お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 116件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-16
10:20
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラウドソース無線装置(CRU)を用いた適応C-RAN構成におけるシステムレベルシミュレーションによるスループット評価
石井悠斗宗 秀哉湘南工科大)・丸田一輝東京理科大)・中山 悠東京農工大RCS2022-165
増加するモバイルトラヒックを収容するため,集中型無線アクセスネットワーク(C-RAN: Centralized Radi... [more] RCS2022-165
pp.61-66
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
10:05
ONLINE オンライン開催 衛星通信システムにおける転移学習を用いたトラヒック予測による帯域使用幅削減に関する検討
玉田一将川本雄一加藤 寧東北大SAT2021-54
近年,テレワークや定額動画配信サービスなどの普及によりインターネットトラヒックはますます増加している.また,Beyond... [more] SAT2021-54
pp.7-12
RCS, NS
(併催)
2021-12-17
09:55
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プログラマブルスイッチを用いた CCN の双方向トラフィック生成に関する一考察
山田諒真武政淳二小泉佑揮長谷川 亨阪大NS2021-103
プログラマブルスイッチの登場により、Content-Centric Networking (CCN)ルータは 10 Tb... [more] NS2021-103
pp.35-40
LOIS 2021-03-04
14:15
ONLINE オンライン開催 オンデマンド型動画配信システムの配信性能の検証
清水健一檜垣泰彦藤本茂雄須貝康雄千葉大LOIS2020-50
筆者らが開発したオンデマンド型授業動画配信システムについてCOVID-19パン
デミックにより環境が急変したこの1年に... [more]
LOIS2020-50
pp.18-23
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-26
12:10
ONLINE オンライン開催 ネットワークスキャンの応答遅延を用いた背景通信の再送率推定に関する一検討
鈴木健太栗原拓哉矢野一人鈴木義規ATRNS2020-79
近年,IoT ワイヤレス機器の普及に伴い,それらの機器を管理するためのネットワークスキャンが求められている.しかし,闇雲... [more] NS2020-79
pp.20-25
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
12:10
ONLINE オンライン開催 IEEE 802.11ahネットワークにおける端末不均一配置を考慮したトラヒック負荷分散型端末グルーピング方式
下川真季眞田耕輔羽多野裕之森 香津夫三重大SeMI2020-19
IoT向けネットワークの主課題である超多数端末に起因する高チャネルアクセス競合抑制のため,IEEE802.11ahはRe... [more] SeMI2020-19
pp.17-22
LOIS, EMM, IE
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2020-09-01
16:55
ONLINE オンライン開催(FIT2020と併催) eラーニングを指向したMoodle動画配信システムの設計
清水健一檜垣泰彦藤本茂雄須貝康雄千葉大LOIS2020-7 IE2020-19 EMM2020-31
千葉大学ではeラーニングシステムであるMoodle上で利用可能な動画配信システムの設計開発を行った.システムはAES暗号... [more] LOIS2020-7 IE2020-19 EMM2020-31
pp.13-18
RCS 2020-06-24
14:15
ONLINE オンライン開催 有限トラヒックモデルにおける統合システムスループットを最大化するマルチサービスチャネル多重法の特性評価
井上衆成樋口健一東京理科大RCS2020-26
第5世代やそれ以降の移動通信システムでは,拡張されたモバイルブロードバンド(eMBB: enhanced mobile ... [more] RCS2020-26
pp.19-24
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
10:45
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
擬似ネットワークトポロジーを用いたODトラヒック行列推定の精度向上
長谷川陽平内田真人早大CQ2019-150
ルータで観測されるフロー流量の和 (集約フロー流量) から,直接観測することができない個々のフロー流量 (対地間フロー流... [more] CQ2019-150
pp.81-86
LOIS, ICM
(共催)
2020-01-10
11:25
長崎 アルカスSASEBO(佐世保市) [奨励講演]P2PTV単位トラヒック分類における2段階クラスタリング方式とその評価
大岡里奈三好 匠山崎 託芝浦工大ICM2019-39 LOIS2019-54
ユーザ端末(ピア)間で直接通信するP2P(Peer-to-peer)方式を利用した映像配信サービス(P2PTV)が注目を... [more] ICM2019-39 LOIS2019-54
pp.51-56
CQ 2019-08-27
09:50
北海道 函館アリーナ 一定個数データ集約方式に対する平均遅延時間近似と適応的制御
吉野秀明奥澤柚太杉原龍之介大田健紘平栗健史日本工大CQ2019-58
遅延要件が厳しいIoTアプリケーションを実現するためには、センサデータを集約するIoTゲートウェイにおける遅延の抑制が重... [more] CQ2019-58
pp.7-12
CQ 2019-07-18
13:00
新潟 新潟大学 [ポスター講演]敵対的生成ネットワークを利用した疑似トラヒック生成に関する一考察
山際哲哉渡部康平中川健治長岡技科大CQ2019-38
ネットワークを構築する際には,実際にトラヒックを生成するトラヒックジェネレータを使用し,サーバーなどのネットワーク機器の... [more] CQ2019-38
pp.27-29
ITS 2019-07-05
13:55
東京 機械振興会館(東京) EMアルゴリズムによる経路別旅行時間と交通量の推定 ~ 複数経路の旅行時間と交通量の同時推定 ~
鳥丸聖也横田孝義鳥取大ITS2019-3
本論文ではEMアルゴリズムを用いた複数の経路別旅行時間と交通量の推定を行う.
実際のETC情報を取得するのは困難なため... [more]
ITS2019-3
pp.13-20
RCS 2019-06-19
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル フルデュープレクスにおけるスロット単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法の特性
吉田和樹佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモRCS2019-37
フルデュープレクス(FD: Full Duplex)は,従来のハーフデュープレクス(HD: Half Duplex) F... [more] RCS2019-37
pp.1-6
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2019-05-23
16:20
大阪 大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 機械学習を用いた時系列P2PTVトラヒックの特性分析
大岡里奈林 晃司三好 匠山崎 託芝浦工大ICM2019-2
近年,映像配信サービスの利用者増加に伴い,ユーザ端末(ピア)間で直接通信するP2P(Peer-to-peer)方式を利用... [more] ICM2019-2
pp.31-36
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
09:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク A Study on Joint Probability Distribution Property of Busy/Idle Duration and its Impact on the Performance of Auto-regressive Based Predictor over Real Environmental Channel
Yafei HouOkayama Univ.)・Kazuto YanoATR)・Satoshi DennoOkayama Univ.)・Yoshinori SuzukiATRSR2018-137
 [more] SR2018-137
pp.89-96
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 情報指向型ネットワークにおける自律的コンテンツ配信方式
山口歩夢木村圭吾望月寛大水野 修工学院大IN2018-116
効率的にコンテンツ配信を実現する新しいアーキテクチャとして情報指向型ネットワークICN(Information-Cent... [more] IN2018-116
pp.193-198
MSS, SS
(共催)
2019-01-16
10:50
沖縄 沖縄県青年会館 最適速度交通流モデルに基づく並列多段工程を有する生産ラインの分配パラメータ設計
佐野 徹小西啓治阪府大)・伊藤岳大若山永哉NECMSS2018-70 SS2018-41
最近の「製品寿命の低下」「消費者ニーズの多様化」などに伴う需要の変化に対応する生産システムの構 築が望まれている.本報告... [more] MSS2018-70 SS2018-41
pp.85-90
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
11:45
広島 尾道市民会館 [奨励講演]道路網におけるユーザの利己性を考慮した最適ルーティングのためのトラヒック情報制御方式
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2018-160
交通渋滞は経済・時間損失を引き起こす社会的な問題となっている.交通渋滞の主な原因は,各ユーザ(またはナビゲーション... [more] NS2018-160
pp.23-28
CNR
(共催)
MoNA, IN
(併催) [詳細]
2018-11-15
11:15
佐賀 唐津市民交流プラザ 複数フローを考慮した暗号化トラヒック分析による動画サイト識別
伊藤智稀名大)・沢辺亜南岩井孝法里田浩三NEC)・村瀬 勉名大MoNA2018-24 CNR2018-21
近年、通信利用者のニーズは、従来の通信品質であるQoS (Quality of Service) から、通信利用者の体感... [more] MoNA2018-24 CNR2018-21
pp.13-18(MoNA), pp.19-24(CNR)
 116件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会