お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 認知症患者ケアのためのウェアラブル触覚センサの開発
平松知樹井上大路倉爪 亮九大
本研究では,認知症患者に対する「優しい介護」として注目されている「ユマニチュード」に対し,主要な4つのスキル(見つめる,... [more]
PRMU 2014-10-10
15:20
千葉 幕張メッセ国際会議場 [特別講演]超人スポーツ
稲見昌彦慶大PRMU2014-63
スポーツは,古来人間の身体の可能性を自由に遊び探る場として,また自らの限界に挑戦するとと... [more] PRMU2014-63
p.49
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2012-06-27
15:50
東京 東京大学山上会館 力覚を伴うウェアラブルARシステム
村上和也木山 亮井村 純鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2012-27
拡張現実感(AR) の研究分野においてはバーチャル物体を重畳するだけでなく,重畳したバーチャル物体とのインタラクションを... [more] MVE2012-27
pp.119-124
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2010-07-15
15:20
茨城 筑波大学 ORGA:加速度センサを利用したマーカレスARによるセンサ情報可視化システム
唐津 豊中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大USN2010-13
本研究では身の回りの物体に取り付けられた無線センサノードの情報を,マーカレスなAR 技術を用いて実空間上に投影するセンサ... [more] USN2010-13
pp.79-84
MVE 2007-10-05
10:50
北海道 旭川市科学館「サイパル」 不可視マーカを用いた位置・姿勢推定システムの構築および評価
中里祐介神原誠之横矢直和奈良先端大MVE2007-50
ウェアラブルコンピュータを用いた拡張現実感(AR)ではユーザの位置・姿勢を正確に計測する必要がある.そこで我々は再帰性反... [more] MVE2007-50
pp.73-78
MVE 2007-10-05
11:15
北海道 旭川市科学館「サイパル」 ウェアラブルARのための対象の位置・形状を考慮した移動体への注釈のビューマネージメント
牧田孝嗣神原誠之横矢直和奈良先端大MVE2007-51
ウェアラブル拡張現実感(AR)を用いて注釈を提示する場合,合成画像上における描画方法の工夫(ビューマネージメント)を行う... [more] MVE2007-51
pp.79-84
MVE 2006-09-13
14:00
北海道 北海道大学 ウェアラブルARのためのハイブリッドP2Pを用いたユーザへの注釈付け
牧田孝嗣神原誠之横矢直和奈良先端大
近年,拡張現実感(AR)をウェアラブルコンピュータで実現することで,場所に応じた情報をユーザに直感的に提供するウェアラブ... [more] MVE2006-58
pp.91-96
MoNA 2006-07-14
13:00
大阪 関西大学千里山キャンパス・関西大学100年会館 [招待講演]モバイルコミュニケーションメディア: 現在と未来
栄藤 稔堀越 力高畑 実福本雅朗NTTドコモMoMuC2006-26
ブロードバンドモバイル網の進化,携帯端末の汎用プラットフォーム化・パーソ
ナルゲートウェイ化,パーソナルエリアネットワ... [more]
MoMuC2006-26
pp.1-6
PRMU, HIP
(共催)
2006-01-19
14:30
大阪 阪大 [特別講演]ウェアラブルビジュアルインタフェースのためのコンピュータビジョン
蔵田武志産総研/筑波大)・ウォルテリオ マヨールブリストル大
筆者らは,視覚センサや視覚ディスプレイを用いて実世界や仮想世界,または遠隔地の人との直感的で円滑な対話を実現する装着型イ... [more] PRMU2005-144 HIP2005-114
pp.43-50
PRMU, HIP
(共催)
2006-01-19
15:00
大阪 阪大 [特別講演]ネットワークメディアとしての複合現実感
横矢直和奈良先端大
近年、現実世界と仮想世界を融合した情報提示技術として複合現実感が注目されている。また一方では、いつでもどこでもネットワー... [more] PRMU2005-145 HIP2005-115
pp.51-58
PRMU, TL
(共催)
2005-03-18
14:30
秋田 秋田大学 ウェアラブル拡張現実感のための現実環境の三次元モデルを利用した情報提示
天目隆平神原誠之横矢直和奈良先端大
仮想環境と現実環境の融合を行う拡張現実感をウェアラブルコンピュータ上で実現することにより,ユーザの位置や姿勢に応じた注釈... [more] TL2004-89 PRMU2004-257
pp.151-156
PRMU 2005-01-20
15:45
京都 京都大学 RTK‐GPSと慣性航法装置を併用したハイブリッドセンサによる屋外型拡張現実感
神原誠之横矢直和奈良先端大
計算機の小型化・高性能化により、実環境のシーンにCGを重畳表示することで、現実環境へ情報を付加する拡張現実感を小型計算機... [more] PRMU2004-160
pp.37-42
PRMU 2004-12-17
09:30
大分 湯布院公民館 不可視マーカを用いたウェアラブルARシステムの実環境における実証実験
中里祐介神原誠之横矢直和奈良先端大
ウェアラブルコンピュータを用いた拡張現実感(Augmented Reality:AR) ではユーザの位置・姿勢を正確に計... [more] PRMU2004-135
pp.7-12
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会