お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-22
15:20
ONLINE オンライン開催 画像注視時の脳活動信号を用いた圧縮再構成ネットワークに基づく視覚認知内容の推定に関する検討
東 孝明前田圭介小川貴弘長谷山美紀北大
本稿では,画像注視時に取得される脳活動信号を用いた,注視画像の再構成に関する検討を行う.具体的に,注視画像を再構成可能な... [more]
IE, ITS
(共催)
ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2021-02-18
13:25
ONLINE オンライン開催 画像注視時の脳活動データを用いた質問応答生成モデルに基づく意味内容の推定に関する検討 ~ VQAモデルのfine-tuningに基づく高精度化 ~
高田紗弥藤後 廉小川貴弘長谷山美紀北大
本稿では,画像注視時の脳活動データを用いた質問応答生成モデルに基づく意味内容の推定手法を提案する.提案手法では,fMRI... [more]
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
16:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]スパース推定のための近似的確率伝搬法の最近の話題
三村和史広島市大)・竹内純一九大IT2020-81 SIP2020-59 RCS2020-172
スパース推定のための反復アルゴリズムとして提案された近似的確率伝搬法は,様々な推定の問題に適用されている.その一方で,条... [more] IT2020-81 SIP2020-59 RCS2020-172
p.100
PRMU 2020-10-09
11:00
ONLINE オンライン開催 CNNを用いたfunctional MRI画像解析におけるデータ前処理の検討
細井雄太新潟大)・林 隆史日大PRMU2020-22
functional MRI(fMRI)は1990年代に登場して以来, 医学や神経科学から心理学, 言語学など様々な分野... [more] PRMU2020-22
pp.20-25
PRMU 2019-12-19
10:30
大分 大分大学 スイッチング型マルコフモデルの食品機能性評価への応用
甫喜本 司内山俊郎北海道情報大PRMU2019-46
機能性食品が注目される中で、食品の摂取が人間の健康状態に与える影響を評価するための方法に関心がもたれている。本研究では、... [more] PRMU2019-46
pp.1-6
NS 2019-05-16
12:00
東京 工学院大学 新宿キャンパス 安全通信におけるブラックチャネルを考慮したビットエラー率監視方式の検討
宮﨑清人伊藤直輝橋本 茂伊東輝顕三菱電機NS2019-26
FA(Factory Automation)など産業分野で用いられる安全通信は,安全層と呼ばれるアプリケーション層で通信... [more] NS2019-26
pp.37-42
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
09:15
北海道 北海道大学 電子顕微鏡画像および配合量を用いたゴム材料の特性曲線の推定に関する検討
斉藤直輝小川貴弘長谷山美紀北大
本文では,電子顕微鏡画像および配合量を用いてゴム材料の特性曲線を推定する手法を提案する.ゴム材料の電子顕微鏡画像は,様々... [more]
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
14:00
東京 機械振興会館 機能的近赤外分光法を用いたリアルタイム頭皮血流除去:実データに対する検討
小田祐太佐藤貴紀南部功夫和田安弘長岡技科大MBE2017-85
機能的近赤外分光法(functional Near-Infarared Spectroscopy; fNIRS)は非侵襲... [more] MBE2017-85
pp.29-34
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-20
16:00
北海道 北海道大学 画像注視時のfNIRS信号を利用した個人の感情推定に関する検討
菅田健斗小川貴弘長谷山美紀北大
本稿では,画像注視時に機能的近赤外分光法(functional near-infrared spectroscopy; ... [more]
KBSE 2017-01-24
14:05
東京 機械振興会館 光トポグラフィー検査におけるSpike-like noiseの除去
関口雄也星野 聖筑波大)・冨田元將小谷 創クレッセントKBSE2016-38
本稿では一次遅れ系をモデルとしたアルゴリズムを用いることでspike-like noiseを除去するフィルタを提案する.... [more] KBSE2016-38
pp.43-48
IBISML 2016-11-17
14:00
京都 京都大学 離散分布の加法分解可能なスカラー汎関数におけるミニマックス最適推定量
福地一斗佐久間 淳筑波大IBISML2016-82
離散分布$P=(p_1,...,p_k)$において,単一の連続関数$phi$によって加法分解可能なスカラー汎関数$the... [more] IBISML2016-82
pp.259-265
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2016-01-28
16:05
神奈川 箱根湯本温泉の旅館 ホテルおかだ [ポスター講演]機能的電気刺激と動作推定に基づく動作訓練支援法
花井宏彰島 圭介横浜国大)・島谷康司県立広島大MICT2015-45
我々は, 機能的電気刺激を用いた筋収縮のコントロールによる動作支援に着目し, 機能的電気刺激と動作推定に基づいたヒト-ヒ... [more] MICT2015-45
pp.27-29
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-25
09:55
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 Computational Complexity Reduction for Functional Connectivity Estimation in Large Scale Neural Network
JeongHun BaekShigeyuki ObaKyoto Univ.)・Junichiro YoshimotoKenji DoyaOIST)・Shin IshiiKyoto Univ.IBISML2015-22
計算神経科学において、神経細胞間の機能的結合の推定は重要な基礎課題である。近年、同時に観測可能な神経細胞数が増加するのに... [more] IBISML2015-22
pp.181-185
SSS 2013-09-26
10:30
東京 機械振興会館 作動要求時平均機能失敗確率(PFD)算定のための平均フォールト時間について
小谷田一詞陶山貢市東京海洋大)・佐藤吉信日本環境認証機構SSS2013-14
機能安全規格は、低頻度作動要求モードで運用する安全関連系の安全度を当該安全関連系の作動要求時平均機能失敗確率PFDavg... [more] SSS2013-14
pp.1-4
NLC 2013-09-13
15:40
東京 青少年総合センター インターネット通販の商品レビューに基づく野菜購入嗜好性の推定
竹崎あかね木浦卓治林 武司農研機構NLC2013-31
本研究は、インターネット通販における野菜購入者のレビューを解析し、購入者の嗜好性を推定することを目的とした。レビューに出... [more] NLC2013-31
pp.89-92
NC 2012-07-31
10:45
滋賀 立命館大学 情報理工学部 クリエーションコア1階教授会会議室 昆虫脳における生理応答データに基づく行動司令生成時の情報伝達経路の推定
山岸嘉彦立命館大)・小野島隆之京大)・五十嵐吉輝西川郁子立命館大)・加沢知毅並木重宏東大)・池野英利兵庫県立大)・神崎亮平東大NC2012-26
行動司令生成時の前運動中枢における主な情報伝達経路を,各神経細胞の解剖学的形態とフェロモン刺激に対する生理応答データから... [more] NC2012-26
pp.65-70
NC, MBE
(併催)
2011-12-20
16:10
愛知 名古屋工業大学 昆虫脳における運動司令生成のための神経回路の推定
西川郁子小野島隆之立命館大)・加沢知毅並木重宏東大)・池野英利兵庫県立大)・神崎亮平東大NC2011-95
神経回路の機能的結合を,回路を構成する各細胞の解剖学的形態と刺激生理応答から推定する試みを紹介する.微小脳ながら環境への... [more] NC2011-95
pp.65-68
NC 2008-01-16
10:10
北海道 北海道大学(100年記念会館) 他者の内部状態推定と行動予測を用いた意思決定モデル
佐藤友美奈良先端大)・大塩立華京大)・吉田和子UCL)・石井 信京大NC2007-99
マルチエージェント環境では,他者の内部状態の変化を相手モデルを用いて推定し,
それに基づいて行動を決定することが重要で... [more]
NC2007-99
pp.73-78
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会