お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
ITE-IDY, EID, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2022-01-27
16:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) しきい電圧のないツイステッドネマチック配向液晶表示特性
山口留美子川田竣也秋田大EID2021-4
片側基板が垂直配向,もう一方の基板が平行配向となっているハイブリッド配向(Hybrid Aligned Nematic:... [more] EID2021-4
pp.1-4
EMD 2013-11-17
15:55
海外 華中科技大学(中国・武漢) The influence of magnetic and electric fields to the arc motion in low-voltage apparatus
Hongwu LiuRuiliang GuanNairui YinWeiwen LuChangshu Switchgear Mfg.EMD2013-124
An arc chamber is designed, where the gradient of electric f... [more] EMD2013-124
pp.203-207
OME 2013-03-05
13:10
佐賀 産総研九州センター テラヘルツ帯液晶素子の応答速度改善及び閾値電圧の低下
熊谷孝幸阪大)・伊東良太秋田県立大)・吉田浩之久保 等藤井彰彦阪大)・能勢敏明秋田県立大)・斗内政吉尾崎雅則阪大OME2012-95
テラヘルツ(THz) 波は、危険物や禁止薬物の検出、医療診断、大容量無線通信などへの応用が期待されている電磁波領域であり... [more] OME2012-95
pp.19-23
CPM 2011-10-26
13:25
福井 福井大学 産学官連携本部研修室 低電圧駆動フレキシブル有機EL素子のためのITO薄膜の検討
劉 暢松井博章木伏貴映清水英彦岩野春男福嶋康夫永田向太郎坪井 望野本隆宏新潟大CPM2011-110
本研究では,PENやアクリルなどのプラスチック基板上に,様々な条件でITO膜を作製するとともに,有機EL素子に及ぼす影響... [more] CPM2011-110
pp.5-9
OME 2009-07-23
14:15
長野 (財)加藤科学振興会軽井沢研修所 自己組織化単分子膜の有機EL素子への応用
森 竜雄今西雅人西野俊祐名大OME2009-31
ITO上に作製したフッ素化された自己組織化単分子膜(SAM) CF3(CF2)7(CH2)2Si(OC2H5)3 (F-... [more] OME2009-31
pp.15-18
ICD, ITE-IST
(共催)
2006-07-27
16:10
静岡 静岡大学(浜松キャンパス内) 低電圧ソース変調型パルス幅変調方式イメージセンサによる画像取得
佐々木達也香川景一郎布下正宏太田 淳奈良先端大
我々は低電圧単一電源駆動を狙い,ソース変調型パルス幅変調読出し方式を用いたCMOSイメージセンサを開発している.本方式は... [more] ICD2006-69
pp.53-56
ICD 2006-04-14
13:00
大分 大分大学 [特別招待講演]バッテリ機器向け低電力・低電圧SRAM回路技術
山岡雅直日立
携帯機器向けのプロセッサでは、混載SRAMの電力がプロセッサ全体の電力に与える影響が大きく、低電力混載SRAM回路技術が... [more] ICD2006-17
pp.91-96
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会