お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 560件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
15:50
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]衛星通信システムへの機械学習適用検討
高木 学能田康義半谷政毅野田雅樹三菱電機
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
15:20
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光データ中継衛星搭載“LUCAS”を用いた地上-衛星間光通信の初期実験結果
小竹秀明阿部侑真高橋靖宏大倉拓也布施哲治NICT)・佐藤洋平板橋孝昌山川史郎JAXA)・辻 宏之豊嶋守生NICT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
16:10
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
フレキシブル衛星通信システムの適応通信方式における周波数配列の検討
大川 貢若菜弘充三浦 周NICT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-20
11:40
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
追尾用角度検出器を統合したコヒーレント光受信器の開発
尾野仁深秋山智浩原口英介安藤俊行三菱電機EMT2022-43 MW2022-67 OPE2022-46 EST2022-44 MWPTHz2022-41
近年,観測衛星のデータ量の増加から,小型・低消費電力で,高速伝送が可能な光衛星通信技術が求められている.小型衛星への搭載... [more] EMT2022-43 MW2022-67 OPE2022-46 EST2022-44 MWPTHz2022-41
pp.174-177
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-26
13:50
ONLINE オンライン開催 イリジウム衛星ショートバースト通信を用いた南極上空の通信実験
加保貴奈湘南工科大)・斎藤芳隆JAXA)・冨川喜弘NIPRWBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
南極昭和基地に設置したPANSYレーダーとスーパープレッシャー気球を用いて南極上空の大気の波動(大気重力波)を測定する実... [more] WBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
pp.34-39
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-26
15:25
ONLINE オンライン開催 低軌道衛星と準天頂衛星併用MIMO伝送手法による中高緯度地域での伝送特性改善の検討
清水健史奥村 守岡本英二名工大)・三浦 周辻 宏之NICTWBS2022-10 RCC2022-10 SAT2022-10 MICT2022-10
近年,衛星通信の需要が高まっており更なる大容量化の実現が課題となっている.その課題のため我々は低軌道衛星(low ear... [more] WBS2022-10 RCC2022-10 SAT2022-10 MICT2022-10
pp.46-51
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-27
11:00
ONLINE オンライン開催 ハイスループット衛星通信システムにおけるACMのトラヒック収容率改善効果の検討
海老原孝広井家上哲史明大WBS2022-14 RCC2022-14 SAT2022-14 MICT2022-14
OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)通信とビーム間で... [more] WBS2022-14 RCC2022-14 SAT2022-14 MICT2022-14
pp.65-70
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
11:35
ONLINE オンライン開催 キャリア周波数オフセット耐性を改善したMWHCDM初期捕捉方式
山村洋太小島年春電通大IT2021-97 ISEC2021-62 WBS2021-65 RCC2021-72
ウォルシュ・アダマール(WH)符号を用いる符号分割多重化(CDM)である Modified WHCDM(MWHCDM)は... [more] IT2021-97 ISEC2021-62 WBS2021-65 RCC2021-72
pp.89-94
NS, IN
(併催)
2022-03-11
14:00
ONLINE オンライン開催 地上局間で完結する衛星ネットワークスライシングのためのミドルボックス
岩井貴充福元徳広中尾彰宏東大NS2021-156
高スループット衛星通信や低軌道衛星コンステレーションといった新しい衛星通信と5Gのネットワークスライシングを組み合わせる... [more] NS2021-156
pp.199-206
NS, IN
(併催)
2022-03-11
14:20
ONLINE オンライン開催 衛星バックホールを活用したローカル5Gシステムの検討
福元徳広杜 平岩井貴充中尾彰宏東大NS2021-157
第5世代移動通信システム (5G) は情報通信を支える基幹インフラであり,全国への速やかな展開が見込まれている.5Gの一... [more] NS2021-157
pp.207-211
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
15:45
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]6Gにおける高周波数帯宇宙通信活用の一考察
岡本英二名工大RCS2021-283 SR2021-110 SRW2021-83
第5世代移動通信システム(5G)の規格において非地上系ネットワーク(NTN)の利活用が定められており,低軌道衛星や高高度... [more] RCS2021-283 SR2021-110 SRW2021-83
pp.156-158(RCS), pp.114-116(SR), pp.62-64(SRW)
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
11:00
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]ワイヤレス・ユビキタス・システムの研究開発を振り返って
久保田周治芝浦工大RCS2021-286 SR2021-111 SRW2021-84
1980年に無線システムの研究開発に従事して以来、その目的は、かつての距離を隔てた2点間を繋ぐことから、ユーザのネットワ... [more] RCS2021-286 SR2021-111 SRW2021-84
p.170(RCS), p.117(SR), p.65(SRW)
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
09:40
ONLINE オンライン開催 衛星通信システムにおけるトラヒック需要予測モデルの更新とリソース制御切替の動的スケジューリングに関する検討
高橋昌希川本雄一加藤 寧東北大SAT2021-53
近年,衛星通信システムを5G網と連携させる動きが世界各地で加速しており,将来的には衛星通信システムへのトラヒック需要の増... [more] SAT2021-53
pp.1-6
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
10:05
ONLINE オンライン開催 衛星通信システムにおける転移学習を用いたトラヒック予測による帯域使用幅削減に関する検討
玉田一将川本雄一加藤 寧東北大SAT2021-54
近年,テレワークや定額動画配信サービスなどの普及によりインターネットトラヒックはますます増加している.また,Beyond... [more] SAT2021-54
pp.7-12
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
10:30
ONLINE オンライン開催 衛星通信システムにおけるタスク発生予測に基づく計算及び通信資源制御による低遅延化に関する検討
阿部 洸川本雄一加藤 寧東北大SAT2021-55
6G時代には自動運転や遠隔医療などの新たなサービスの展開によって,現在よりも多様かつ高度な通信要求が発生すると見込まれて... [more] SAT2021-55
pp.13-18
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
10:55
ONLINE オンライン開催 非地上系ネットワークによるカバレッジ拡張通信システムの開発 ~ 混雑度と遅延時間から転送経路を決定するルーティング方法の提案 ~
加納寿美松井宗大阿部順一NTT)・外園悠貴小原日向岸山祥久NTTドコモ)・山下史洋NTTSAT2021-56
NTTはIOWN宇宙統合コンピューティング・ネットワーク構想を掲げており、静止軌道衛星(GEO)と低軌道衛星(LEO)と... [more] SAT2021-56
pp.19-24
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
09:30
ONLINE オンライン開催 日本におけるマルチビーム衛星通信システムの帯域と電力の配分量について
奥浜 駿沖縄高専)・渡部康平長岡技科大)・中平勝也沖縄高専SAT2021-62
衛星通信は周波数と電力の有効利用の観点からマルチビーム方式が主流となっている。そこで、マルチビームにおけるサービスエリア... [more] SAT2021-62
pp.57-61
AP 2022-02-18
13:55
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]Ku帯偏波角可変フェーズドアレーの交差偏波低減
佐野 誠橋本 紘和田健太郎東芝AP2021-175
著者らは励振位相制御のみでビーム走査および直線偏波の偏波角制御が可能なKu帯偏波角可変フェーズドアレーの開発を進めている... [more] AP2021-175
pp.93-98
SR 2022-01-24
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]1-bitダイレクトディジタルRF送信機を用いた10GbE光ファイバ伝送7.5GHz帯DBF
末松憲治田村 涼本良瑞樹亀田 卓東北大SR2021-61
素子アンテナ毎に個別の送受信機が必要となるDigital Beam Forming (DBF)においては、アウトドアユニ... [more] SR2021-61
pp.12-16
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
18:10
ONLINE オンライン開催 Y-00量子ストリーム暗号の衛星通信への応用 ~ 大気擾乱の数理モデル ~
廣田 修中大)・加藤研太郎相馬正宜玉川大IT2021-54 SIP2021-62 RCS2021-222
光ファイバ通信用に開発された高速 Y-00 量子ストリーム暗号を衛星通信に応用する際、自由空間における天候による擾乱の影... [more] IT2021-54 SIP2021-62 RCS2021-222
pp.143-148
 560件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会