お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2022-02-18
13:05
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]開口端に金属板を装荷した超広帯域テーパスロットアレーアンテナ
渡辺 光丸山貴史深沢 徹三菱電機AP2021-173
テーパスロットアンテナ(以下TSA)は広い周波数帯域に亘って良好な反射特性を維持できるため,超広帯域フェーズドアレーアン... [more] AP2021-173
pp.81-86
OCS, CS
(併催)
2022-01-14
13:35
山口 KDDI維新ホール 会議室(204A・B)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]100Tb/s超の大容量化に向けた広帯域WDM光伝送技術
濱岡福太郎NTTOCS2021-38
本稿では,光伝送システムの大容量化を実現する技術として,広帯域WDM光伝送技術の動向について解説する.また,我々が実施し... [more] OCS2021-38
pp.28-31
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
10:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 [ポスター講演]自動車内無線通信への超広帯域無線システム利用に向けた基礎検討
池田浩太郎NICT/矢崎総業)・滝沢賢一李 還幇NICT)・木村恒人國立忠秀矢崎総業)・児島史秀NICTWBS2018-36 ITS2018-19 RCC2018-67
自動車内における超広帯域(UWB)無線システムを利用した高信頼・低遅延無線通信の実現に向けて, 車内に設置する端末局のア... [more] WBS2018-36 ITS2018-19 RCC2018-67
pp.53-54
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
17:20
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 [招待講演]UWB制度化と標準化の最新動向
李 還幇NICT)・小林岳彦東京電機大WBS2018-58 ITS2018-41 RCC2018-89
Ultra-Wideband (UWB)技術が短距離高速通信や高精度測距測位などにおいて優れる特長を有するため,学術研究... [more] WBS2018-58 ITS2018-41 RCC2018-89
pp.169-174
SR, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2018-10-31
13:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Development of an Indoor Positioning System using Ultra-Wideband and Kalman Filtering Post-Processing
Hashini MaldeniyaAttaphongse TaparugssanagornAIT
Indoor positioning considered as one of the research areas w... [more]
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
13:10
北海道 函館アリーナ 自動車内における超広帯域無線システム伝送実験
滝沢賢一李 還幇NICT)・木村恒人國立忠秀矢崎総業)・児島史秀NICTRCC2018-29
本稿では,超広帯域無線を利用した自動車内無線通信方式について,車両内の電波伝搬測定結果を用いた方式設計と電波暗室内におけ... [more] RCC2018-29
pp.25-30
OPE, EST, LQE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-01-18
16:00
三重 伊勢市観光文化会館 超広帯域マルチレーダによる位置速度情報の統合による歩行人体の運動推定
伊藤 薫阪大)・阪本卓也兵庫県立大PN2016-62 EMT2016-91 OPE2016-137 LQE2016-126 EST2016-101 MWP2016-75
従来の超広帯域レーダによる人体を対象とした研究の多くは,システムの複雑度やコストなどの理由により,単一のレーダのみによる... [more] PN2016-62 EMT2016-91 OPE2016-137 LQE2016-126 EST2016-101 MWP2016-75
pp.121-126
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-19
09:55
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) アレイアンテナの周波数依存性を利用したUWBシステムにおける狭帯域干渉のブラインド低減
菊田和孝廣瀬 明東大EMT2016-68
超広帯域 (UWB)システムの利用には、他の狭帯域通信により発生する狭帯域干渉 (NBI)の低減が必須である。これまで、... [more] EMT2016-68
pp.195-199
SAT, WBS
(併催)
2016-05-20
10:45
愛知 名古屋工業大学 マルチスタティック配置した超広帯域無線センサを用いた動体位置推定法の一検討
中村僚兵葉玉寿弥防衛大WBS2016-10
近年,人々の安全・安心な社会の実現への要求が高まっており,高齢者の見守りや侵入者検知などを目的として対象(動体)の距離や... [more] WBS2016-10
pp.53-58
MW 2014-12-18
10:50
東京 青山学院大 青山キャンパス 基板裏面開口による超広帯域平面アンテナの動作原理
塚本寛也矢加部利幸電通大)・李 可人NICTMW2014-152
近年,複数の周波数帯を用いる無線通信端末が多く,多バンドを包含する平面・小型広帯域アンテナが望まれている.超広帯域アンテ... [more] MW2014-152
pp.25-30
SANE 2014-10-23
11:20
海外 Ramada Plaza Melaka, Malacca, Malaysia Accurate two-dimensional imaging of a human body in motion using multiple ultra-wideband Doppler radar systems in a multipath environment
Hiroki YamazakiTakuya SakamotoToru SatoKyoto Univ.SANE2014-81
This paper presents a method of imaging a two-dimensional se... [more] SANE2014-81
pp.95-100
WBS 2013-10-31
14:30
鹿児島 屋久島環境文化村センター 周辺環境を考慮した人体近傍伝搬チャネルの周波数帯域幅依存性
広瀬 幸小林岳彦東京電機大WBS2013-24
Wireless body area networksを実現するためには,デバイスの設計や評価において人体近傍UWBマル... [more] WBS2013-24
pp.19-24
ITS, WBS
(併催)
2012-11-26
14:45
熊本 熊本大学 [ポスター講演]部屋体積を考慮した人体近傍UWBチャネルの統計的モデルとその検証
広瀬 幸小林岳彦東京電機大WBS2012-38
Wireless body area networksを実現するためには,デバイスの設計や評価において人体近傍UWBマル... [more] WBS2012-38
pp.9-14
WBS, ITS
(併催)
2008-12-11
16:45
東京 機械振興会館 [奨励講演]実測に基づくマイクロ波およびUWBチャネル推定技術
岩切直彦東京電機大WBS2008-50
無線システムの実現において,使用周波数帯の電波伝搬特性を反映させたチャネルモデルを用いたシステム設計が不可欠である.マイ... [more] WBS2008-50
pp.25-30
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-07
10:00
神奈川 YRP 狭帯域無線システムに対するIR/TR-UWBの干渉解析
清水結樹眞田幸俊慶大WBS2007-113
本研究では,パルス型UWBが既存狭帯域無線へおよぼす干渉の解析を行う.解析はインパルスUWBとTransmitted R... [more] WBS2007-113
pp.53-57
OFT 2006-05-11
16:20
福岡 九州大学 半導体光増幅器を多段接続させた非線形偏波回転スイッチによる超広帯域波長変換
松浦基晴來住直人三木哲也電通大OFT2006-7
光ファイバの低損失波長帯を有効活用し、1000 波を越える光信号を波長多重(WDM)伝送させる超広帯域光ネットワークでは... [more] OFT2006-7
pp.25-30
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会