お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 108件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CS
(併催)
2022-05-13
16:10
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SOA集積型EA-DFBレーザにおけるAMCC信号の電気重畳と光重畳による信号品質の比較検討
田中康就金井拓也陳 明晨進藤隆彦原 一貴中村浩崇可児淳一佐野公一吉田智暁NTTCS2022-8
直接光接続を実現し、大容量・低遅延・低消費電力なネットワークサービスをプロトコルフリーで提供可能にするAPN (All-... [more] CS2022-8
pp.31-36
PN 2022-03-02
08:30
ONLINE オンライン開催 半導体光増幅器内での周波数チャープを用いた40 Gbps光デジタル・アナログ変換
相楽昌希伊東哲幸松浦基晴電通大PN2021-66
半導体光増幅器では,利得変化に伴う屈折率変化によって搬送波周波数がシフトする周波数チャープが発生する.特に,短波長側の周... [more] PN2021-66
pp.71-75
PN 2022-03-02
08:50
ONLINE オンライン開催 半導体光増幅器の周波数チャープを用いた全光論理ゲート
津田隼一相楽昌希竹本大志松浦基晴電通大PN2021-67
近年,通信トラヒックの需要拡大に伴い,ネットワークの高速化が求められており,光信号処理技術の進歩が課題となっている.
... [more]
PN2021-67
pp.76-79
PN 2021-03-01
17:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]半導体光増幅器内での周波数チャープを用いた20 Gbps光デジタル・アナログ変換
相楽昌希岡田拓也汪 瑞津田隼一松浦基晴電通大PN2020-49
半導体光増幅器内では,光信号が増幅される際の利得変化によって生じる屈折率変化のために,光信号の立ち上がり・立ち下がりに周... [more] PN2020-49
pp.46-50
PN 2020-08-24
10:05
ONLINE オンライン開催 半導体光増幅器内での周波数チャープを用いた4 bit光デジタル・アナログ変換
相楽昌希岡田拓也汪 瑞松浦基晴電通大PN2020-13
半導体光増幅器内では,光信号が増幅される際の利得変化によって生じる屈折率変化のために,光信号の立ち上がり・立ち下がりに周... [more] PN2020-13
pp.1-5
PN 2020-03-03
11:25
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(開催中止,技報発行あり)
半導体光増幅器内で発生する周波数チャープを用いた光デジタル・アナログ相互変換
岡田拓也汪 瑞相楽昌希松浦基晴電通大PN2019-66
半導体光増幅器では,周波数チャープと呼ばれる屈折率変化によって搬送波周波数が瞬時的にシフトする現象が発生する.周波数チャ... [more] PN2019-66
pp.81-85
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2019-07-31
15:20
岩手 岩手大学 イベント構造の再合成可能性に関する一考察
伊澤茉莉花・○宮本俊幸阪大CAS2019-19 VLD2019-25 SIP2019-35 MSS2019-19
サービス指向アーキテクチャに基づくシステムの設計問題としてコレオグラフィ実現問題がある.我々は,コレオグラフィが事象の非... [more] CAS2019-19 VLD2019-25 SIP2019-35 MSS2019-19
pp.83-88
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]量子ドット半導体光増幅器内の周波数チャープを用いた光D/A変換
岡田拓也小林隆一松浦基晴電通大OFT2019-6
半導体光増幅器では,利得変化に伴う屈折率変化によって搬送波周波数が変化する周波数チャープと呼ばれる現象が発生する.この周... [more] OFT2019-6
pp.25-28
SANE 2018-10-12
10:20
東京 電気通信大学 高精度の距離和とドップラー和観測値による交差点目標の追尾法 ~ シミュレーションによるケーススタディ ~
佐々木裕央秋田 学小菅義夫稲葉敬之電通大SANE2018-46
マルチスタティックレーダから観測される距離和とドップラー和より,三次元の目標位置及び速度を推定し,その推定値を目標追尾法... [more] SANE2018-46
pp.13-18
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2018-08-24
14:05
北海道 小樽経済センター 多重量子井戸半導体光増幅器を用いた全光論理ゲートデバイスと10Gbps排他的論理和動作
赤石陽太松井信衞伊澤昌平早大)・松本 敦NICT)・松島裕一石川 浩宇高勝之早大R2018-32 EMD2018-35 CPM2018-35 OPE2018-62 LQE2018-51
我々は光パケット交換システムのラベルマッチングデバイスとして、多重量子井戸半導体光増幅器(MQW-SOA)とマイクロリン... [more] R2018-32 EMD2018-35 CPM2018-35 OPE2018-62 LQE2018-51
pp.79-82
PN 2018-03-05
14:30
鹿児島 南種子町商工会館 [依頼講演]データセンタのための量子ドット半導体光増幅器を用いたPAM-4光波長変換
大槻樹矢谷津智也松浦基晴電通大PN2017-95
データセンタにおけるトラヒック需要が高まるにつれ,光ファイバを用いた高速なセンタ内接続の利用が拡大している.しかしながら... [more] PN2017-95
pp.25-29
PN 2018-03-06
11:20
鹿児島 南種子町商工会館 量子ドット半導体光増幅器内で発生する周波数チャープを用いた光信号再生器
伊藤玄馬松浦基晴電通大PN2017-107
近年,通信トラヒックの需要拡大に伴い,ネットワークの高速化が求められており,光信号処理技術の進歩が課題となっている.その... [more] PN2017-107
pp.105-110
SANE 2018-01-26
10:45
長崎 長崎県美術館 TSOA及びTDOA測位間での監視覆域拡大の比較
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2017-98
航空交通管制に利用される航空機監視システムでは,従来のレーダよりも高精度かつ高頻度な監視が望まれており,これを実現するT... [more] SANE2017-98
pp.71-76
SANE 2018-01-26
11:35
長崎 長崎県美術館 距離和とドップラー和観測値を用いたテイラー級数推定法による目標の位置及び速度推定における初期値更新処理の評価
佐々木裕央角田智広秋田 学小菅義夫稲葉敬之電通大SANE2017-100
マルチスタティックレーダでは,送信アンテナと目標間の距離と,受信アンテナと目標間の距離の和が観測可能である.同様に,ドッ... [more] SANE2017-100
pp.83-88
OCS, OPE, LQE
(共催)
2017-10-26
10:35
熊本 桜の馬場城彩苑(熊本) III-V/SOIハイブリッドデバイスとSi導波路接続用テーパ型モード変換器構造の検討
鈴木純一永坂久美モータズ エイッサ立花文人白 柳御手洗拓矢雨宮智宏西山伸彦荒井滋久東工大OCS2017-38 OPE2017-70 LQE2017-43
多機能を有するIII-V/SOIハイブリッド光回路の実現に向け、導波路幅変調によって飽和特性の調節が可能なIII-V/S... [more] OCS2017-38 OPE2017-70 LQE2017-43
pp.13-18
OFT 2017-05-26
09:55
島根 島根大学(松江キャンパス) PAM-4信号のための量子ドット半導体光増幅器を用いた広帯域光波長変換
大槻樹矢谷津智也松浦基晴電通大OFT2017-19
データセンタ内におけるトラフィックの急速な増加により、パルス振幅変調信号を利用した光インターコネクトが注目されている。光... [more] OFT2017-19
pp.85-88
SC 2017-03-10
10:55
東京 国立情報学研究所 オーバレイ構造を持つセンサデータ管理基盤の性能特性
菊地伸治渡部奨大監物敬浩中村章人会津大)・林 隆史新潟大SC2016-30
著者らは、スマートグリッド領域にも適用出来る汎用的なIoT基盤/テストベッドの実装を進めて来た。ここでは大きく2つの特長... [more] SC2016-30
pp.1-12
PN 2017-03-06
10:20
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 量子ドット半導体光増幅器を用いたPAM-4信号の光波長変換
谷津智也大槻樹矢松浦基晴電通大PN2016-86
データセンタの需要は急速に拡大しているものの, 電気スイッチやルータを用いた処理部が高速化の課題となり, 光技術を用いた... [more] PN2016-86
pp.11-16
PN 2017-03-07
14:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 量子ドット半導体光増幅器内の周波数チャープを用いた全光量子化
二宮典彦雨宮将平星野弘樹松浦基晴電通大PN2016-104
光信号処理デバイスとして利用される半導体光増幅器は、利得変化に伴う屈折率変化により、搬送波周波数が変化する周波数チャープ... [more] PN2016-104
pp.119-123
SANE 2017-01-26
17:10
長崎 長崎県美術館 TSOAによるTDOA測位誤差の改善
宮崎裕己小菅義男電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2016-107
TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された複数の受信局で移動体から... [more] SANE2016-107
pp.65-70
 108件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会