お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2023-01-27
09:20
岡山 WASHU BLUE RESORT 風籠かさご
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
脳波の特徴抽出に基づく手の握り運動の識別
庄司怜雄王 建青名工大EMCJ2022-73
脳波に基づくウェアラブルロボットの制御は,腕を欠損した患者の筋電義手の使用だけでなく,欠損がない人の身体機能拡張にも期待... [more] EMCJ2022-73
pp.6-11
MICT, WBS
(共催)
2022-07-25
15:50
岡山 岡山県立大学 [依頼講演]超過密環境に適応可能なミリ波帯WBAN
亀田 卓広島大)・秋元浩平秋田県立大)・末松憲治東北大WBS2022-33 MICT2022-33
医療機器や音響機器などでの利用拡大が見込まれるWBAN(wireless body area network)では,混雑... [more] WBS2022-33 MICT2022-33
pp.94-98
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 周辺環境を含むライフログ収集をめざした装着型MoCapシステムの提案
三浦哲平酒向慎司名工大
本論文では,ライフログとして周辺環境の情報を画像として含んだ個人の身体動作を計測する装着型モーションキャプチャシステムを... [more]
RCS 2020-10-23
15:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]超過密環境に適応可能なミリ波帯WBAN
亀田 卓東北大)・秋元浩平秋田県立大)・横内汰地本良瑞樹末松憲治東北大RCS2020-109
ミリ波帯を用いた WBAN(wireless body area network)は人体遮蔽による減衰が大きいため,混雑... [more] RCS2020-109
p.92
SRW 2020-01-14
13:00
神奈川 東芝(川崎) [招待講演]Massive Connect IoTを志向したミリ波帯WBAN
亀田 卓東北大)・秋元浩平秋田県立大)・横内汰地本良瑞樹末松憲治東北大SRW2019-54
ミリ波帯を用いた WBAN(wireless body area network)は人体による干渉波の減衰が大きいため ... [more] SRW2019-54
p.19
CQ 2019-08-27
15:20
北海道 函館アリーナ [依頼講演]高信頼ミリ波帯WBAN: 混雑環境における干渉ユーザ数の評価
亀田 卓東北大)・秋元浩平秋田県立大)・横内汰地本良瑞樹末松憲治東北大CQ2019-70
ミリ波帯を用いた WBAN(wireless body area network)は人体による干渉波の減衰が大きいため ... [more] CQ2019-70
pp.67-72
AP, MW
(併催)
2018-09-21
09:55
東京 東京工業大学 混雑環境におけるミリ波帯WBANの通信路容量の評価
横内汰地秋元浩平本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大MW2018-63
無線BAN(wireless body area network: WBAN)は人体領域でウェアラブルデバイスやインプラ... [more] MW2018-63
pp.23-28
MICT 2018-01-26
10:30
大阪 国立循環器病研究センター [奨励講演]医療・ヘルスケアBANにおけるダイバーシチ送受信方式とアンテナ設計に関する研究
清水悠斗NICT)・安在大祐名工大)・長岡智明渡辺聡一NICT)・王 建青名工大MICT2017-45
BAN(Body Area Networks)はその使用用途によりインプラントBANとウェアラブルBAN の2つに分類さ... [more] MICT2017-45
pp.21-26
WIT 2014-03-08
14:55
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス 視覚障害者のセーフ・モバイル・アクセスを実現する腕時計型点字ディスプレイの開発
南谷和範大学入試センターWIT2013-89
視覚障害者のための
時と場所を問わない情報
受信手段が望まれる.
既存の音声出力UIでは不可能なこれらのニーズを満... [more]
WIT2013-89
pp.121-126
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2013-06-26
10:50
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 身体的な癖を利用した入力インタフェースの基礎検討
長尾淳史櫻井 翔大原寛司鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2013-15
本研究では,身体動作の癖に入力動作を紛れ込ませることで他者に気付かれることなくコンピュータを操作する入力手法の提案を行う... [more] MVE2013-15
pp.61-66
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2013-05-31
11:10
沖縄 沖縄産業支援センター 協調学習者間の話者交替と精神作業負荷の時空間データマイニング
大山勝徳金子正人武内 惇日大HCS2013-19 HIP2013-19
協調学習者間の深刻な状況(例えば,行き詰まりによる長い停滞)は,全てが共同作業や議論の最中に協調学習者や監督者によってす... [more] HCS2013-19 HIP2013-19
pp.129-134
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
15:50
福岡 福岡工業大学 看護師向け指さし呼称確認システムの試作
浦島 智中村正樹鳥山朋二富山県立大)・大島淳一中川美都子野村忠雄高志リハビリ病院IMQ2012-66 IE2012-170 MVE2012-127 WIT2012-76
病院における薬液取り違え等の医療事故の大きな割合をヒューマンエラーが占めており,防止のため様々な対策が行われている.看護... [more] IMQ2012-66 IE2012-170 MVE2012-127 WIT2012-76
pp.181-186
HIP 2011-07-23
10:55
富山 富山国際会議場 聴覚刺激によるP300を用いたウェアラブルブレインコンピュータインタフェースの試作
前田一也唐山英明富山県立大HIP2011-28
本研究は,従来のBCIの欠点であったユーザの身体拘束の緩和のため,携行性を持たせたウェアラブルブレインコンピュータインタ... [more] HIP2011-28
pp.5-10
MVE 2010-10-21
14:55
北海道 とかちプラザ(帯広) Mobile ERのための隊員視点カメラと救急車内PTZカメラを併用した伝送映像の生成
山崎純一神原誠之横矢直和奈良先端大MVE2010-57
救急医療において救急隊は,受け入れ先病院の治療事前準備や医師の判断を受けながらの的確な病院前処置を行うために,
傷病者... [more]
MVE2010-57
pp.25-30
PRMU, SP, WIT
(共催)
2010-10-08
15:20
千葉 幕張メッセ(CEATEC会場) 安全見守りシステムにおけるプライバシー保護手法
厚田和也浜中雅俊李 昇姫筑波大PRMU2010-95 SP2010-51 WIT2010-39
我々はこれまで,自己の経験や状況を伝えることが難しい就学前児童や高齢者にウェアラブルデバイスを装着し,デバイスに録音され... [more] PRMU2010-95 SP2010-51 WIT2010-39
pp.37-40
PRMU, IE, MI
(共催)
2010-05-13
13:00
愛知 中部大 [特別講演]"First Person Vision"への挑戦
亀田能成筑波大)・藤吉弘亘中部大)・羽下哲司三菱電機)・山口晃一郎豊田中研)・中村裕一京大IE2010-19 PRMU2010-7 MI2010-7
近年,カメラセンサを人の頭部等に装着し、その人の行動意図を認識しより精密に行動支援を実現しようとする取り組みが、人間中心... [more] IE2010-19 PRMU2010-7 MI2010-7
pp.37-38
HIP, HCS, MVE, WIT
(共催)
(第二種研究会)
2009-12-10
- 2009-12-12
北海道 札幌コンベンションセンター ウェアラブルナビゲーションシステムのための指さし動作からの目的地候補推定
中久保佳幸奈良先端大)・佐々木博史神戸大)・浦西友樹眞鍋佳嗣千原國宏奈良先端大
本研究では,カメラを備えたウェアラブルコンピュータによるナビゲーションシステムにおいて,指さしによって目的地の自動推定と... [more]
IA, SITE
(共催)
2009-03-05
16:00
熊本 阿蘇山(熊本県) 仮想化技術と移動透過通信を用いたウェアラブルデバイス支援システム
渡邉英伸大東俊博近堂 徹西村浩二相原玲二広島大SITE2008-65 IA2008-88
デバイスを身に着け利用するウェアラブルコンピューティングが広まりつつある.身につけるデバイスをウェアラブルデバイスと呼び... [more] SITE2008-65 IA2008-88
pp.125-130
MVE 2007-10-05
10:50
北海道 旭川市科学館「サイパル」 不可視マーカを用いた位置・姿勢推定システムの構築および評価
中里祐介神原誠之横矢直和奈良先端大MVE2007-50
ウェアラブルコンピュータを用いた拡張現実感(AR)ではユーザの位置・姿勢を正確に計測する必要がある.そこで我々は再帰性反... [more] MVE2007-50
pp.73-78
ICD, ITE-IST
(共催)
2007-07-27
14:15
兵庫 神戸大学瀧川記念学術交流会館 ウェアラブルコンピュータ向けの導電性衣服上の電力重畳通信回路
秋田純一村上知倫金沢大)・戸田真志公立はこだて未来大ICD2007-64
近年のVLSI技術の進歩に伴うコンピュータシステム・ネットワークシステムの進歩により、我々が多くの電子機器を常時身につけ... [more] ICD2007-64
pp.159-164
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会