お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
16:00
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 慣性計測装置に対する共振誘発攻撃の評価
南澤勇太飯島 涼早大)・森 達哉早大/NICTICSS2020-52
自律的に走行する自動運転車,ドローン,ロボット等が現在の位置や姿勢を推定する手法として,自己位置推定と呼ばれる技術がある... [more] ICSS2020-52
pp.154-159
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-03
10:10
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) Autowareを用いた自動運転車の自己位置推定に関する検討
河畑則文桑原悠紀也川崎拓弥東京理科大IMQ2020-31 IE2020-71 MVE2020-63
自動運転オープンソフトウェアの一つであるAutowareでは,自動運転車の自己位置推定,環境認識,経路制御を始めとする自... [more] IMQ2020-31 IE2020-71 MVE2020-63
pp.103-108
HPB
(第二種研究会)
2020-08-29
13:20
ONLINE オンライン開催 3次元情報を考慮した野生動物の行動経路の推定
原 道樹青学大)・下徳大祐小林博樹東大)・田谷昭仁戸辺義人青学大
野生動物の行動を理解することは生態学を理解することにおいて不可欠である.実際のデータを用いた実験結果は多くあるが,いまだ... [more]
WBS, RCC, ITS
(共催)
2016-12-02
10:05
香川 サンポートホール高松 3D Scene Understanding at Urban Intersections for Autonomous Vehicles
Prarthana Bhattacharyya・○Yanlei GuJiali BaoShunsuke KamijoUTokyoWBS2016-69 ITS2016-36 RCC2016-58
Urban intersections exhibit very complex driving behavior an... [more] WBS2016-69 ITS2016-36 RCC2016-58
pp.125-130
SS 2016-03-11
14:15
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 一次元系における自己位置推定の振舞い検証に向けて
関澤俊弦日大)・岡野浩三信州大SS2015-100
組込みシステムが社会に広く普及するに伴い,その信頼性は重要となっている.モデル検査は信頼性保証技術の一つであり,様々なシ... [more] SS2015-100
pp.145-150
ITS 2015-06-06
13:50
福岡 九州大学 伊都キャンパス GNSS/INS/On-Board Camera Integration for Autonomous Vehicle Self-Localization
Yanlei GuLi-Ta HsuShunsuke KamijoTokyo Univ.ITS2015-5
 [more] ITS2015-5
pp.23-28
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2014-10-23
16:50
秋田 秋田県立大 本荘キャンパス [特別講演]電波マーカを用いた悪天候時レーン維持支援システム
礒田陽次御室哲志秋田県立大EMCJ2014-54 MW2014-110 EST2014-68
積雪寒冷地での視界不良時にドライバのレーン維持を支援するシステムを開発中である.吹雪等の時でも動作可能な電波マーカを路肩... [more] EMCJ2014-54 MW2014-110 EST2014-68
pp.69-72
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
13:55
大分 別府国際コンベンションセンタ Geometric Contextに基づく画像からの地形的特徴抽出と自己位置推定
南田善大青木工太長橋 宏東工大IMQ2013-42 IE2013-151 MVE2013-80
カメラ画像からの大域的自己位置の推定は,自律型ロボットの環境知覚のために重要な技術である.単画像から周囲の地形的特徴を得... [more] IMQ2013-42 IE2013-151 MVE2013-80
pp.93-96
CAS 2013-01-29
13:30
大分 別府国際コンベンションセンター 接地点検出装置を備えるステアリング型倒立2輪ロボットの試作
市村智康小山高専)・古口英己NTTファシリティーズ中央CAS2012-84
不整地や起伏地のような非平面における移動ロボットの自己位置推定法として,三次元ジャイロオドメトリが提案されている.しかし... [more] CAS2012-84
pp.109-112
NC 2008-01-16
11:20
北海道 北海道大学(100年記念会館) SOM2による移動ロボットのための環境内部モデル獲得
増岡孝紀徳永憲洋古川徹生九工大NC2007-102
本稿では,SOM$^2$を用いた環境内部モデル獲得手法について提案する.
SOM$^2$は従来型SOMのベクトルユニッ... [more]
NC2007-102
pp.91-96
MVE 2005-09-01
12:00
北海道 はこだて未来大学 災害地の3次元再構築のための移動ロボット制御システムの開発
河合克哉中澤篤志清川 清竹村治雄阪大
災害時,被害状況の確認や救助活動を行う専門家が現地に直行できない場合は,遠隔地からその状況を把握することが必要である.災... [more] MVE2005-29
pp.13-18
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会