お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
14:15
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
運動時間を含むヴァイオリン擬似運弓動作を生成する数理モデル
木村安伸松井利一群馬大NC2019-83
本研究では,ヴァイオリン運弓動作のように直線的な手先軌跡が要求される拘束到達運動を多様な運動時間で生成可能な最適制御モデ... [more] NC2019-83
pp.45-50
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
13:50
東京 学習院大学 [ポスター講演]光子伝搬パラドックスの検証実験に向けて
本田達也飯沼昌隆ホフマン ホルガ広島大
近年,位置幅$SDelta$xの状態と運動量幅$SDelta$pの状態との量子干渉を利用すると,粒子の伝播における直進性... [more]
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-21
16:40
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 STRAIGHTアーキテクチャの評価環境の実装
福田晃史小泉 透門本淳一郎中江哲史入江英嗣坂井修一東大CAS2018-86 ICD2018-70 CPSY2018-52
シングルスレッド実行性能を向上させるために,STRAIGHTアーキテクチャはオペランドの指定を距離で行う命令セットを導入... [more] CAS2018-86 ICD2018-70 CPSY2018-52
pp.43-47
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2018-08-24
13:15
北海道 小樽経済センター 多機能インコヒーレント光源の開発 ~ 集積量子効果スーパールミネッセント素子 ~
樋口 彰廣畑 徹田中和典黒柳和良山西正道浜松ホトニクスR2018-30 EMD2018-33 CPM2018-33 OPE2018-60 LQE2018-49
イメージングや短距離通信分野の新しいニーズに対応すべく,多機能型時間的インコヒーレント光源(集積量子効果スーパールミネッ... [more] R2018-30 EMD2018-33 CPM2018-33 OPE2018-60 LQE2018-49
pp.67-71
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2015-12-02
16:30
愛知 名古屋工業大学 声道断面積関数抽出手法におけるFDTDシミュレーションを用いた声道形状推定精度の評価
近藤崇彰坂野秀樹旭 健作名城大SP2015-78
声道断面積関数抽出手法の声道形状推定精度に関する調査を行った.日本語母音音素の実音声のSTRAIGHTスペクトルから計算... [more] SP2015-78
pp.61-63
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-05
17:30
東京 東京工業大学 [特別招待講演]移動無線技術の発展について
鈴木 博東工大RCS2014-348 SR2014-136 SRW2014-59
無線通信技術は固定マイクロ波通信から移動通信へと移行し,新たな移動通信システムはインフラとしての重要性を維持しつつ,個別... [more] RCS2014-348 SR2014-136 SRW2014-59
pp.283-284(RCS), pp.155-156(SR), pp.77-78(SRW)
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 話速変換音声のピッチ制御が話者の感情印象に及ぼす影響
小野貴大斎藤博人武川直樹東京電機大
コミュニケーションにおいて相互に伝達される感情印象は,参与者同士の意思や感情の理解を促進するため重要である.しかしながら... [more]
EA 2014-12-12
14:10
石川 金沢大学サテライトプラザ [ポスター講演]ツンデレ音声の音響物理パラメータの計測とその分析
川口就子黒川嵩大白尾彰伍高野佐代子金沢工大EA2014-41
ツンデレ音声をツンとデレの二つの側面に分け、音響物理パラメータと各聴覚印象の関係を明らかにする.実験1では、心理量「ツン... [more] EA2014-41
pp.11-12
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-23
14:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア TANDEM-STRAIGHTの種々のデバイスへの実装と評価 ~ スマートフォンからGPGPUまで ~
坂野秀樹名城大)・森勢将雅山梨大)・河原英紀和歌山大SP2014-73
C言語によるTANDEM-STRAIGHTの実装を行い,スマートフォン・タブレット・
ノートPC・デスクトップPC・G... [more]
SP2014-73
pp.7-12
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-23
14:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア 音声分析合成系を用いた声道断面積関数に基づく鼻声の声質改善手法に関する検討
牧野奨平坂野秀樹旭 健作名城大SP2014-77
音声分析合成による鼻声の声質改善を目的とし,鼻声発声の分析を行っている.なお,本研究においては,鼻声発声をノーズクリップ... [more] SP2014-77
pp.23-24
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-23
14:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア 線形予測分析を用いた声道断面積関数推定のための前処理の検討
伊佐衣代吉元照貴西村竜一入野俊夫河原英紀和歌山大SP2014-79
線形予測分析を用いた声道断面積関数推定では、声帯音源波形、口唇の放射特性などにより誤差か... [more] SP2014-79
pp.27-28
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-23
14:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア グロウル系歌唱から求められる声道断面積関数の特徴について
溝渕翔平伊佐衣代西村竜一入野俊夫河原英紀和歌山大SP2014-80
グロウル系歌唱では、2から4kHz 付近のスペクトル形状に、高速でほぼ周期的な変動が認められる。この変動を見通し良くモデ... [more] SP2014-80
pp.29-30
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-24
10:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア [招待講演]The role of STRAIGHT in research on the perception of size in speech and music
Roy D. PattersonUniv. of Cambridge)・Toshio IrinoWakayama Univ.
15年ほど前、ガンマチャープ聴覚フィルタの数学的導出の研究過程で、音声と音楽の知覚においてもスケール不変性があることに気... [more] SP2014-88
pp.71-75
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-24
11:10
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア [招待講演]分析合成系STRAIGHTと聴覚モデルAIM ~ 生態的妥当性と実験制御のはざまで ~
津崎 実京都市芸術大SP2014-89
研究を進める上で重要な役割を担う道具とモデルとして,高精度分析合成系STRAIGHTと聴覚機能モデルAIMが果たす役割を... [more] SP2014-89
pp.77-82
SP 2014-01-24
15:00
愛知 名城大学 音声分析合成による鼻声の声質改善を目的とした鼻音における周波数特性の分析
牧野奨平坂野秀樹旭 健作名城大SP2013-106
音声分析合成による鼻声の声質改善を目的とし,鼻声発声の分析を行っている.なお,本研究において,鼻声発声をノーズクリップを... [more] SP2013-106
pp.61-66
COMP 2012-10-31
13:30
宮城 東北大学 圧縮文字列に対する省メモリなパターンマッチアルゴリズム
相原高雄篠原 歩成澤和志東北大COMP2012-37
本論文では,テキストとパターンがいずれも直線的プログラム(Straight-Line Program: SLP)を用いて... [more] COMP2012-37
pp.17-24
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2012-05-22
10:00
沖縄 沖縄産業支援センター 発話速度変換会話音声の印象分析
池原仙一斎藤博人武川直樹東京電機大HCS2012-1 HIP2012-1
本研究は,話速変換環境下で「話者の意図・心的態度あるいは感情」を表すパラ言語情報が
どの程度変容するかを聴覚心理学の観... [more]
HCS2012-1 HIP2012-1
pp.1-6
SP, NLC
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2011-12-19
15:45
東京 芝浦工業大学 豊洲キャンパス セグメンタルNMFによる音声分析合成における基底行列圧縮の検討
李 哲間野一則芝浦工大NLC2011-40 SP2011-85
本稿では,セグメント単位の非負値行列因子分解(セグメンタルNMF)を用いた音声分析合成符号化システムを目的とし,セグメン... [more] NLC2011-40 SP2011-85
pp.55-60
ISEC, LOIS
(共催)
2011-11-15
13:25
大阪 大阪電気通信大学 SLPに基づく強RSA仮定とDDH仮定の分離
福光正幸長谷川真吾磯辺秀司小泉英介静谷啓樹東北大ISEC2011-55 LOIS2011-49
代表的な暗号学的仮定として$\mathsf{RSA}$仮定と$\mathsf{CDH}$仮定があり, それぞれ素因数分解... [more] ISEC2011-55 LOIS2011-49
pp.141-148
EA 2011-08-10
14:00
宮城 東北大学電気通信研究所 言葉の明瞭度と楽器等の音色を保持したクロス合成法の検討
西 大輝西村竜一入野俊夫河原英紀和歌山大EA2011-64
音声と,楽器音や動物の鳴声などの2つの音源の特徴を混合して合成音を作るクロス合成VOCODERに,F0に適応したスペクト... [more] EA2011-64
pp.87-92
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会