お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 281件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS 2022-11-07
13:30
北海道 北海道自治労会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
規模性を考慮した非同期なグループE2E暗号化手法の提案と評価
竹下泰玄赤間滉星慶大)・佐藤雅明東海大)・植原啓介慶大ICSS2022-38
現代の手軽なコミュニケーション手段であるチャットにおいて、メッセージの機密性を保つ方法としてE2E暗号化は有用である。既... [more] ICSS2022-38
pp.1-6
HWS, ICD
(共催)
2022-10-25
14:50
滋賀 立命館びわこくさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
確率的秘匿演算ハードウェアの設計とプロトタイプ評価
田村佑樹上野 嶺本間尚文東北大HWS2022-38 ICD2022-30
本稿では,確率的準同型暗号(HESC:Homomorphic Encryption for Stochastic
Co... [more]
HWS2022-38 ICD2022-30
pp.46-51
HWS, ICD
(共催)
2022-10-25
15:40
滋賀 立命館びわこくさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
誤差制御型TFHE上の加算のハードウエアによる高速化
赵 寅帆池田 誠東大HWS2022-40 ICD2022-32
Fully homomorphic encryption (FHE) is expected to be used in... [more] HWS2022-40 ICD2022-32
pp.58-63
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
15:00
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
認証暗号を利用した車載システムでのDoS攻撃対策手法の実装評価
廣瀬大地竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大IN2022-22
車載システムではCANと呼ばれる通信プロトコルを用いて,運転に必要な様々な情報をパケットにして,データのやり取りを行う.... [more] IN2022-22
pp.39-44
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
15:45
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Acceleration of HE-Transformer with bit reduced SEAL and HEXL
Xinyi LiMasaki NishiTeppei ShishidoKeiji KimuraWaseda Univ.CPSY2022-12 DC2022-12
While cloud applications are covering people's privacy data,... [more] CPSY2022-12 DC2022-12
pp.65-70
IT 2022-07-22
10:25
岡山 岡山理科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CVMAのパラメータをセッションキーに用いる認証通信プロトコルの検討
三好茜音池坂和真小寺雄太日下卓也野上保之岡山大IT2022-21
拡大体上における ElGamal 暗号を,ベクトル乗算アルゴリズム Cyclic Vector Multiplicati... [more] IT2022-21
pp.30-35
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-20
15:50
ONLINE オンライン開催 CCA安全性及び復号鍵漏洩耐性を持つ複数の鍵生成局を用いた鍵失効機能付きIDベース暗号
鈴木裕大藤岡 淳佐々木太良神奈川大)・永井 彰NTTISEC2022-27 SITE2022-31 BioX2022-52 HWS2022-27 ICSS2022-35 EMM2022-35
本研究では,複数の鍵生成局を持つ鍵失効機能付きIDベース暗号(mPKG-RIBE)の新たな安全性を定義する.
SCIS... [more]
ISEC2022-27 SITE2022-31 BioX2022-52 HWS2022-27 ICSS2022-35 EMM2022-35
pp.118-123
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-20
16:40
ONLINE オンライン開催 LWE仮定に基づく適応的CCA安全な平文一致確認可能IDベース暗号の効率的な構成
淺野京一電通大/NICT)・江村恵太NICT)・高安 敦東大ISEC2022-29 SITE2022-33 BioX2022-54 HWS2022-29 ICSS2022-37 EMM2022-37
平文一致確認可能IDベース暗号 (Identity-based Encryption with Equality Tes... [more] ISEC2022-29 SITE2022-33 BioX2022-54 HWS2022-29 ICSS2022-37 EMM2022-37
pp.131-138
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-16
15:05
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Vision Transformerを用いた圧縮可能暗号化画像の分類
濱野元輝今泉祥子千葉大)・貴家仁志都立大CAS2022-8 VLD2022-8 SIP2022-39 MSS2022-8
本稿では,学習済みモデルの保護を考慮するとともに,圧縮可能暗号化方式であるEncryption-then-Compres... [more] CAS2022-8 VLD2022-8 SIP2022-39 MSS2022-8
pp.40-45
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
09:40
ONLINE オンライン開催 算術回路に対するGKW変換の構成
知念広太郎穴田啓晃長崎県立大IT2021-88 ISEC2021-53 WBS2021-56 RCC2021-63
Garbled ciruitsは,Yaoによって導入された安全な二者間計算のための暗号フレームワークである.Yaoのプロ... [more] IT2021-88 ISEC2021-53 WBS2021-56 RCC2021-63
pp.31-37
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
10:05
ONLINE オンライン開催 署名者に対する等検査付きグループ署名の検討
安在恭弥穴田啓晃長崎県立大IT2021-89 ISEC2021-54 WBS2021-57 RCC2021-64
本技報では,署名者に対する等検査付きグループ署名スキームを検討する.このスキームは,二つのグループ署名をそれぞれ生成した... [more] IT2021-89 ISEC2021-54 WBS2021-57 RCC2021-64
pp.38-41
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
09:40
ONLINE オンライン開催 [招待講演]暗号化制御システムの基礎とその安全性について
小木曽公尚寺西 郁電通大IT2021-110 ISEC2021-75 WBS2021-78 RCC2021-85
制御機器がネットワークに繋がる制御システムは,悪意のある第三者によるサイバー攻撃の脅威に常に晒されている.ネットワーク通... [more] IT2021-110 ISEC2021-75 WBS2021-78 RCC2021-85
p.161
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
14:30
ONLINE オンライン開催 共通鍵暗号方式Roccaの実装評価
仲野有登KDDI総合研究所)・阪本光星劉 富康兵庫県立大)・清本晋作KDDI総合研究所)・五十部孝典兵庫県立大/NICTIT2021-127 ISEC2021-92 WBS2021-95 RCC2021-102
本研究ではBeyond 5G/6G向け認証暗号として阪本らが提案しているRoccaをPCおよびスマートフォン向けに実装し... [more] IT2021-127 ISEC2021-92 WBS2021-95 RCC2021-102
pp.256-261
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-07
11:00
ONLINE オンライン開催 Attribute-based Encryption Acceleration by Pairing Engine Hardware on FPGA
Anawin OpasatianMakoto IkedaEEIS, The University of TokyoVLD2021-80 HWS2021-57
Attribute-based Encryption (ABE) can provide fine grain acce... [more] VLD2021-80 HWS2021-57
pp.25-30
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-07
11:50
ONLINE オンライン開催 確率的準同型暗号の高効率化とその性能評価
小関隆介上野 嶺伊東 燦本間尚文東北大VLD2021-82 HWS2021-59
本稿では,確率的準同型暗号(HESC:Homomorphic Encryption for Stochastic Com... [more] VLD2021-82 HWS2021-59
pp.37-42
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
11:00
ONLINE オンライン開催 SROS2における最終ラウンド候補軽量暗号の評価
竹本 修池崎良哉野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2021-94 HWS2021-71
サイバーフィジカルシステムでは小型デバイスがネットワークに接続され,プライバシー情報や重要なデータが含まれるセンサ値を通... [more] VLD2021-94 HWS2021-71
pp.99-104
EMM 2022-03-08
10:25
ONLINE 長崎大学 文教スカイホール
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[ポスター講演]SVMを用いたEtC画像の画像分類における情報埋込みの影響
阿部晃佑今泉祥子千葉大)・貴家仁志都立大EMM2021-112
Encryption-then-Comperssion(EtC)画像では,サポートベクターマシン(SVM)による画像分類... [more] EMM2021-112
pp.107-111
CAS, CS
(共催)
2022-03-04
14:10
ONLINE オンライン開催 認証暗号Midori-OTRを用いたセキュアな車載システムとその実装評価
廣瀬大地竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大CAS2021-95 CS2021-97
近年,自動車の自動運転技術や自動安全装置などの機能実現のために ECU と呼ばれる制御マイコンが複数搭載されるようになっ... [more] CAS2021-95 CS2021-97
pp.112-117
RCS, NS
(併催)
2021-12-16
10:35
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CRC付きPolar符号に基づく暗号化後圧縮を用いた高効率マルチホップ伝送法
谷津崚太石橋功至電通大)・遠藤秀樹土屋創太東京ガスRCS2021-175
マルチホップ伝送の高効率化の手法の一つとして,中継端末において複数のパケットをまとめて圧縮し,伝送時間を短縮する手法が提... [more] RCS2021-175
pp.1-6
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2021-11-12
13:50
ONLINE オンライン開催 復号制御付IDベース暗号の安全性に関する考察
宮永英和藤岡 淳佐々木太良神奈川大)・岡野裕樹NTT)・鈴木幸太郎豊橋技科大)・米山一樹茨城大ISEC2021-43 SITE2021-37 LOIS2021-26
近年,1人のユーザが複数のデバイスを所持する機会が増えており,IDベース暗号でも1つのIDで複数のデバイスで暗号化などを... [more] ISEC2021-43 SITE2021-37 LOIS2021-26
pp.13-17
 281件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会