:20
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) 位相可変リフレクトアレーを用いた28GHz帯5G下り伝送特性の改善に関する検討
髙橋雄太NTTドコモ)・本間尚樹岩手大)・阿部順一村岡一志須山 聡油川雄司NTTドコモRCS2019-194
第5世代移動通信システム(5G)では広帯域が利用できるSHF帯(3~30 GHz)が使用されるが,高周波数帯は直進性が高... [more] RCS2019-194
pp.89-94
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]アンテナ間結合と不完全整合および伝送線路長を考慮したVanAttaアレーのMRCS評価
犬塚 悠西方敦博東工大
再帰反射特性を実現する構造体の一つにVan Attaアレーがある.Van Attaアレーはアレー配置されたア ンテナと給... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]多層プリント配線板を用いたパラボラ反射器の小型化の検討
松尾佳樹越地福朗東京工芸大)・越地耕二東京理科大
近年,準ミリ波帯やミリ波帯を利用した無線システムの研究開発が積極的に進められている.ミリ波帯無線システムにおいて,電波の... [more]
 113件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会