お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 106件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED, MWPTHz
(共催)
2022-12-19
16:05
宮城 東北大学・電気通信研究所 [招待講演]テラヘルツ帯を用いたBeyond 5G超高速大容量通信実現のためのInP-HEMT-IC製造技術
堤 卓也濱田裕史徐 照男杉山弘樹佐々木太郎高橋宏行中島史人NTTED2022-76 MWPTHz2022-47
無線トラヒックの需要急増に対応するためB5G もしくは6G と呼ばれるシステムの検討が始まっており,その周波数帯の一候補... [more] ED2022-76 MWPTHz2022-47
pp.23-27
ED, MWPTHz
(共催)
2022-12-20
10:35
宮城 東北大学・電気通信研究所 [招待講演]電子ビーム・メタマテリアル相互作用による指向性テラヘルツ電磁波放射
松井龍之介三重大ED2022-81 MWPTHz2022-52
金属回折格子の表面近傍を相対論的速度まで加速させた電子ビームを走らせると電磁波放射が得られることは,スミス・パーセル効果... [more] ED2022-81 MWPTHz2022-52
pp.46-51
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
神経年齢の可視化システムAiLiveの開発
山口宏美前田光泰仲渡龍之介馬場慎一郎渡辺真奈美生田哲彦AIMS)・田中宣彦小城絢一朗神経医科学研
神経年齢の可視化システム(AiLive)を開発した.本システムは電子瞳孔計とAI技術を組み合わせたシステムである.瞳に光... [more]
ED 2021-12-09
10:15
ONLINE オンライン開催 300GHz帯FWG形TWTの開発
梶川恵広松本大輝笠原明彦安孫子修司NECネットワーク・センサED2021-38
近年,テラヘルツ帯(本稿では100 GHz〜3 THz,波長100 µm〜3 mmとする)の中でも300 GHz帯を用い... [more] ED2021-38
pp.7-10
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]RFSoCを用いた精密電子スピン制御実験
河合優太阪大)・庭瀬稜平小池恵介イーツリーズ・ジャパン)・宮西孝一郎香川晃徳阪大)・三好健文イーツリーズ・ジャパン)・北川勝浩阪大)・根来 誠QIQB
電子スピンを量子ビットとする量子コンピュータはKu帯のマイクロ波パルスでゲート操作を行う.高精度なゲート操作には広帯域な... [more]
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-08
14:15
ONLINE オンライン開催 導波管E面スタブの広帯域小型化に関する一検討
草間裕介東洋大EMCJ2021-50 MW2021-62 EST2021-52
λ/4スタブは,スタブ幅を広くすることで広帯域化できることが知られている.H面回路であれば,MSLを使った平面回路で簡単... [more] EMCJ2021-50 MW2021-62 EST2021-52
pp.112-117
EMCJ 2021-06-11
15:55
ONLINE オンライン開催 店舗用の音響磁気方式電子商品監視(EAS)機器から発生する中間周波磁界の特性及び人体ばく露評価
江嵜かおる都立大)・幾代美和NICT)・今岡由佳相本篤子鈴木敬久多氣昌生都立大)・小島原典子静岡社会健康医学大)・和氣加奈子NICT)・山崎健一電中研EMCJ2021-16
店舗用の音響磁気方式(58 kHz)のEASゲートから発生する磁界の特性を明らかにした. 磁界はゲートパネル内に上下に配... [more] EMCJ2021-16
pp.28-33
SANE 2021-05-13
10:50
ONLINE オンライン開催 広帯域信号からのリアルタイムパルス検出方式
永野隆文辻田 亘三菱電機SANE2021-3
電子戦では脅威対象の情報を得るため,受動的に電磁波を受信し,脅威対象が放射した電磁波を分析する電子戦支援装置が重要な役割... [more] SANE2021-3
pp.11-14
EMCJ 2020-07-02
14:15
ONLINE オンライン開催 アレーアンテナ理論を応用した電波散乱壁の設計 ~ メタマテリアルによる薄型化 ~
村上靖宜チャカロタイ ジェドヴィスノプ藤井勝巳NICTEMCJ2020-13
第5世代移動通信システム(5G)では,28 GHz帯の電波を利用する.この周波数帯では,高利得アンテナが使用され,壁面か... [more] EMCJ2020-13
pp.13-17
MWP 2020-05-28
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Beyond 5G応用を見据えたサブミリ波帯InP-HEMT-IC技術
堤 卓也杉山弘樹濱田裕史野坂秀之松崎英昭NTTMWP2020-1
あらまし第5 世代無線アクセスネットワークシステム(5G)の次世代となるBeyond 5G 実現に向けた議論が早くも進展... [more] MWP2020-1
pp.1-6
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-23
16:20
宮城 東北大学・電気通信研究所 テラヘルツ動作IC実現に向けたInPウェハレベル裏面配線プロセス
堤 卓也濱田裕史杉山弘樹野坂秀之松崎秀昭NTTED2019-82
近年InP-HEMT やInP-HBT によるサブミリ波帯集積回路(SMMIC: Submillimeter-wave ... [more] ED2019-82
pp.23-28
EMCJ, IEE-SPC
(併催)
2019-11-15
15:00
東京 機械振興会館 6階67号室 アレーアンテナ理論を応用した電波散乱壁の設計 ~ 波源位置を考慮した設計 ~
村上靖宜チャカロタイ ジェドヴィスノプ藤井勝巳NICTEMCJ2019-71
次世代高速大容量通信(5G)では,28 GHz帯の電波を利用する.この周波数帯では,高利得アンテナが使用され,部屋の壁面... [more] EMCJ2019-71
pp.1-6
EMT, IEE-EMT
(連催)
2019-11-07
16:30
佐賀 ホテル春慶屋 軸対称多層誘電体の散乱特性を用いた円筒プラズマの電子密度分布推定シミュレーション
末延 博田中 泰瀧川道生米田尚史三菱電機EMT2019-59
電波散乱特性を用いて,軸対称に分布する円筒プラズマの電子密度分布を推定する方法について報告する。本稿では,円筒プラズマを... [more] EMT2019-59
pp.135-140
SCE 2019-08-09
11:15
茨城 産業技術総合研究所 微小Josephson接合列の輻射検出器としての利用性の評価
鈴木俊貴カニョロ ゴドゥウィリ ビティ西垣宏志水柿義直島田 宏電通大SCE2019-11
微小Josephson接合列においてはその特有の電気伝導特性としてCoulomb閉塞が生じるが,マイクロ波を照射するとC... [more] SCE2019-11
pp.15-19
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
13:20
福井 福井大学 文京キャンパス 電子波線路における電子軌道のモード重畳による解析
早川翔大藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2018-125
本稿では,スタブを持つ電子波線路上の電子波束および電子の確率的古典粒子モデルの運動を計算する.正弦波の電子波を線路に入射... [more] NLP2018-125
pp.7-12
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
12:05
大阪 大阪大学中之島センター THz帯無線通信応用のための光コムベース信号源を用いた3THz帯信号生成
諸橋 功入交芳久菅野敦史川上 彰山本直克関根徳彦笠松章史寳迫 巌NICTPN2018-60 EMT2018-94 OPE2018-169 LQE2018-179 EST2018-107 MWP2018-78
本稿では,3THz帯無線通信システムの提案を行い,その基礎特性について報告する.提案するシステムは,光コムを用いたフォト... [more] PN2018-60 EMT2018-94 OPE2018-169 LQE2018-179 EST2018-107 MWP2018-78
pp.167-170
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
15:30
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 パワーエレクトロニクス向け高EMI耐性を持った2.5kV絶縁耐圧400Mbps高速デジタルアイソレータの設計
加賀谷 司宮崎耕太郎高宮 真桜井貴康東大CAS2018-113 ICD2018-97 CPSY2018-79
本稿では激しいEMIノイズが発生するパワーエレクトロニクス環境でも動作可能な高速デジタルアイソレータを提案する。近年パワ... [more] CAS2018-113 ICD2018-97 CPSY2018-79
pp.141-146
US 2018-12-10
15:25
東京 東京工業大学 超音波複合振動溶接用の一波長縦振動モードの斜めスリット複合振動変換器の構成 ~ 27 kHz および40 kHz の交換可能な複合振動溶接チップを用いた複合振動溶接装置 ~
辻野次郎丸神奈川大/LINK-USUS2018-74
今までに19.5 kHz の斜めスリット複合振動変換器を用いた超音波複合振動溶接装置が、Li-ion battery、 ... [more] US2018-74
pp.21-26
NLP 2018-08-09
10:45
香川 香川大学 幸町キャンパス 電子波伝搬路のモード保存と確率過程量子化の計算複雑性に関する考察
中村伊吹早川翔太平見信之藤坂尚登広島市大NLP2018-67
量子効果に基づく回路のシミュレーションを行う際,能動量子効果デバイスと受動的な電子波線路を混在する場合はデバイスに合わせ... [more] NLP2018-67
pp.75-79
NLP 2018-04-26
10:20
熊本 熊本大学 格子上をランダムウォークする粒子による量子系のモデル化と3端子量子波フィルタのモデル例
早川翔大藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2018-1
単電子トランジスタ,共鳴トンネルダイオード,量子波干渉トランジスタ,など多くの量子効果デバイスは量子ポテンシャル系である... [more] NLP2018-1
pp.1-4
 106件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会