お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2018-11-12
16:15
静岡 熱海伊豆山温泉 ハートピア熱海 一般ペトリネットにおける可達グラフ生成プロセスのメモリ効率化手法
藤森浩平張江洋次朗和崎克己信州大CAS2018-65 MSS2018-41
本学で開発されたペトリネット設計ツールHiPS (Hierarchical Petri net Simulator) の... [more] CAS2018-65 MSS2018-41
pp.43-47
ISEC, COMP
(共催)
2017-12-21
11:25
高知 高知工科大学永国寺キャンパス グリッドグラフにおける到達可能性判定問題のO(n^{1/3})領域アルゴリズム
芦田 亮中川航太郎東工大ISEC2017-75 COMP2017-29
有向グラフの到達可能性判定問題はNL完全問題として有名である.この問題を多項式時間で解くアルゴリズムとして,Barns等... [more] ISEC2017-75 COMP2017-29
pp.19-24
COMP 2014-10-08
14:45
東京 中央大学 Reconfiguration of List Colorings in a Graph
Tatsuhiko HatanakaTakehiro ItoXiao ZhouTohoku Univ.COMP2014-29
グラフの各点には,その点に割り当てることができる色のリストが与えられているとする.本稿では,1つのリスト点彩色から同じグ... [more] COMP2014-29
pp.19-24
IN 2014-06-27
10:50
香川 香川大学 関係性に基づく通信網における制御メトリック情報の更新手法
河合直人新熊亮一京大)・笠井裕之電通大)・山口和泰神戸デジタル・ラボ)・高橋達郎京大IN2014-26
情報発信を行う場合は特定の宛先よりもその情報に興味のある宛先に届くのが望ましい.そこで関係性を
基にしたメッセージング... [more]
IN2014-26
pp.61-66
COMP 2013-04-24
10:00
兵庫 神戸大学 枝刈り探索のパスへの拡張による到達可能性クエリ
矢野洋祐秋葉拓哉岩田陽一東大COMP2013-1
グラフの到達可能性は理論と応用の両方において基礎となる問題であるが,大規模なグラフ上で大量の到達可能性クエリに答えるのは... [more] COMP2013-1
pp.1-8
NS, IN
(併催)
2013-03-08
14:00
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 2リンク同時故障に対してサーバへの可到達性を高く保つ保護リンク決定法
今川廣二巳波弘佳関西学院大NS2012-252
インターネットが普及して重要な社会基盤となるにともない,故障の影響を最小限に抑えた信頼性の高いネットワークの構築・運用が... [more] NS2012-252
pp.505-510
CQ, ICM, NS
(併催)
2012-11-16
11:10
滋賀 長浜バイオ大学 偏在度の拡張によるWDMネットワークの拠点重要度の評価手法
鈴木功太郎篠宮紀彦創価大)・宮下卓也富士通)・田島一幸内藤崇男富士通研ICM2012-35
近年,依然増加傾向にある通信トラフィックに対応するため,WDMネットワークの設備投資を行う必要性がある.
ネットワーク... [more]
ICM2012-35
pp.35-39
ICSS 2012-03-16
13:45
東京 機械振興会館 攻撃の到達性を考慮したセキュリティ対策状況の定量化手法の検討
鬼頭哲郎甲斐 賢重本倫宏武本 敏鍛 忠司日立ICSS2011-44
クラウド利用にセキュリティ上の不安を感じる利用者が多い.利用者が安心して利用できるクラウド環境を提供するため,クラウドで... [more] ICSS2011-44
pp.31-36
IN, NS
(併催)
2011-03-03
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター サーバへの可到達性を保障する高信頼リンク決定法
今川廣二巳波弘佳関西学院大NS2010-175
インターネットが普及して重要な社会基盤となるにともない,故障の影響を最小限に抑えた信頼性の高いネットワークの構築・運用が... [more] NS2010-175
pp.69-74
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会