お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-03-01
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
正中面及び矢状面上の異なる仰角に配置された2音源間の空間的マスキング効果について
藤城博人西口正之渡邉貫治安倍幸治秋田県立大EA2023-120 SIP2023-167 SP2023-102
3D オーディオ信号の効率的な符号化・伝送技術に,空間的マスキング効果を利用することを目的に様々な条件下でのマスキング閾... [more] EA2023-120 SIP2023-167 SP2023-102
pp.340-345
EMM, EA, ASJ-H
(共催)
2023-11-24
09:30
富山 大学コンソーシアム富山「駅前キャンパス」研修室1 [招待講演]音場再現技術の統一的枠組みと知覚的精度向上
小山翔一NIIEA2023-47 EMM2023-78
音場再現技術とは,複数のスピーカを用いて対象領域内に所望の音場を合成する技術である。物理的に音場そのものを再現することで... [more] EA2023-47 EMM2023-78
pp.104-108
EA, ASJ-H
(共催)
2023-09-01
11:20
宮城 東北学院大学五橋キャンパス [招待講演]逆相音波の放射により音漏れを最小限に抑えるオープンイヤー型イヤホンの開発と音響XRのサービス実現に向けて
加古達也NTTEA2023-27
テレワークやWEB会議の普及,プライベートな時間・空間を大切にしたいというニーズの高まりを受け,「聴きたい音」のみを届け... [more] EA2023-27
pp.53-60
EA, ASJ-H
(共催)
2020-08-07
14:55
ONLINE オンライン開催 量子化雑音の知覚に対する空間的マスキング効果の影響
山中佑馬西口正之渡邉貫治高根昭一安倍幸治秋田県立大EA2020-18
22.2マルチチャネル音響など,音響インテンシティの合成により方向定位を再現する3次元音響システムが近年開発されている.... [more] EA2020-18
pp.29-34
EA, ASJ-H
(共催)
2019-10-29
11:00
東京 NHK放送技術研究所 [招待講演]スピーカアレーのいろいろ
羽田陽一電通大EA2019-46
高臨場感音場再現や音の指向性再生を実現する方法のひとつに,複数のスピーカを利用したスピーカアレー技術がある。スピーカアレ... [more] EA2019-46
p.67
CQ 2019-07-18
15:50
新潟 新潟大学 [特別招待講演]超臨場感コミュニケーション技術俯瞰と今後のQoE評価への期待 ~ 超臨場感による空間価値創造 ~
板倉英三郎ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズCQ2019-51
近年のICTの急速な発達により、従来型映像音声コミュニケーションシステムとは質的に異なる超臨場感コミュニケーションが実現... [more] CQ2019-51
pp.73-77
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]聴覚の空間的マスキング効果を考慮した3D音響信号の符号化に関する基礎検討
加藤巧大西口正之渡邉貫治高根昭一安倍幸治秋田県立大EA2018-145 SIP2018-151 SP2018-107
我々は,3D音響信号の空間領域における許容ノイズを考慮した符号化技術の開発を目指している.そのために本稿では,空間上に配... [more] EA2018-145 SIP2018-151 SP2018-107
pp.271-278
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-10
14:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 マルチパラメトリックスピーカアレイを用いた音像ホログラムにおける空中音像の提示性能の評価
大上佳範福森隆寛中山雅人西浦敬信立命館大EA2017-40
近年,超音波の直進性を利用することで鋭い指向性を実現するパラメトリックスピーカが注目を集めている.このスピーカを使用する... [more] EA2017-40
pp.79-84
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]エンドファイアアレイからなる肩掛け型ウェアラブルスピーカによる音像定位
今泉健太羽田陽一電通大EA2016-120 SIP2016-175 SP2016-115
私たちは,ヘッドホンに代わる新たな個人用の再生システムとして,2つのエンドファイアアレイからなる肩掛け型スピーカアレイを... [more] EA2016-120 SIP2016-175 SP2016-115
pp.219-224
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
11:10
大分 コンパルホール (大分) 多チャネル音響信号からのコヒーレント成分の抽出
安藤彰男田中宏樹橋本裕太古屋 紘富山大EA2016-60 EMM2016-66
三次元音響の録音では、広がりのある音を収音するため、多数のマイクロホンを空間的に離して配置するのが一般的である。しかしな... [more] EA2016-60 EMM2016-66
pp.73-78
CS, CQ, NV
(併催)
2016-04-22
11:10
東京 機械振興会館 ビデオの空間品質劣化の伝播を考慮したビデオ出力方式SCSのQoE評価
松井佑太布目敏郎名工大)・田坂修二名古屋産業科学研CQ2016-9
本報告では,音声・ビデオIP伝送のためのQoEベースビデオ出力方式SCSにおける,
ビデオ出力方式の切り替え判定方法が... [more]
CQ2016-9
pp.49-54
EA 2015-07-03
13:00
東京 電気通信大学 創立80周年記念会館 [招待講演]音響空間の聴覚的操作 ~ 超臨場化と個性化 ~
武田一哉名大)・西野隆典三重大)・丹羽健太NTT)・羽田陽一電通大)・猿渡 洋東大)・西村竜一NICTEA2015-5
高い再現性による臨場感の追及や,柔軟な信号表現に基づくコンテンツの富化に留まらず,さらに価値あるオーディオコンテンツを創... [more] EA2015-5
pp.23-26
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
14:00
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 正四面体型マイクロホンシステムによる仮想単一指向性マイクロホン
蘆原 郁産総研
任意の点における空間音響情報は,その点で観測されるモノラルオーディオ信号と,それを構成する各正弦波の音像方向によって概ね... [more] PRMU2015-37 SP2015-6 WIT2015-6
pp.31-36
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催)
(連催) [詳細]
2012-11-14
13:00
宮城 東北大学電気通信研究所 2号館4階大会議室 視聴覚統合における時空間処理の視野非対称性
竹島康博東北大/学振)・行場次郎東北大HIP2012-48
視覚刺激に聴覚刺激を時空間的にある程度一致させて提示した場合,視覚刺激の検出や同定の成績が向上することが報告されている。... [more] HIP2012-48
pp.1-6
EA 2012-07-19
14:00
北海道 北海道医療大学 立体的に配置したスピーカによる音の包み込まれ感
大出訓史澤谷郁子小野一穂NHK)・小澤賢司山梨大EA2012-46
近年,空間印象の向上を目的に,立体的にスピーカを配置するマルチチャンネル音響方式が提案されている。本報告では,立体的にス... [more] EA2012-46
pp.7-12
EMM 2011-11-15
15:00
宮城 東北大通研 スペクトル距離相関と正中面音像定位の関係性
西村竜一加藤宏明竹本浩典Parham MokhtariNICTEMM2011-54
立体音響技術は,従来のステレオやサラウンド技術と比較して,より豊かな空間情報を音響メディアに与えることができ,コンテンツ... [more] EMM2011-54
pp.83-88
CQ 2011-07-14
13:25
北海道 小樽市民会館 再生周波数帯域の操作による臨場感・空間印象の変化
谷口高士阪学院大)・大出訓史安藤彰男NHKCQ2011-19
音響コンテンツの再生周波数帯域を制限することで,音特徴の知覚的印象および臨場感・空間印象がどのように変化するかを調べるた... [more] CQ2011-19
pp.5-10
EA 2011-06-23
16:30
北海道 北海道医療大学 反射音を利用したマイクロホンアレーによる距離別収音技術
丹羽健太阪内澄宇古家賢一岡本 学羽田陽一NTTEA2011-35
本研究の目的は, マイクロホンアレーを用いて, 同方向にある複数の音源を距離別に区別し, 目的音だけを収音すること(距離... [more] EA2011-35
pp.31-36
EA 2009-12-11
14:15
東京 NICT オーディオオブジェクト個別操作法とそのイヤホン漏洩雑音低減への応用
鈴木翔太奈良先端大)・宮部滋樹東大)・鎌土記良猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・野村俊之NECEA2009-95
我々は,空間情報の量子化に基づくマルチチャネルオーディオ符号化法の拡張手法を提案する.
我々の研究により,複数のオーデ... [more]
EA2009-95
pp.13-18
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-13
09:30
石川 金沢工業大学 帯域保証音声・ビデオIP伝送におけるビデオの時間・空間品質を考慮した音声・ビデオの最適帯域幅配分
伊藤紘章田坂修二名工大CQ2009-51
本報告では,帯域保証音声・ビデオIP伝送において,ビデオGOP,ビデオ出力制御方式,コンテンツタイプの違いが,QoE最大... [more] CQ2009-51
pp.67-72
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会