お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2022-06-16
14:55
沖縄 琉球大学 千原キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
学習型AMPを用いたMIMO信号検出におけるモデルパラメータに関する検討
三好茉莉西村寿彦佐藤孝憲大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎北大RCS2022-50
近似メッセージ伝搬法(AMP)は大規模 MIMO 信号検出に適用可能であり,低演算量ながら高い信号検出 性能が得られるこ... [more] RCS2022-50
pp.156-161
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]進化戦略アルゴリズムを用いた周波数もつれ光子対の時間相関幅圧縮の実現
斎藤凌矢藤田一夢佐々木駿輔阿部尚文京大)・久光 守徳田勝彦島津製作所)・岡本 亮竹内繁樹京大
広帯域周波数もつれ光子対は、時間相関幅の短い光子対を実現できることから、高効率な 2 光子吸収の
実現等への応用が期待... [more]

IN, RCS, NV
(併催)
2022-05-26
10:20
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数受光器を持つ光無線符号分割多元接続システムのための正規化選択合成手法
春日部大雅ベン ナイラ シャドリア岡田 啓片山正昭名大RCS2022-15
屋内で上り回線によりデータを収集するシステムを考える.各送信機の信号は,光無線符号分割多元接続(CDMA)方式により非同... [more] RCS2022-15
pp.13-18
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
09:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]無線センサネットワークにおける複数の観測データ発生源省電力同定法に関する一検討
白石順哉四方博之関西大RCS2021-277 SR2021-104 SRW2021-77
本稿では,無線センサネットワーク (Wireless Sensor Networks: WSNs)においてセンシング対象... [more] RCS2021-277 SR2021-104 SRW2021-77
pp.134-139(RCS), pp.92-97(SR), pp.40-45(SRW)
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-02
15:35
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]音楽への選択的注意が引き起こす脳波の引き込み変化とアルファ帯域の空間変調
溝口佳奈田中聡久東京農工大)・佐藤 尚白木善史NTTEA2021-95 SIP2021-122 SP2021-80
ヒトは様々な音の中から1つの音楽や音声に対して選択的注意を向けることができる.
音声の呈示下で,注意は音声の包絡線と脳... [more]
EA2021-95 SIP2021-122 SP2021-80
pp.195-200
OFT 2021-10-14
10:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]OCDRの世界最速動作の実現と空間分解能劣化の抑制
宮前知弥朱 光韜清住空樹横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2021-23
近年、光ファイバ通信が急激に広まると同時に、光ファイバ通信ネットワークの健全性を診断する技術が求められている。光相関領域... [more] OFT2021-23
pp.9-12
OFT 2021-10-14
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]Operation of ESA-free OCDR: simulation analysis and performance evaluation
Guangtao ZhuTomoya MiyamaeYNU)・Kohei NodaTokyo Tech/YNU)・Heeyoung LeeSIT)・Kentaro NakamuraTokyo Tech)・Yosuke MizunoYNUOFT2021-32
 [more] OFT2021-32
pp.43-46
RCS 2021-06-23
09:50
ONLINE オンライン開催 学習型AMPを用いた信号検出に関する基礎的検討
三好茉莉辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2021-31
近似メッセージ伝搬法(AMP)は大規模 MIMO 信号検出に適用可能であり,低演算量ながら高い信号検 出性能が得られるこ... [more] RCS2021-31
pp.13-18
RCS 2021-06-23
16:35
ONLINE オンライン開催 有相関通信路での多数信号検出における制振付きGaBPのLLR挙動に関する一検討
安藤ダニエル明西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2021-45
ガウス確率伝搬法(GaBP)は,多数信号検出において比較的低演算量で高い検出性能を有するものとして知られている.しかし,... [more] RCS2021-45
pp.97-102
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
09:25
ONLINE オンライン開催 マルチユーザMIMOにおけるマルチパスフェージングおよび空間相関存在下における伝送特性評価
前田昇吾松江英明諏訪東京理科大IT2020-70 SIP2020-48 RCS2020-161
超多素子MIMOを実現する過程で必須の機能として,チャネル情報に基づくマルチユーザMIMOがある。今回,その次数を大きく... [more] IT2020-70 SIP2020-48 RCS2020-161
pp.40-45
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 顔画像の空間周波数特性によるいきいきとして見える顔の評価
多田明弘三谷 信ポーラ化成
顔の魅力評価には、形態的特徴や肌の状態が影響を与えることが報告されている。本研究では、女性の顔画像を対象に、顔画像の空間... [more]
MW, AP
(併催)
2020-09-24
13:50
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]人体遮蔽を考慮したフェージングの相関特性の検討
秋山駿斗岩井誠人衣斐信介同志社大AP2020-53
携帯電話, PCなどの通信端末を室内環境で使用する機会が増加している. また, 近年, 通信性能向上の技術として空間ダイ... [more] AP2020-53
pp.94-95
NS 2020-05-14
15:10
ONLINE オンライン開催 空間的自己相関をもつデータの検索に適した異種Skip Graphの連携によるクエリ転送法
藤田悠生藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪府大NS2020-9
IoTデバイスの増加に伴い,デバイス同士が自律分散的にネットワークを構築・維持するP2P型IoTプラットフォームが注目さ... [more] NS2020-9
pp.1-6
AP, WPT
(併催)
2020-01-24
16:35
香川 サンポートホール高松 空間偏波Massive MIMOの素子配置最適化とその効果の一検討
松本隆宏糸井清晃中林寛暁千葉工大AP2019-179
現在,2020年の導入に向け第5世代移動通信システム(5G)の様々な検討が進められている.5Gでは,基地局側のアンテナを... [more] AP2019-179
pp.159-164
AP, RCS
(併催)
2019-11-20
13:10
佐賀 佐賀大学 大規模MIMOにおけるノード選択付き近似メッセージ伝搬法による信号検出
辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎北大RCS2019-210
圧縮センシングの分野で提案された近似メッセージ伝搬法 (AMP) は大規模MIMOシステムにおける受信信号検出に用いるこ... [more] RCS2019-210
pp.43-47
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
15:15
佐賀 佐賀大学 [依頼講演]複数仮想アレーを用いた空間平均MUSICのTHz-TDS測定への適用結果
渡壁一樹長 敬三中林寛暁水津光司千葉工大AP2019-126 RCS2019-223
合成開口テラヘルツ時間領域分光法(THz-TDS)イメージングでは,ターゲットから反射された波の相関が高いため,近接した... [more] AP2019-126 RCS2019-223
pp.107-112(AP), pp.115-120(RCS)
AI 2019-09-13
16:15
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター A Prediction of Upper Tropospheric Circulations over the Northern Hemisphere Using ConvLSTM
Ekasit PhermphoonphiphatOsaka Univ.)・Tomohiko TomitaKumamoto Univ.)・Masayuki NumaoKen-ichi FukuiOsaka Univ.AI2019-25
 [more] AI2019-25
pp.37-41
AP
(第二種研究会)

海外 Hotel Istana, Kuala Lumpur Influence of the location of virtual linear array on position estimation using MUSIC algorithm applied to arc array synthetic aperture radar imaging
Kazuki WatakabeKeizo ChoHiroaki NakabayashiChiba Institute of Technology Univ.
 [more]
HCS 2019-02-02
10:30
新潟 新潟日報メディアシップ 高齢期の作業記憶課題における視空間認知と手指運動との関係
井上紗奈甲南女子大HCS2018-55
超高齢社会において,認知機能の維持は健康増進に欠かせないが,加齢変化の大きい作業記憶は,短い時間に大量の情報にさらされる... [more] HCS2018-55
pp.45-48
WPT, AP
(併催)
2019-01-18
10:30
愛知 トヨタ博物館 空間相関のあるフェージング環境におけるマッシブMIMOの情報伝送能力について[II] ~ 仲上・ライスフェージングの場合 ~
唐沢好男 AP2018-159
前稿において、空間相関のあるレイリーフェージング環境におけるマッシブMIMOの情報伝送能力を調べ、ある種のマルチストリー... [more] AP2018-159
pp.45-50
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会