お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 74件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2022-04-15
10:45
東京 機械振興会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]An Actor-Critic based Reinforcement Learning Algorithm for Combinatorial Optimization and Mobile Power Trucks Routing Problem
Zhao WangNTT)・Yuhei SenumaWaseda Univ.)・Yuusuke NakanoNTT)・Jun OhyaWaseda Univ.)・Ken NishimatsuNTTNS2022-1
 [more] NS2022-1
pp.1-6
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
14:25
ONLINE オンライン開催 NFVマルチサイト広域展開のモバイルNWへの適用に向けたSDN観点の一検討
小野健一大林隆之中野雅友田村藤嗣彦NTTドコモICM2020-33
ETSI NFV Release3でNFVのマルチサイト対応機能が標準化され,サイトを跨るVMの移動がサポートされる機能... [more] ICM2020-33
pp.73-78
MVE 2020-09-09
14:45
ONLINE オンライン開催(国士舘大学から変更) [招待講演]顔が見える必要ありますか? ~ 遠隔コミュニケーション技術の方向性を探る ~
葛岡英明東大MVE2020-19
新型コロナウィルスによる、半ば強制的なテレワークの普及によって、日本のテレコミュニケーション事情は一気に進化したように見... [more] MVE2020-19
p.44
MW
(第二種研究会)
2019-06-26
- 2019-06-28
海外 RUS(タイ・バンコク) [招待講演][Invited] Study on Spectrum in the Frequency Range 100-450 GHz at ITU-R
Hiroyo OgawaNICT
The activities on spectrum studies in the frequency range 10... [more]
MW, ICD
(共催)
2019-03-14
16:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [招待講演]100GHz~450GHzのITU-Rにおけるスペクトラム研究の動向
小川博世NICTMW2018-167 ICD2018-111
100GHzから450GHzに至る周波数範囲におけるITU-Rの研究動向を紹介する。さらに2019年に開催される世界無線... [more] MW2018-167 ICD2018-111
pp.61-66
CQ, CBE
(併催)
2019-01-17
13:00
東京 首都大学東京 [招待講演]超高臨場感通信技術Kirari!における映像音響技術とその評価
高田英明NTTCQ2018-79
近年、これまで以上に臨場感の高いコンテンツや体験を提供する取り組みが始まりつつある。我々はこれまでに、あたかもその場にい... [more] CQ2018-79
pp.17-22
CNR
(共催)
MoNA, IN
(併催) [詳細]
2018-11-16
10:20
佐賀 唐津市民交流プラザ Effectiveness of Manga-Effects To Telepresence Communication System
Risa TakemuraTakumi HorieKazunori TakashioKeio Univ.IN2018-58 MoNA2018-36 CNR2018-33
 [more] IN2018-58 MoNA2018-36 CNR2018-33
pp.33-38(IN), pp.81-86(MoNA), pp.87-92(CNR)
SR 2018-10-30
09:50
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [招待講演]Deep Reinforcement Learning Applications in Telecommunications
張 成早大SR2018-91
In this paper, the definition of deep reinforcement learning... [more] SR2018-91
p.87
ISEC 2018-09-07
09:05
東京 機械振興会館 通信ネットワークのセキュリティに関する一検討
草間好輝慶大)・林 正博東京都市大)・和田彰俊 ISEC2018-50
本論文では,通信ネットワークにおいて最も安全なデータ格納場所を分析するための方法を提示する.通信ネットワークをグラフとド... [more] ISEC2018-50
pp.1-5
CQ 2018-07-19
14:25
宮城 東北大学 2種類のネットワークの相互作用を考慮したカスケード故障の被災規模分析
山下尋志林 正博東京都市大CQ2018-32
本論文では,相互依存関係にある2種類のネットワークでのカスケード故障対策の効果を評価するための評価尺度として通信量残存率... [more] CQ2018-32
pp.7-12
SANE 2018-06-22
15:40
茨城 JAXAつくば宇宙センター 仰角毎に変調方式のみを可変とするVCMシステムの検討
加藤智隼中台光洋谷島正信JAXASANE2018-19
近年, 観測センサの高性能化に伴う伝送データの大容量化に対応するため, 地球観測衛星用通信システムの多値化・広帯域化技術... [more] SANE2018-19
pp.33-37
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート NDN網におけるセキュアな緊急通信に関する一考察
劉 嘉い北 健太朗小泉佑揮長谷川 亨阪大NS2017-205
119番通報などの緊急通信は、災害などで電話網に輻輳が発生すると提供できないことが課題となる。この課題を解決するため、本... [more] NS2017-205
pp.215-220
CQ 2018-01-19
15:25
東京 国立情報学研究所 グラフ連結確率の新近似計算法
木内悠太林 正博東京都市大CQ2017-100
本論文では,確率グラフにおける K-局間信頼度の新近似計算法を提案する.ここで,K-局間信頼度と は,特定ノード間が通信... [more] CQ2017-100
pp.87-92
HCS 2017-08-20
13:40
東京 成蹊大学 感情推定情報に精度情報を併せて提示することによるアウェアネスの伝達支援効果
深澤伸一赤津裕子OKI)・田口和佳奈高瀬 裕中野有紀子成蹊大HCS2017-48
遠隔コミュニケーションシステムにおいて感情の推定情報とその精度を支援提示する機能の効果を検証することを目的とした評価実験... [more] HCS2017-48
pp.7-12
MVE, ITE-HI
(連催)
2017-06-01
13:45
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー Multiple Source Effectを用いた集団討議支援のための遠隔通話システムの開発
世田圭佑横山正典東大)・望月崇由布引純史NTT)・鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-7
集団討議において,多数派の同調圧力などにより適切な議論が為されず,集団内の納得度が低いまま意思決定が行われてしまうことが... [more] MVE2017-7
pp.49-54
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2017-03-11
15:00
茨城 筑波技術大学・春日キャンパス 独居高齢者のための遠隔家族間回想法コミュニケーションシステム
畠 真之松本哲也名大)・竹内義則大同大)・工藤博章大西 昇名大WIT2016-91
独居高齢者と家族の間のコミュニケーション機会の増加や認知症予防として,回想法を使用する.回想法を進行するものは,一般に熟... [more] WIT2016-91
pp.129-134
EMCJ 2017-01-19
16:00
福岡 九州工業大学 [特別講演]通信線の放射および誘導現象に関する研究
桑原伸夫九工大EMCJ2016-115
筆者は40年にわたり通信線端末に誘導する過電圧と通信線から漏洩する妨害波の研究に従事してきた.本報告では筆者がこれまで,... [more] EMCJ2016-115
pp.35-38
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2016-12-15
10:50
東京 産総研臨海副都心センター 電話リレーサービスのユーザビリティに関する検討
小島展子井上正之河野純大筑波技大WIT2016-56
電話リレーサービスは、聴覚障碍者の音声電話サービスへのアクセスを可能にするものとして欧米で普及が進んでおり、日本でも試験... [more] WIT2016-56
pp.63-68
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと ともリビ:高齢者親家族と子家族のための遠隔地間コミュニケーションシステム ~ 2カ月間のユーザテストによる評価 ~
飯島俊輔東京電機大)・酒造正樹東大)・小島卓郎武川直樹東京電機大
子供家族と離れて住む高齢者の孤立感の改善のため,我々は,高齢の親家族と子家族をICTにより情報共有し,あたかも,共(とも... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2016-05-19
15:00
沖縄 沖縄産業支援センター ともリビ:高齢者の親家族と子家族のための遠隔地間コミュニケーションシステム ~ システム開発とユーザテスト ~
飯島俊輔武川直樹東京電機大)・酒造正樹東大)・上野博毅小島卓郎東京電機大HCS2016-23 HIP2016-23
近年の生活様式の変化に伴い高齢者の家族,地域からの孤立化が問題となっている.我々は,別居を余儀なくされている高齢な親世帯... [more] HCS2016-23 HIP2016-23
pp.189-194
 74件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会