お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, PN, NS
(併催)
2022-06-10
10:30
ONLINE オンライン開催 MAP-Elites アルゴリズムを用いた予測困難なトラヒック変動への適応性を有する仮想ネットワーク埋め込み手法
大月天渡小南大智大歳達也下西英之村田正幸阪大NS2022-24
ネットワーク上で多種多様なサービスが稼働する中で、ユーザーの要求に応じて動的に仮想ネットワークを提供する技術が求められて... [more] NS2022-24
pp.6-11
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-23
11:20
ONLINE オンライン開催 マルチビームドップラーセンサを用いたダイバーシチ効果に基づく心拍検出
北川月子山本幸平大槻知明慶大NLP2021-124 MICT2021-99 MBE2021-85
心拍は健康状態を把握する上で重要な生体信号の 1 つである. そのため,心拍検出は医療やヘルスケアの分野での応用が期待さ... [more] NLP2021-124 MICT2021-99 MBE2021-85
pp.248-253
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
10:15
ONLINE オンライン開催 GNSS位置推定における大規模ダイバーシチ信号処理に関する一検討
木山滉介衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大IT2020-66 SIP2020-44 RCS2020-157
現在,GNSS (Global Navigation Satellite System) による高精度単独測位技術ではサ... [more] IT2020-66 SIP2020-44 RCS2020-157
pp.17-22
ET 2019-03-15
11:30
徳島 鳴門教育大学 プログラミング作問学習における例題・問題間の解法差異推定機能の開発
牧野拓也信州大)・國宗永佳千葉工大)・新村正明信州大ET2018-89
プログラミング作問学習において,学習効果を得るために学習者は多様な問題を作成する必要がある.問題の多様性は問題文で言い表... [more] ET2018-89
pp.11-16
ET 2018-03-03
15:05
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) プログラミング作問学習の例題・問題間の状況差異推定機能における抽出品詞の検討
牧野拓也信州大)・國宗永佳千葉工大)・新村正明信州大ET2017-115
プログラミング作問学習において,学習効果を得るために学習者は多様な問題を作成する必要がある.
問題の多様性は問題文で言... [more]
ET2017-115
pp.153-158
TL 2017-12-10
09:15
愛媛 愛媛大学 城北キャンパス 母語による公教育の重要性と継承言語を巡る問題
片田 房早大TL2017-44
ユネスコにより2月21日が国際母語デーと制定され,世界で話されている言語の多様性への尊重とそれぞれの母語による学校教育の... [more] TL2017-44
pp.1-5
SAT, RCS
(併催)
2016-08-19
13:30
宮城 東北学院大学 同報通信における高速時変ビート干渉に有効なマルチキャリア差動MIMO送信ダイバーシチ
山岸拓真森 俊樹久保博嗣立命館大RCS2016-151
本報告では,同報通信において課題となる,高速時変ビート干渉 (FTBI : fast time-varying beat... [more] RCS2016-151
pp.125-130
SR 2014-10-30
13:00
海外 I2R, シンガポール [ポスター講演]Optimum Number of Transmit Antennas for STTD in MC-CDMA Distributed Antenna Network
Yumeto MoriShohei InoshitaHiroyuki MiyazakiFumiyuki AdachiTohoku UnivSR2014-61
Distributed antenna network (DAN) can mitigate the problems ... [more] SR2014-61
pp.15-20
NLP 2013-05-27
14:15
福岡 福岡大学 中央図書館 多目的ホール 粒子群最適化法のダイナミクスとネットワーク構造
神野健哉日本工大NLP2013-12
本稿では粒子群最適化法の粒子の収束特性を解析する。粒子群最適化法において粒子間の優良解情報の通信は近傍内で現在までの情報... [more] NLP2013-12
pp.17-20
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-27
15:10
東京 早稲田大学 周波数選択性仲上・ライスフェージング環境下におけるシングルキャリア単一周波数ネットワーク送受信ダイバーシチの伝送特性
Jimmy Hadi Susanto宮崎寛之天間克宏小原辰徳山本哲矢安達文幸東北大RCS2012-298
次世代移動無線通信システムでは,高速列車内などの高速移動環境においても,高速かつ均一な通信サービスの提供が求められている... [more] RCS2012-298
pp.85-90
SIS 2011-12-15
14:20
山口 山口大学吉田キャンパス大学会館 自己組織化マップに基づく実数値遺伝的アルゴリズムの再生法
植田祥明久保田良輔宇部高専SIS2011-44
遺伝的アルゴリズム(Genetic Algorithm: GA)は,生物の進化の過程を模擬した最適化手法の一つであり,個... [more] SIS2011-44
pp.25-29
RCS, IN
(併催)
2011-05-27
11:20
東京 機械振興会館 無線通信システムにおけるクロスレイヤ設計による適応パケット長制御法
森 慎太郎石井光治生越重章香川大RCS2011-32
従来の無線通信システムにおいて,パケット長を制御することにより特性改善を図る手法では,CSI (Channel Stat... [more] RCS2011-32
pp.77-82
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア 感情音声コーパスのための多様な音声収集手法
宮島崇浩福田 節菊池英明白井克彦早大
感情音声研究の技法は着々と向上している一方で,それらの成果は限定されたデータによってのみ検証されてきたという問題が指摘さ... [more]
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
15:25
東京 玉川大学 体内散乱光によるデータ伝送実現のための基礎的検討
柿田 瞬加藤祐次清水孝一北大MBE2009-119
新たな人体光通信の実現をめざし,体内散乱光を用いたデータ伝送の可能性を調べた.実験により手指部におけるデータ伝送可能な体... [more] MBE2009-119
pp.103-108
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-05
11:10
神奈川 YRP 送信ダイバーシチを用いるSC-FDMA分散アンテナネットワークのチャネル容量
松田大輝武田一樹安達文幸東北大RCS2009-303
送信アンテナを空間的に十分離して配置する分散アンテナネットワーク(DAN) は伝搬損失,シャドウイング損失および周波数選... [more] RCS2009-303
pp.263-268
RCS 2009-10-15
11:05
京都 ATR シングルキャリア分散アンテナネットワーク下りリンクにおけるチャネル容量を最大化する送信等化重み
松田大輝武田一樹安達文幸東北大RCS2009-111
送信アンテナを空間的に充分離して配置する分散アンテナネットワーク(DAN) は伝搬損失,シャドウイング損失および周波数選... [more] RCS2009-111
pp.7-12
RCS 2009-10-15
16:10
京都 ATR [招待講演]無線機とアンテナシステムにおけるスイッチングの効用と副作用
太郎丸 真ATRRCS2009-120
SCRなどの半導体電力素子の進歩に伴い,スイッチングによる低損失な電力制御技術は,電車等の産業用から家庭の蛍光灯やエアコ... [more] RCS2009-120
pp.61-64
AP, SAT
(併催)
2009-07-09
13:50
北海道 小樽市民会館 Design of On-glass Antennas for FM Diversity Systems
Seungbeom AhnYoungchul KayHongik Univ.)・Junghoon OhHyundai Kia Motos)・Ikmo ParkAjou Univ.)・○Hosung ChooHongik Univ.AP2009-66
The monopole type antennas such as the conventional ... [more] AP2009-66
pp.127-130
IN, RCS
(併催)
2006-05-19
13:55
東京 機械振興会館 Combined STBC and Cyclic Delay Diversity for MISO MC-CDMA downlink schemes.
Lahiru KarunarathnaToshiharu KojimaUniv. of Electro-Comm.RCS2006-29
本稿では、ダウンリンクMC-CDMAのマルチユーザ環境において、高いダイバーシチ利得が得られるMISOシステムを提案する... [more] RCS2006-29
pp.67-72
RCS, SIP
(併催)
2006-01-26
13:00
福岡 九州大学 周期スペクトラムを用いたSTTD-SC-FDEへの誤り訂正の適用効果
栗山 侑吉田晴人前原文明高畑文雄早大
周波数領域等化を用いるシングルキャリヤ伝送(SC-FDE)は,PAPRを抑圧しつつ,周波数選択性フェージング環境下におい... [more] RCS2005-150
pp.155-160
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会