お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
17:20
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]マルチパス分離に基づく広帯域FDDシステムの下り回線チャネル推定に関する研究
登坂紫織西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2020-261
FDDシステムにおいては,下り回線のパイロット信号によって得られたチャネル情報を端末から基地局にフィードバックすることで... [more] RCS2020-261
pp.267-272
CQ
(第二種研究会)
2017-08-26
15:00
埼玉 日本工業大学 [ポスター講演]下り回線マルチビームMassive MIMOの簡易制御法
小川翔太西森健太郎谷口諒太郎新潟大)・平栗健史日本工大
著者らはこれまでアナログ部で素子数と同数のマルチビームから電力が大きいビームを選択し,選択したビームを入力としてディジタ... [more]
AP
(第二種研究会)
2017-06-28
- 2017-06-30
北海道 北海道大学 [ポスター講演]Simple beamforming method with terminal station on downlink multi-beam massive MIMO
Shota OgawaKentaro NishimoriRyotaro TaniguchiNiigata Univ.)・Takefumi HiraguriNIT
 [more]
AP, WPT
(併催)
2017-01-20
09:40
広島 広島工業大学 端末簡易制御によるダウンリンクマルチビームMassive MIMO
小川翔太西森健太郎谷口諒太郎亀山航平新潟大)・平栗健史日本工大AP2016-143
著者らはこれまでアナログ部で素子数と同数のマルチビームから電力が大きいビームを選択し,選択したビームを入力としてディジタ... [more] AP2016-143
pp.79-84
CQ
(第二種研究会)
2016-10-06
14:20
長野 JA長野県ビル [ポスター講演]ダウンリンクマルチビームMassive MIMOの基礎検討
小川翔太西森健太郎谷口諒太郎亀谷航平牧野秀夫新潟大
著者らは,これまでアナログ部で素子数と同数のマルチビームから電力が大きいビームを選択し,選択したビームを出力としてディジ... [more]
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-02
09:25
東京 東京工業大学 分散アンテナOFDM-MU-MIMO下りリンクにおけるCSI誤差の影響
関 裕太熊谷慎也安達文幸東北大RCS2015-334
多数の分散アンテナをマクロセル内に配置した小セルネットワークでは,移動端末(UE)近傍に存在する複数の分散アンテナを用い... [more] RCS2015-334
pp.7-12
RCS 2013-06-21
10:30
北海道 北海道大学 チャネル推定誤差がある場合のSICを用いる下りリンク非直交多元接続のシステムスループット特性
山本健太東京理科大)・齋藤祐也NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2013-67
本稿では,下りリンクセルラにおけるシリアル干渉キャンセラ(SIC: successive interference ca... [more] RCS2013-67
pp.177-182
RCS, NS, USN
(併催)
2012-07-20
13:50
岩手 岩手大学 MIMO下りリンクセルラにおけるランダムビームフォーミングとビーム内SICを用いた非直交多元接続法
樋口健一東京理科大)・岸山祥久NTTドコモRCS2012-89
本稿では,MIMO (multiple-input multiple-output)下りリンクセルラにおける,シリアル干... [more] RCS2012-89
pp.85-90
RCS, AP
(共催)
2004-10-29
09:50
新潟 新潟大学 Time Domain Spreading MC-CDMA System for Downlink Transmission under Time-Variant Fading Channel
Yuanrun TengKatsuhiro NaitoKazuo MoriHideo KobayashiMie Univ.
MC-CDMA方式は,マルチパスフェージング環境下において高速・高品質データ伝送の提供を可能とすることから次世代移動通信... [more] AP2004-165 RCS2004-186
pp.71-76
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会