お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, ITE-HI, VRSJ
(連催)
2021-06-02
11:15
ONLINE オンライン開催 (東京大学から変更) 言語的人類に民族対立や人種差別はない ~ 人類共有知の発展のために ~
得丸久文著述業MVE2021-4
言語的人類は共同体成員間で音素共有を始め,言語を獲得した.その背景に真社会性動物へと進化したことが考えられる.人類がゼノ... [more] MVE2021-4
pp.19-24
IBISML 2020-10-20
11:15
ONLINE オンライン開催 21世紀の人類は偽科学を見破るか ~ 言語情報の前方誤り訂正の試み ~
得丸久文著述業IBISML2020-11
デジタル言語学は,音素共有起源,音節,文法,文字,文明,概念,前方誤り訂正までの言語と知能
の物理層・論理層における三... [more]
IBISML2020-11
pp.20-27
PRMU 2020-10-10
10:00
ONLINE オンライン開催 音節の音素性とモーラ性 ~ 言語的人類は南アフリカの洞窟で生まれた ~
得丸久文著述業PRMU2020-33
デジタル言語学は,音節のもつ音素性とモーラ性が,文字列からなるテキストやビット列からなるバイナリデータに受け継がれていて... [more] PRMU2020-33
pp.93-98
IT 2020-09-04
11:10
ONLINE オンライン開催 情報活性度と情報エントロピーを用いたソーシャルネットワークにおける情報拡散モデルの一考察
宮下正明笠松大佑篠宮紀彦創価大IT2020-22
情報通信技術の進化とソーシャルネットワーキング・サービスの普及により,ソーシャルネットワークの社会全体への影響力が強まり... [more] IT2020-22
pp.25-30
HCS 2020-08-22
17:00
ONLINE オンライン開催 真社会性と音素共有 ~ ヒトの言語獲得におけるミッシングリンク ~
得丸久文著述業HCS2020-40
本稿は概念の音韻部分を構成する音素と音節について考察するものである.音素とは何か,ヒトはいつどこでどのように音素を共有し... [more] HCS2020-40
pp.111-116
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
14:20
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
Twitterユーザの影響力および拡散力の時系列変化の分析
上原みなみ津川 翔筑波大CQ2019-154
ソーシャルメディアを用いたバイラルマーケティングにおいては、ユーザ間で情報を大規模に拡散させることが重要である。情報拡散... [more] CQ2019-154
pp.101-106
CQ 2018-07-20
15:45
宮城 東北大学 ソーシャルメディアにおける中心的ユーザの影響力変化の分析
上原みなみ津川 翔筑波大CQ2018-44
ソーシャルメディアにおいて強い影響力を持つユーザを発見することは、口コミを利用したバイラルマーケティングにおいて有用であ... [more] CQ2018-44
pp.75-80
CCS 2018-03-27
11:25
東京 東京理科大学 森戸記念館 [招待講演]新規性の発生則と成長則 ~ Yule-Simon過程を基礎にして ~
橋本康弘東大CCS2017-41
これまでになかった新しい言葉やアイデア、論文、特許等が生み出され、それが人々に使われる・参照される現象は、新規性の発生と... [more] CCS2017-41
pp.49-54
SWIM 2015-12-05
15:55
東京 東京工芸大学 中野キャンパス サイバースペース革命 ~ サイバースペースの再構成 ~
小松昭英ものづくりAPS推進機構SWIM2015-17
インダストリー4.0を嚆矢として、各国でいろいろな形で各種産業のデジタル化が進められている。それは企業活動の垂直統合ある... [more] SWIM2015-17
pp.33-38
SWIM 2015-12-05
16:20
東京 東京工芸大学 中野キャンパス サイバースペース革命 ~ ビジネスモデリング再考 ~
小松昭英ものづくりAPS推進機構SWIM2015-18
今や企業間活動から企業集団すなわちエコシステム間の競争時代に突入しつつある。それも、リアルスペースだけでなくサイバースペ... [more] SWIM2015-18
pp.39-44
CNR 2015-10-30
11:05
奈良 やまと会議室 5F 大会議室(奈良公園近く) ヒューマノイドロボットと人と社会の関係について ~ 期待されることと期待されないこと ~
加納寛子山形大CNR2015-8
ヒューマノイドロボットが登場する映画や小説はこれまで多数描かれてきた.ケータイ小説では頻出するテーマの一つであり,ヒュー... [more] CNR2015-8
pp.11-16
SWIM 2015-08-20
16:05
東京 法政大学 市谷 新一口坂校舎 ビジネスモデル再考 ~ サイバースペース革命を迎えて ~
小松昭英ものづくりAPS推進機構SWIM2015-11
ドイツでは官民が一体となって、米国では主要企業が複数のコンソーシアムを立ち上げて、それぞれそのアプローチは異なるが、産業... [more] SWIM2015-11
pp.25-30
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-03
11:00
東京 東京大学山上会館 画像共有SNSにおける人気へ影響を及ぼすタグの地域・時間依存性解析
胡 佳妮山崎俊彦相澤清晴東大)・Tao MeiマイクロソフトリサーチMVE2015-20
画像共有SNSでは投稿されたコンテンツの人気をはかる指標として, コンテンツの閲覧数, コメント数, お気に入り数といっ... [more] MVE2015-20
pp.73-78
PRMU 2013-10-03
17:00
千葉 幕張メッセ国際会議場 [特別講演]社会分析ツールとしての大規模放送映像解析
佐藤真一NIIPRMU2013-59
テレビを見ていると、日本や世界で今何が起きているか、流行は何か、景気の状況はどうか、等の情報を得ることができる。本講演で... [more] PRMU2013-59
p.15
KBSE 2012-11-22
14:05
石川 金沢大学 (角間キャンパス) 要求変動に対する進化社会心理学的考察
妻木俊彦NIIKBSE2012-44
ソフトウェア要求は様々な原因によって変化し,その変化はソフトウェアの構造的劣化をきたす.コンピュータシステムの目的の1つ... [more] KBSE2012-44
pp.37-42
IBISML 2012-03-12
17:20
東京 統計数理研究所 ソーシャルネットワークにおける長期間流行する話題の早期検出
斎藤翔太冨岡亮太山西健司東大IBISML2011-98
本研究では,ソーシャルネットワーク上で長期間流行する話題に価値があると考え,その話題を早期に検出することを目的とした手法... [more] IBISML2011-98
pp.77-84
SITE 2011-10-18
14:00
東京 東工大蔵前会館手島記念会議室 行為素片を記述するエージェント・オブジェクトの振舞い,及びその群れの倫理について
森住哲也ネッツエスアイ東洋)・鈴木一弘高知大)・能登正人木下宏揚神奈川大SITE2011-24
我々は,今までにクラウドシステムの情報セキュリティとして,”変動的秩序”の中に公私の価値の循環を実現するシステムを研究し... [more] SITE2011-24
pp.1-6
HCS 2011-09-23
11:00
新潟 日本歯科大学新潟生命歯学部 [ポスター講演]社会的手がかりと「男らしさ」が男性顔の魅力に与える影響 ~ 女性評定者側の要因による調整効果に着目して ~
高橋 翠東大HCS2011-51
本研究では、進化心理学的観点から男性の顔に対する魅力評価を検討した。先行研究では、社会的手がかり(視線方向と表情)と「男... [more] HCS2011-51
pp.27-31
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2011-05-19
10:50
東京 東京理科大(飯田橋) マルチエージェントに基づく遺伝的なアクセス行列制御
森住哲也ネッツエスアイ東洋)・鈴木一弘能登正人木下宏揚神奈川大SITE2011-3
クラウドなど言語システムにおける創発行為と制約行為は如何に実現されるべきか.本研究では二つの観察視点,即ち自己の視点と自... [more] SITE2011-3
pp.11-16
AI, IPSJ-DC
(共催)
2008-11-27
09:00
沖縄 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 発展型ソーシャルウェアのためのリポジトリ型フレームワーク(III)
打矢隆弘名工大)・前村貴秀木下哲男東北大AI2008-24
これまで我々は,ユーザや環境とのインタラクションを通して獲得された情報・知識・経験を活用しソーシャルウェアの基本的な特性... [more] AI2008-24
pp.1-6
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会