お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2022-10-14
16:45
東京 東京大学 小柴ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エッジコンピューティングを用いた8K超高精細映像のトランスコード機能の実現
伊藤悠真神奈川工科大)・青木弘太ミハル通信)・瀬林克啓神奈川工科大)・君山博之大同大)・丸山 充神奈川工科大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
15:45
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Acceleration of HE-Transformer with bit reduced SEAL and HEXL
Xinyi LiMasaki NishiTeppei ShishidoKeiji KimuraWaseda Univ.CPSY2022-12 DC2022-12
While cloud applications are covering people's privacy data,... [more] CPSY2022-12 DC2022-12
pp.65-70
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
14:05
ONLINE オンライン開催 共通鍵暗号方式Roccaの設計と安全性評価
阪本光星劉 富康兵庫県立大)・仲野有登清本晋作KDDI総合研究所)・五十部孝典兵庫県立大/NICTIT2021-126 ISEC2021-91 WBS2021-94 RCC2021-101
本稿では、Beyond 5G/6G 向け高速認証暗号 Rocca の提案を行う。Beyond 5G/6G 向け認証暗号を... [more] IT2021-126 ISEC2021-91 WBS2021-94 RCC2021-101
pp.249-255
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-11
10:30
ONLINE オンライン開催 演算ビット数削減による準同型暗号ライブラリSEALの高速化
宍戸哲平西 将輝李 欣怡木村啓二早大CPSY2021-60 DC2021-94
コンピュータで様々な秘密情報を扱う機会が増えており,データを暗号化したまま計算できる準同型暗号
に注目が集まっている.... [more]
CPSY2021-60 DC2021-94
pp.91-96
RECONF 2020-05-29
15:05
ONLINE オンライン開催 A tightly-connected RISC-V manycore processor in a SIMD manner
Tan YuxiRiadh Ben AbdelhamidYoshiki YamaguchiTsukuba Univ.RECONF2020-17
 [more] RECONF2020-17
pp.91-96
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
17:20
鹿児島 与論町中央公民館 準同型暗号による行列積の高速化の検討
牧田哲也・○宍戸哲平早大)・和田康孝明星大)・木村啓二早大CPSY2019-96 DC2019-102
深層学習技術の発展と広がりに伴い、これを利用した多くのサービスが提供されつつある。
これらのサービスの実現方式として、... [more]
CPSY2019-96 DC2019-102
pp.51-56
EMM, IT
(共催)
2019-05-23
15:55
北海道 旭川市国際会議場 (256,k)2元拡大原始BCH符号の重み分布 ~ k=71, 187, 191, 199の場合 ~
藤原 融阪大)・日下卓也岡山大IT2019-5 EMM2019-5
重み分布公式が知られていない符号の重み分布を求める問題は, 符号理論において挑戦的な問題である. 本稿では, 2元$(2... [more] IT2019-5 EMM2019-5
pp.23-28
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2018-06-14
13:40
山形 たかみや瑠璃倶楽リゾート(山形市蔵王温泉) パフィアン計算の高速化
今野裕大吉本芳英東大CPSY2018-1 DC2018-1
パフィアンは歪対称行列に対して定義される斉次多項式である。
パフィアンは行列式と類似の性質を持ち、その平方が歪対称行列... [more]
CPSY2018-1 DC2018-1
pp.19-23
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2017-05-25
13:00
愛知 名古屋工業大学 ベクトル演算に適した画像再配置によるFIRフィルタの高速化
前田慶博山下頌太中村将大福嶋慶繁松尾啓志名工大SIP2017-3 IE2017-3 PRMU2017-3 MI2017-3
SIMDは,複数のデータに対して同時に命令を実行する演算ユニットである.
このSIMDによるベクトル演算では,データの... [more]
SIP2017-3 IE2017-3 PRMU2017-3 MI2017-3
pp.13-18
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
11:30
北海道 北海道大学 小範囲高効率探索機能を備えたSIMDデータパス向き動き検出アルゴリズム
箕浦祐貴近藤利夫深澤祐樹佐々木敬泰三重大ITS2016-50 IE2016-108
高精細動画像の高圧縮符号化の要と期待される符号化復号化規格H.265は,従来比2 倍の圧縮性能を備えているものの,処理量... [more] ITS2016-50 IE2016-108
pp.235-240
IE 2015-06-18
15:20
沖縄 沖縄セルラー電話 小範囲探索用SIMD命令を多用する高効率動き検出アルゴリズム
箕浦祐貴近藤利夫深澤祐樹佐々木敬泰三重大IE2015-38
高精細動画像の高圧縮符号化の要と期待される符号化復号化規格H.265 が、一昨年,標準化された. このH.265 は,従... [more] IE2015-38
pp.35-40
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-01
10:00
東京 機械振興会館 SIMD命令拡張による高速化の検討 ~ プロセッサ設計コンテストを題材として ~
平石康祐橋本瑛大大津金光大川 猛横田隆史宇都宮大ICD2014-73 CPSY2014-85
FPGA (Field Programmable Gate Array) 上のソフトコアプロセッサを用いてシステムを開発... [more] ICD2014-73 CPSY2014-85
pp.1-6
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
16:15
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 2つの浮動小数点倍精度加算器を用いた仮数部104ビット拡張倍精度加算器
矢高裕之高木直史高木一義京大CPSY2014-75
近年, 高速な高精度計算の必要性が高まっている.
しかし, IEEE754に準拠した4倍精度浮動小数点演算をハードウェ... [more]
CPSY2014-75
pp.19-23
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
16:40
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 2つの浮動小数点積和演算器を用いた複素数乗算器
高田雄平高木直史高木一義京大CPSY2014-76
複素数演算は科学技術計算や信号処理などの分野で広く使用される.
浮動小数点複素数乗算は高速フーリエ変換(FFT)におい... [more]
CPSY2014-76
pp.25-29
IE, ICD, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-10-03
10:45
宮城 東北大学 さくらホール 高効率動き探索処理のためのSIMDデータパス構成法
渡邊敬太箕浦祐貴深澤祐樹近藤利夫佐々木敬泰三重大VLD2014-71 ICD2014-64 IE2014-50
近年,高精細化の動画像符号化のニーズが高まる中,従来比2倍の圧縮性能を備えた符号化復号化規格H.265が標準化されている... [more] VLD2014-71 ICD2014-64 IE2014-50
pp.63-68
EST 2013-05-10
15:50
神奈川 NTT厚木研究開発センター FPGAによるFDTD法の並列実行における固定小数点演算と浮動小数点演算の比較
高須涼太長谷川天平富岡洋一東京農工大)・柴田随道中西 衛NTT)・北澤仁志東京農工大EST2013-9
FPGAを用いてFDTD法を並列処理するときの,固定小数点演算と浮動小数点演算の得失,必要な精度とbit長の関係,並列処... [more] EST2013-9
pp.45-50
IE, SIP, ICD, VLD, IPSJ-SLDM
(共催) [詳細]
2012-10-19
13:25
岩手 ホテルルイズ(盛岡)【変更】 タイル・ライン変換機能を備えた動き探索用ロードバッファの提案
猪俣 匠立野 篤佐々木敬泰大野和彦近藤利夫三重大VLD2012-52 SIP2012-74 ICD2012-69 IE2012-76
動画像符号化の高速化には,処理量の大半を占める動き探索の高速化が必要不可欠である.SIMD演算器は,その高速化を実現する... [more] VLD2012-52 SIP2012-74 ICD2012-69 IE2012-76
pp.65-70
CPSY 2012-10-12
09:20
広島 広島大学 SIMD型マトリックスプロセッサを用いたHaar特徴ベースオブジェクト検出
大森睦己小出哲士平本寛和広島大CPSY2012-32
我々の研究グループではこれまでに2,048並列処理が可能なSIMD(Single Instruction Multipl... [more] CPSY2012-32
pp.7-12
RECONF 2010-09-17
11:50
静岡 静岡大学(工学部2号館) SIMD/MIMD動的切替え型プロセッサIMAPCAR2の性能評価
京 昭倫野本祥平岡崎信一郎ルネサス エレクトロニクスRECONF2010-36
画像認識用ASSP(Application Specific Standard Product)とは、多様な画像認識処理... [more] RECONF2010-36
pp.109-114
ICD 2009-12-14
13:30
静岡 静岡大学(浜松) [ポスター講演]超並列SIMD型プロセッサMX-1のための改良顔検出手法
平本寛和熊木武志今井雄太小出哲士マタウシュ ハンス ユルゲン広島大ICD2009-92
近年,侵入者の監視や入出管理などのセキュリティシステムを中心とした多くの分野で顔検出処理のニーズが高まっている.上記の用... [more] ICD2009-92
pp.83-88
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会