お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 82件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2022-09-29
10:25
宮城 東北大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スパイキングニューラルネットワークのアナログ回路実装と時系列情報処理への応用
守谷 哲山本英明東北大)・弓仲康史群馬大)・佐藤茂雄堀尾喜彦東北大NC2022-33
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NC2022-33
p.5
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
09:40
ONLINE オンライン開催 教師なしパターン認識のためのスパイキングニューラルネットワークにおけるスパース結合の影響
品川大樹藤原寛太郎田中剛平東大MSS2021-69 NLP2021-140
近年,ニューロンの発火現象(スパイク)による時空間的な情報表現を用いて計算を行うスパイキングニューラルネットワーク(SN... [more] MSS2021-69 NLP2021-140
pp.71-76
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-07
15:05
ONLINE オンライン開催 スパイキングニューラルネットワークの高速低エネルギー推論に向けた動的閾値調整手法
羽原丈博粟野皓光京大VLD2021-87 HWS2021-64
従来のSNN ではニューロン発火の起こりやすさを決める閾値を固定していたため,過剰もしくは過少なニューロン発火に伴う情報... [more] VLD2021-87 HWS2021-64
pp.57-62
MBE, NC
(併催)
2022-03-03
11:10
ONLINE オンライン開催 SAMスパイキングニューロンモデルの頻度コーディングにおける基本特性
本木 実熊本高専NC2021-63
エッジ学習AIデバイスとして情報を1ビットで表現するために演算効率が高くディジタル回路と親和性が高いスパイキングニューラ... [more] NC2021-63
pp.88-93
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-24
17:10
ONLINE オンライン開催 Ternarizing Deep Spiking Neural Network
Man WuYirong KanVan_Tinh NguyenRenyuan ZhangYasuhiko NakashimaNAISTVLD2021-61 CPSY2021-30 RECONF2021-69
The feasibility of ternarizing spiking neural networks (SNNs... [more] VLD2021-61 CPSY2021-30 RECONF2021-69
pp.67-72
MBE, NC
(併催)
2021-10-28
15:05
ONLINE オンライン開催 スパイキングニューラルネットワークの時空間符号化性能の向上と宇宙機の着陸における障害物検知への適用
木下英明木村真一東京理科大)・福田盛介JAXANC2021-21
スパイキングニューラルネットワーク(SNN)は,神経模倣型の計算アーキテクチャとして,低消費電力性等からエッジデバイスへ... [more] NC2021-21
pp.16-21
CCS 2020-11-26
15:25
ONLINE オンライン開催 デジタルスパイキングニューロンの合成と実装について
原田朋樹斎藤利通法政大CCS2020-18
本論文では, デジタルスパイクマップの合成と実装について考える. デジタルスパイクマップは点の集合上
で定義されたデジ... [more]
CCS2020-18
pp.6-10
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
15:20
ONLINE オンライン開催 スパイキングニューロン間の局所相互作用に基づくリザーバ/出力層の教師なし学習の検討
加藤達暉守谷 哲山本英明櫻庭政夫佐藤茂雄東北大NC2020-12
リザーバコンピューティングは計算コストの低さと物理実装の容易さから,エッジコンピューティングデバイスへの実装に適している... [more] NC2020-12
pp.21-23
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
14:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 簡易ディジタルスパイキングニューロンとそのFPGA実装に関する一考察
米田友洋NIIVLD2019-75 CPSY2019-73 RECONF2019-65
必要リソース量,消費電力の少ないFPGA実現を得ることを目的に,簡易化したディジタルスパイキングニューロンを考案した.学... [more] VLD2019-75 CPSY2019-73 RECONF2019-65
pp.135-140
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
10:10
愛知 豊橋技術科学大学 小脳スパイキングニューラルネットワークモデルのFPGA実装
進士裕介中部大)・奥野弘嗣阪工大)・平田 豊中部大MBE2019-46 NC2019-37
小脳は運動の制御と学習の中核を担う.小脳の神経回路網の構造と構成要素である各種ニューロンの特性は,長年の解剖・生理学的研... [more] MBE2019-46 NC2019-37
pp.7-12
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
14:15
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 スパイキングニューロンモデルの興奮性/抑制性バランスが神経ネットワーク形成に及ぼす影響
朴 志勲小椋基弘河合祐司浅田 稔阪大NC2019-4
本研究は,自閉スペクトラム症で観察される興奮性/抑制性ニューロンの活動のバランスの崩れが神経 ネットワークの自己組織化に... [more] NC2019-4
pp.15-20
OME, SDM
(共催)
2019-04-26
13:10
鹿児島 屋久島環境文化村センター ネットワーク型分子システムによる情報処理
松本卓也阪大SDM2019-4 OME2019-4
分子ニューラルネットワークを用いた非ノイマン型情報処理に向けた試みを紹介する。ニューラルネットワークを分子システムで構成... [more] SDM2019-4 OME2019-4
pp.13-17
CCS 2019-03-26
13:30
東京 NICT(小金井) デジタルスパイキングニューラネットの様々な同期現象について
大石侑弥内田厚研斉藤利通法政大CCS2018-47
デジタルスパイキングニューラルネットの呈する様々な同期現象について考察する.
デジタルスパイキングニューロンは様々な... [more]
CCS2018-47
pp.7-10
CCS 2018-11-23
14:30
兵庫 神戸大学 デジタルスパイキングニューラルネットとスパイク列近似
内田厚研斎藤利通法政大CCS2018-44
リング結合デジタルスパイキングニューラルネットとそのハード実装について考察する. このネットワークはパラメータに依存して... [more] CCS2018-44
pp.61-65
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-27
14:25
福岡 九州工業大学 SAMスパイキングニューラルネットのFPGA実装に関する検討
本木 実松尾和典新谷洋人熊本高専NC2017-65
本稿では,SAMスパイグニューラルネットのFPGA実装における設計及び回路規模に関する実験について報告する.我々が既に提... [more] NC2017-65
pp.89-94
MBE, NC
(併催)
2017-10-07
11:45
大阪 大阪電気通信大学 大域-局所の結合のバランスが神経活動の複雑性に与える影響 ~ 自閉スペクトラム症における特異な神経活動の構成論的考察 ~
一瀬公輝朴 志勲河合祐司鈴木淳一阪大)・森 裕紀早大)・浅田 稔阪大NC2017-22
本研究では,自閉スペクトラム症(ASD)で観察される特異な神経活動の原因を,その局所的に過剰な神経結合に着目して,構成論... [more] NC2017-22
pp.13-18
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2017-06-24
10:20
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 デジタルスパイキングニューロンの同期と安定性
内田厚研濱口智紀斎藤利通法政大NC2017-15
デジタルスパイキングニューロン(DSN) は,2 つのシフトレジスタとそれらを結ぶ結線によって構成される.結線に依存して... [more] NC2017-15
pp.105-108
CCS 2016-11-04
11:15
京都 京都産大むすびわざ館 スパイク時刻依存遅延学習モデルによる教師なし学習
松原 崇神戸大CCS2016-32
中枢神経系の信号伝達と処理おいて神経スパイクの正確な発火時刻が重要な役割を果たしていると考えられており,その機能を模倣す... [more] CCS2016-32
pp.13-16
NLP 2016-09-15
13:25
兵庫 甲南大学 2つの状態の傾きと三角波ベース信号をもつスパイキングニューロンの回路実装
松岡祐介米子高専NLP2016-59
本稿では2つの状態の傾きと三角波ベース信号をもつスパイキングニューロンについて考察する。状態の傾きは2種類あり、リセット... [more] NLP2016-59
pp.79-82
NLP 2016-09-15
13:50
兵庫 甲南大学 区分線形分岐ニューロン回路における超安定周期解の解析
高橋理沙斎藤利通法政大NLP2016-60
本論文では, 複数入力を有する分岐ニューロン(BN)の動作について考察する。
入力信号には、周波数の異なる2つの三角波... [more]
NLP2016-60
pp.83-87
 82件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会