お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2020-11-05
15:20
愛知 愛知工業大学 八草キャンパス ホーンを用いた超音波霧化におけるシュリーレン法による音場の観測
芳本拓也愛知工大)・畑中信一電通大)・佐藤正典本多電子)・小塚晃透愛知工大US2020-48
超音波霧化を行う際,超音波振動子にホーンを装着した状態で霧化を行うと,霧化の効率が良くなる.これは,ホーン内部で超音波が... [more] US2020-48
pp.29-33
US 2019-04-15
13:30
東京 電気通信大学 バブリング濃縮 ~ 霧化しない超音波分離の試み ~
佐藤正典本多電子)・小塚晃透愛知工大)・畑中信一電通大)・安井久一産総研US2019-1
霧化しない超音波分離として実施したエタノールのバブリング濃縮の試みを紹介する。濃縮メカニズムとしてバブル表面の表面過剰現... [more] US2019-1
pp.1-6
US 2018-10-04
10:00
宮城 東北大学 集束超音波による超音波霧化におけるキャピラリー波の高速度撮影解析
塚原健生益子大作吉澤 晋東北大US2018-49
集束超音波を液体中から気液界面に集束させると,焦点付近の水面が柱状に隆起し表面から微小な液滴が放出されることがある.この... [more] US2018-49
pp.1-6
US 2015-12-21
13:55
東京 日本大学理工学部 駿河台キャンパス 強力空中超音波を利用した非接触液体撹拌
浦上太一大隅 歩伊藤洋一日大US2015-75
本研究では,強力空中超音波(周波数20 kHz)を用いた液体の非接触撹拌について検討を行っており,容器内の少量の液体に対... [more] US2015-75
pp.7-12
US 2015-05-25
13:30
東京 機械振興会館 強力空中超音波音源によって非接触微粒化された液滴の粒径に関する検討
遠藤有紗淺見拓哉三浦 光日大US2015-9
液滴の微粒化は液体の成分分析を行う装置である質量分析器などで必要とされている.これまでの微粒化方法としては,熱で液体を微... [more] US2015-9
pp.1-5
US 2013-02-19
13:50
東京 機械振興会館 2枚の短冊形たわみ振動板を用いた空中超音波音源による液滴の非接触微粒化
柳本聖月三浦 光日大US2012-113
筆者らは液滴の新しい微粒化方法として,短冊形たわみ振動板型超音波音源を用いた空中超音波による非接触微粒化の検討を行ってい... [more] US2012-113
pp.13-18
US 2011-09-27
09:00
宮城 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 微小振動空隙を用いた超音波霧化法
井砂亮一徳光賢大小山大介中村健太郎東工大US2011-53
超音波霧化現象の粒径は使用する超音波の周波数に依存し,MHz帯の周波数を用いることで数$\muup$mの粒径を実現できる... [more] US2011-53
pp.37-42
US 2007-10-26
13:50
東京 明治大学(秋葉原) 超音波霧化時における発光と化学反応性
原田久志加藤 尚明星大US2007-70
水溶液に超音波照射した場合に起こる発光現象については、超音波キャビテーションの性質との関係から研究されている。この発光現... [more] US2007-70
pp.27-29
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会