お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2022-07-22
10:50
岡山 岡山理科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A study on deep learning-based cyber attack detection
Ruei-Fong HongQiangfu ZhaoUoA)・Shih-Cheng HorngCYUTIT2022-22
 [more] IT2022-22
pp.36-41
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-20
10:15
ONLINE オンライン開催 超音波による誘発脳波を用いた個人識別 ~ 特徴融合における関連性の検討 ~
石川裕太向井宏太朗・○中西 功鳥取大ISEC2022-18 SITE2022-22 BioX2022-43 HWS2022-18 ICSS2022-26 EMM2022-26
人に超音波を提示し,それにより誘発される脳波を用いて個人を識別する研究を行っている.
多数の電極で同時に測定される脳波... [more]
ISEC2022-18 SITE2022-22 BioX2022-43 HWS2022-18 ICSS2022-26 EMM2022-26
pp.59-63
TL 2021-09-18
16:05
ONLINE オンライン開催 [基調講演]説明可能な人間としてのニューラルネットワーク ~ 対照研究の新手法 ~
村脇有吾京大TL2021-16
本講演では、説明可能なAI (XAI) の分野で開発されている諸技術が計算人間科学に応用可能であることを主張する。XAI... [more] TL2021-16
pp.23-27
PRMU 2019-12-20
10:30
大分 大分大学 識別器の識別問題に関する基礎検討と応用に関する研究
阿部理也東大/NII)・佐藤真一NIIPRMU2019-56
識別器の識別問題とは,
2つの識別器が等価であるか,あるいは異なるかを
識別する問題である.
本研究では,この問題... [more]
PRMU2019-56
pp.61-67
SANE 2018-10-12
13:30
東京 電気通信大学 Automatic Target Recognition based on Generative Adversarial Networks for Synthetic Aperture Radar Images
Yang-Lang ChangBo-Yao Chen・○Chih-Yuan ChuSina HadipourNTUT)・Hirokazu KobayashiOITSANE2018-51
Synthetic Aperture Radar (SAR) is an all day and all weather... [more] SANE2018-51
pp.41-44
TL 2017-07-22
15:30
東京 国立国語研究所 L2ers' acquisition of unique-to-L2 constructions through implicit learning
Panpan YaoQueen Mary Univ. of LondonTL2017-18
 [more] TL2017-18
pp.25-30
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]Restricted Boltzmann Machineを用いた画像分類のための特徴抽出
須田玲輝竹田晃人茨城大IBISML2014-36
高次元データに対するRestcited Boltzmann Machine(RBM)の最尤推定による学習は計算困難性とい... [more] IBISML2014-36
pp.9-15
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-09-05
11:30
北海道 はこだて未来大学 一般損失最小化に基づくカーネル識別器の学習
石井雅人佐藤 敦NECPRMU2011-61 IBISML2011-20
本稿では、カーネル識別器の新しい学習手法を提案する。まず、任意の損失や事前確率を扱えるように、ベイズ決定理論に基づいた一... [more] PRMU2011-61 IBISML2011-20
pp.23-30
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2011-02-22
10:20
北海道 北海道大学 複数種類の識別器を用いた電子レセプトデータからの傷病名推定に関する検討
池田啓典畠山泰貴小川貴弘長谷山美紀北大ITS2010-53 IE2010-128
本文では,電子レセプトデータに記載されている診療情報から医療資源を最も投入した傷病名を推定する手法について提案する.提案... [more] ITS2010-53 IE2010-128
pp.171-174
TL 2010-08-05
15:35
東京 機械振興会館 助数詞による可算・不可算区別は文法処理か
加根魯絢子今井むつみ慶大)・岡田浩之玉川大TL2010-15
本研究では,助数詞によって可算名詞・不可算名詞が文法的に区別されているという議論に着目し(Chen & Sybesma,... [more] TL2010-15
pp.25-30
PRMU, IE, MI
(共催)
2010-05-14
14:45
愛知 中部大 医療分野に特化した概念ベースによるDPCコーディング
内山俊郎NTT)・岡本和也竹村匡正京大医学部附属病院)・足立貴行NTT)・粂 直人黒田知宏京大医学部附属病院)・内山 匡NTT)・吉原博幸京大医学部附属病院IE2010-42 PRMU2010-30 MI2010-30
本研究の目的は,機械学習を活用し,医療情報から高い精度でDPCコーディングを
行うことである.我々は,ナイーブベイズ... [more]
IE2010-42 PRMU2010-30 MI2010-30
pp.157-162
PRMU 2010-02-19
14:45
東京 東京農工大 車載カメラ映像からの学習サンプルの自動収集による標識検出器の高精度化に関する検討
出口大輔道満恵介井手一郎村瀬 洋名大PRMU2009-230
本稿では,車載カメラ映像から多様な標識画像を自動収集し,高精度な標識検出器を構築する手法を提案する.遠く離れた位置の標識... [more] PRMU2009-230
pp.135-140
PRMU 2008-12-19
10:00
熊本 熊本大 色変動を考慮した生成型学習法を用いたカスケード型標識検出器
道満恵介出口大輔名大)・高橋友和岐阜聖徳学園大)・目加田慶人中京大)・井手一郎村瀬 洋名大PRMU2008-170
自動車の安全運転支援を目的とした道路標識検出においては,高速性や環境変化に対するロバスト性が求められる.
それらの条件... [more]
PRMU2008-170
pp.135-140
KBSE 2008-03-10
15:00
東京 機械振興会館 地下三階2号室 分類問題における属性間依存性の再構築とその解釈 ~ ベイジアンネットワーククラシファイアによる実験報告 ~
植野 研北原洋一ポール トポン クマル折原良平東芝KBSE2007-59
近年,属性間の依存性を考慮した分類モデルとして,ベイジアンネットワーククラシファイア(BNC)の研究が盛んになっている.... [more] KBSE2007-59
pp.31-36
NLP 2007-01-18
09:55
香川 香川県高松市 サンポートホール高松 複数の相関カーネルと感性情報を用いたカーネル法によるテクスチャ画像の識別
堀川 洋香川大)・大西裕次郎両備システムズ
カーネル主成分分析(kPCA)とカーネル正準相関分析(kCCA)における相関カーネルの組合せ方法について調べた.3種類の... [more] NLP2006-127
pp.5-10
PRMU, MI
(共催)
2005-05-19
15:30
愛知 名工大,名大医学部 眼底画像からの糖尿病網膜症病変部の検出方式
永吉洋登平松義崇影広達彦日立)・水野康生日間賀充寿日立オムロンターミナルソリューションズ)・酒匂 裕日立)・佐藤伸平福嶋はるみ加藤 聡東大
近年,健康診断受診者の増加に伴い,読影が必要な眼底画像数は増加傾向にある。読影医の負担を軽減するには,CAD(Compu... [more] PRMU2005-11 MI2005-11
pp.61-66
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会