お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1308件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, MICT
(共催)
WBS, RCC
(共催)
(併催) [詳細]
2024-05-17
09:15
宮崎 KITENコンベンションホール(宮崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
連接変形擬直交M系列対を用いる可視光符号シフトキーイングのためのDLLのジッタ性能
馬場徳斗小澤祐介羽渕裕真茨城大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CCS 2024-03-27
14:50
北海道 北海道 ルスツリゾートホテル&コンベンション 電気光遅延システムを用いた深層学習における拡張DFA法のための非線形関数の複雑性への依存性
永塚悠翔野上 倫埼玉大)・新山友暁砂田 哲金沢大)・内田淳史菅野円隆埼玉大CCS2023-46
深層学習におけるエネルギーコストの増加に伴い,高速かつ高効率な光深層学習ハードウェアの提案がなされている.この手法の課題... [more] CCS2023-46
pp.42-47
ICM 2024-03-21
11:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]次世代DXアプリケーションに向けたIPパケットレベルの通信遅延制御技術
沢辺亜南篠原悠介高橋英士岩井孝法NECICM2023-50
建築現場の自動化施工や自動運転車をはじめとする次世代の産業DXアプリケーションはリアルタイム性を有するため,通信遅延に対... [more] ICM2023-50
pp.29-34
CAS, CS
(共催)
2024-03-14
10:50
沖縄 大濱信泉記念館 広間隔マイクロホン対による音源定位の群遅延リプル低減法
阿瀬駿佑堀 智也陶山健仁東京電機大CAS2023-114 CS2023-107
高空間解像度音源定位手法としてGRODMICが提案されている.本手法の本質的な課題はマイクロホン間の伝搬遅延特性に対応す... [more] CAS2023-114 CS2023-107
pp.17-22
PN 2024-03-14
15:25
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別招待講演]光ネットワークの未来を目指して ~ PNと歩んだ20年と慶應未来光ネットワークオープン研究センター ~
山中直明慶大PN2023-75
 [more] PN2023-75
pp.32-36
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
09:00
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
非対称遅延環境におけるQUIC通信用輻輳制御技術の基礎性能評価
川崎 耀伊深和雄村上 誉松村 武NICTRCS2023-269
QUICはトランスポート層の効率化を狙ってUDP (user datagram protocol)を改良した方式であり,... [more] RCS2023-269
pp.89-94
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
105 GHz帯における個人デスクトップ環境下での遅延プロファイル特性評価
前田将希香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-60
本研究では,次世代移動通信システムのサブテラヘルツ波通信の実用化に向け,個人デスクトップ環境下での105 GHz帯通信の... [more] SRW2023-60
pp.72-77
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
10:55
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
105 GHz室内近接高速通信に向けた会議室デスクトップ環境における遅延プロファイル特性評価
橋本深広香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-61
本稿では,会議室デスクトップ環境における105 GHz帯域での電波伝搬チャネル測定を実施した結果について報告し,同環境で... [more] SRW2023-61
pp.78-83
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
11:20
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テラヘルツ帯におけるアンテナ回転によって測定された電力遅延プロファイル時刻補正手法
遠藤浩明・○香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-62
近年,広い帯域を利用することができるサブテラヘルツ波無線通信が注目されている.サブテラヘル ツ波無線通信では指向性アンテ... [more] SRW2023-62
pp.84-89
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-03-01
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マイクロホン数を削減したビームフォーミングが音空間合成に与える要因
大屋敷凌佑渡邉貫治西口正之安倍幸治秋田県立大EA2023-122 SIP2023-169 SP2023-104
ある音空間を別の空間に再現するシステムの実現を目指し,研究を行っている.これまで,ビームフォーミング(BF)を用いたシス... [more] EA2023-122 SIP2023-169 SP2023-104
pp.352-359
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-03-01
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
動的な音源の方位及び帯域が再生音の遅延の検知限に与える影響
齋藤優季西口正之渡邉貫治安倍幸治秋田県立大EA2023-123 SIP2023-170 SP2023-105
近年,VRやARの普及に伴い,臨場感の高い3D音響空間を再現する技術が求められている.高い臨場 感を得るために,必要かつ... [more] EA2023-123 SIP2023-170 SP2023-105
pp.360-367
NS, IN
(併催)
2024-03-01
15:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター C-V2Xサイドリンク通信における伝送遅延ジッタ特性の理論解析
眞田耕輔羽多野裕之森 香津夫三重大NS2023-226
高度道路交通システムにおける主要技術の1つであるC-V2X (Cellular-Vehicle to Everythin... [more] NS2023-226
pp.317-322
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2024-02-20
15:45
北海道 北海道大学 緊急自動ブレーキシステムの普及のシナリオにおける事故削減効果について
千葉雅弘長谷川孝明埼玉大ITS2023-77 IE2023-66
本稿では,緊急自動ブレーキ(Autonomous Emergency Braking: AEB)システムをマイクロスコピ... [more] ITS2023-77 IE2023-66
pp.169-176
UWT
(第二種研究会)
2024-01-29
13:00
東京 東海大学 品川キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
簡易な浅海チャネルモデルによる二重選択性水中音響伝搬環境評価
國松彩乃下村崇碩橋本宏一藤田太一久保博嗣立命館大
本報告では,浅海での水平方向運用を想定した簡易なチャネルモデルをもとに,水中音響伝搬環境の厳しい二重選択性に関するチャネ... [more]
SR 2024-01-25
10:30
長野 JA長野県ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
日本とドイツ環境におけるローカル5Gシステム用チャネルモデル測定法の検証
芝 隆司古市朋之東北大)・Gustavo CainelliBodo GambalIFAK)・Sven MüllerNils KranefeldGiuliano PersicoDEMAG)・Lisa UnderbergIFAK)・末松憲治東北大SR2023-69
我々は,特殊な送信信号変調を必要としない,ローカル5G環境のPower Delay Profile, PDP(MIMO用... [more] SR2023-69
pp.1-8
SR 2024-01-26
13:10
長野 JA長野県ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ローカル5Gにおける上り通信遅延特性評価 ~ 遅延の特徴と実装依存性 ~
雨海明博大堀文子板谷聡子松村 武NICTSR2023-83
ローカル5Gは製造分野からの期待も高く,各種評価実験が進められていると同時に,実稼働ラインへの導入も始まっている.しかし... [more] SR2023-83
pp.54-61
MBE, NLP, MICT
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2024-01-25
17:30
徳島 鳴門教育大学 完全k部グラフ構造を持つ遅延結合発振器ネットワークに生じる部分振動停止現象の安定性解析
河野竜弥茨城大)・杉谷栄規阪公立大NLP2023-120 MICT2023-75 MBE2023-66
本報告では,時間遅延結合された完全 k 部グラフ構造を持つ発振器ネットワークに生じる部分振動停止現象の安定性解析を行う.... [more] NLP2023-120 MICT2023-75 MBE2023-66
pp.170-173
SIP, IT, RCS
(共催)
2024-01-18
10:55
宮城 東北大学 青葉記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
帯域内全二重通信のための適応差動遅延を用いたブラインド自己干渉除去の繰り返し検出に関する一検討
西川幸市衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大IT2023-33 SIP2023-66 RCS2023-208
帯域内全二重通信の実現には自己干渉 (SI: Self-Interference) 信号の除去が必要不可欠である.SI除... [more] IT2023-33 SIP2023-66 RCS2023-208
pp.19-24
SIP, IT, RCS
(共催)
2024-01-19
14:30
宮城 東北大学 青葉記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Gabor分割スペクトル拡散方式によるパルスレーダにおける遅延・ドップラー推定の高精細化
實松 豊東工大IT2023-68 SIP2023-101 RCS2023-243
Gabor分割スペクトル拡散方式は,通信路における遅延とドップラー周波数を推定することのできる通信方式であり,レーダとし... [more] IT2023-68 SIP2023-101 RCS2023-243
pp.205-210
OCS, CS
(併催)
2024-01-12
11:40
鹿児島 鹿児島市勤労者交流センター 無線環境悪化に伴う画像転送遅延の評価と補償方式の検討
氏川裕隆岡本優花島田達也吉田智暁NTTCS2023-100
大容量無線通信システムを利用した際においても,無線環境が悪化すると,理想的な無線環境下に比べて実効スループットが著しく低... [more] CS2023-100
pp.29-34
 1308件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会