お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 281件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-02
13:20
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
TEEのTrust/Untrust領域の併用による資源利用効率を考慮したRDBMSの機密データ保護機構の提案
吉村仁志妙中雄三門林雄基奈良先端大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-19
10:10
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ダイナミックグルーピング型STEAM教育に関する研究
小島亜耶木村秀明中部大EMT2022-9 MW2022-33 OPE2022-12 EST2022-10 MWPTHz2022-7
近年,計算機性能の加速度的進展によりサイバーフィジカルシステム(CPS),ディジタルツインコンピューティング(DTC)等... [more] EMT2022-9 MW2022-33 OPE2022-12 EST2022-10 MWPTHz2022-7
pp.9-12
CS 2022-07-15
11:15
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
効率的な計算リソース運用を実現するネットワーク内分散処理の性能評価
村山知輝・○金井謙治早大)・金光永煥東京工科大)・甲藤二郎中里秀則津田俊隆早大CS2022-33
本稿では,クラウドネイティブなIoTサービス構築システムに効率的な計算資源運用可能な仕組みを実装し,効率的な計算資源運用... [more] CS2022-33
pp.89-94
MI 2022-07-09
13:30
北海道 小樽商工会議所・小樽経済センターホール(4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別講演]情報通信が支える医療の発展 ~ 北海道の遠隔医療からクラウドそしてAI ~
上杉正人北海道情報大MI2022-45
北海道は広大な土地に医療機関が点在し,医療の地方格差を解消するために遠隔医療が普及してきた.特にINS net64などデ... [more] MI2022-45
pp.50-52
IN, RCS, NV
(併催)
2022-05-26
13:45
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]Beyond 5Gに向けた実証実験フィールドの展開
中里 仁朽津光広益子 宗RM)・徳川奎史久保田啓一阪口 啓東工大IN2022-5 RCS2022-17
本格的な商用サービス開始が始まった5Gでは,ミリ波帯やMassive MIMO等の先端技術が導入され, これまでよりもさ... [more] IN2022-5 RCS2022-17
pp.20-25
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2022-05-20
13:25
長野 長野ターミナル会館+サブ会場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラウドの可用性向上に向けた環境構築自動化手法の提案
西田寿雄日立ICM2022-7
ビジネス変化に柔軟かつ迅速に対応し,競争優位性を高めるデジタルトランスフォーメーションが注目されている.これに伴い,業務... [more] ICM2022-7
pp.30-35
NS 2022-04-15
13:00
東京 機械振興会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ハンドオーバ時のクラウドオフローディング処理遅延低減方法
杉園幸司宮本克真加納浩輝河野伸也NTTNS2022-4
モバイルサービスにおいてクラウド内サーバの豊富なリソースを利用して高負荷処理を実行するクラウ
ドオフローディングで低遅... [more]
NS2022-4
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:40
ONLINE オンライン開催 クラウドネイティブ環境を想定したVNF/CNF間機能移行スケジューリングにおけるエンコーダ-デコーダ型RNNの適用可能性についての一検討
平山孝弘地引昌弘宮澤高也ベド カフレNICTIN2021-35
第5世代(5G)およびBeyond 5G(B5G)モバイル通信ネットワークでは、大容量、高信頼性、低遅延、低消費電力など... [more] IN2021-35
pp.25-30
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-10
14:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) [招待講演]エッジとクラウドの連携による8K超高精細映像処理システムの実現
丸山 充瀬林克啓神奈川工科大)・君山博之大同大)・青木弘太ミハル通信)・小島一成近畿大)・漆谷重雄栗本 崇NII)・河合栄治大槻英樹NICT)・小林和真NICT/IPAIMQ2021-30 CQ2021-121 IE2021-92 MVE2021-59
NICT(情報通信研究機構)のテストベッドJGNおよびNII(国立情報学研究所)が構築・運用する学術情報ネットワークSI... [more] IMQ2021-30 CQ2021-121 IE2021-92 MVE2021-59
pp.108-113(IMQ), pp.118-123(CQ), pp.108-113(IE), pp.108-113(MVE)
EMM 2022-03-08
11:50
ONLINE 長崎大学 文教スカイホール
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
入出力信号の秘匿化に対応したガウス過程回帰のRUT演算
仲地孝之琉球大)・オウ イトNTTEMM2021-115
本稿では、ランダムユニタリ変換(RUT: Random Unitary Transform)に基づき生成された秘匿データ... [more] EMM2021-115
pp.124-129
ET 2022-03-04
11:00
ONLINE オンライン開催 JupyterLab上での実行ログのリアルタイム取得と学習状況の可視化
鈴木優介林 子易井関文一村上洋一東京情報大ET2021-60
近年,対話型開発環境を用いた学習教材が注目されており,また教育方法の改善のためにその実行ログの蓄積及び解析が取り組まれて... [more] ET2021-60
pp.54-58
ICM 2022-03-03
09:25
ONLINE オンライン開催 既存ジョブスケジューラ製品向けのインターネット越しジョブ実行通信方式の検討
水野 潤松井 章中村 聡日立ICM2021-43
「クラウド・バイ・デフォルト原則」の政府方針から顧客オンプレミス環境で動作するジョブスケジューラのクラウド対応が求められ... [more] ICM2021-43
pp.6-11
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
12:40
ONLINE オンライン開催 Beyond 5Gエッジクラウドにおける分散マイクロサービスに関する研究
中里 仁朽津光広南里将彦益子 宗楽天モバイル)・徳川奎史久保田啓一丸田一輝阪口 啓東工大RCS2021-263
本格的な商用サービス開始が始まった5Gでは,ミリ波帯やMassive MIMO等の先端技術が導入され, これまでよりもさ... [more] RCS2021-263
pp.62-67
R 2021-11-30
13:00
ONLINE オンライン開催 A Note on Performance Evaluation of Cloud Datacenters using CPU Utilization Data
Chen LiKyutech)・Junjun ZhengRitsumeikan Univ.)・Hiroyuki OkamuraTadashi DohiHiroshima Univ.R2021-34
クラウドコンピューティング及び関連する仮想化は、コンピューターシステム設計において最も重要なアーキテクチャとなっている.... [more] R2021-34
pp.1-6
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-25
11:30
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
宇宙‐地上間の高速光通信に必要な雲回避型ネットワーク ~ 宇宙光直接通信技術 ~
向井達也JAXA)・高山佳久東海大)・尾上孝史TSOLNS2021-86
宇宙機関は, 大容量データを 宇宙から地上へ効率よく伝送するために, これまで 電波技術 を 使用 してきたが, より高... [more] NS2021-86
pp.13-17
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
10:05
ONLINE オンライン開催 Load balancing method using reinforcement learning between edge and cloud
Hiroki KobariZhaoyang DuCelimuge WuTsutomu YoshinagaUECCQ2021-38
 [more] CQ2021-38
pp.6-10
IA 2021-09-08
13:25
ONLINE オンライン開催 LiDARと多種機械学習を活用した除雪車周辺危険感知システムの開発と評価
大町航平山本 寛立命館大)・北辻佳憲KDDI総合研究所IA2021-20
豪雪地帯において、除雪車による除雪作業は、地域住民の交通手段の確保など重要な役割を果たしている。しかし、除雪作業中に除雪... [more] IA2021-20
pp.36-41
SRW 2021-08-24
12:50
ONLINE オンライン開催 [パネル討論]サイバーフィジカルシステム実現に向けた 電波伝搬シミュレーションのための伝搬環境計測とモデリング研究
齋藤健太郎高田潤一東工大SRW2021-18
近年の高速・大容量計算システムの普及に伴い,センサー等を用いて収集した実世界の情報を仮想空間上で再現し,システムの制御・... [more] SRW2021-18
p.15
EA, ASJ-H
(共催)
2021-07-16
09:55
ONLINE オンライン開催 SuperColliderの様々な活用について ~ 個人的実践から ~
森本洋太cotonEA2021-13
主にコンピュータ音楽の制作ツールとして知られるSuperColliderであるが、筆者は創作のみならず企業や研究機関との... [more] EA2021-13
pp.61-65
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2021-06-24
13:45
ONLINE オンライン開催 プライバシー保護を考慮したガウス過程回帰の秘匿演算 ~ 秘匿データからパターンや法則性を見つける ~
仲地孝之琉球大)・オウ イトNTTSIS2021-8
本稿では、ランダムユニタリ変換に基づき生成された秘匿データに対するガウス過程回帰(GPR:Gaussian Proces... [more] SIS2021-8
pp.43-48
 281件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会