お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 69件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2022-12-09
12:30
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子推定理論に基づく量子誤り抑制の普遍的なコスト限界
坪内健人沙川貴大吉岡信行東大
本研究では、量子推定理論を用いて、量子誤り抑制手法群のコストの統一的な解析を行なった。幅広いク ラスのノイズに対して、物... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]イジングマシンに対する誤り緩和手法の静的・動的特性
日野幹太田中 宗慶大
イジングマシンを用いて組合せ最適化問題を解く際,様々な要因から解に誤りが含まれてしまう.誤りをできる限り減らすことがイジ... [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
13:05
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
防災行政無線の利用によるQZSS(準天頂衛星システム)の災害急性期利用構想
嶋津恵子都立産技大)・濵下宙千都立大)・湯浅廣之横浜国大SANE2022-26
本書は,GNSS(Global Navigation Satellite System)を災害時の緊急通信回線として利用... [more] SANE2022-26
pp.20-25
QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
11:30
ONLINE オンライン開催 量子誤り抑制を基にしたNISQデバイスのベンチマーキング
江守陽規岡本 淳富田章久北大
大規模量子コンピュータの実現に向けて,量子ゲートの精度を評価し,向上させることは非常に重要なプロセスである.
これまで... [more]

QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
13:50
ONLINE オンライン開催 生成モデルを用いた量子状態トモグラフィーに基づくノイズレスな期待値の推定
前蔵 遼東大)・鈴木泰成NTT)・吉岡信行東大)・徳永裕己NTT
近年、NISQデバイスを用いた量子化学計算や量子機械学習などの様々な応用が研究されている。しかし、NISQデバイスでは大... [more]
SeMI, IPSJ-DPS, IPSJ-MBL, IPSJ-ITS
(連催)
2022-05-27
11:15
沖縄 北谷町商工会ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高速道路における路車間通信を用いた短時間車速予測と速度制御による渋滞軽減手法の評価
福丸哲矢森野博章芝浦工大SeMI2022-13
現在の高速道路の渋滞は主に交通集中が原因となって生じており,その対策として渋滞吸収運転(JAD: Jam-Absorpt... [more] SeMI2022-13
pp.59-64
RCS, NS
(併催)
2021-12-16
09:55
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DTNにおけるモデレーテッドデータ属性別送信制御方式伝送特性評価
鈴木洋勇水野 修工学院大NS2021-97
大規模災害の通信方式としてDTNが注目されている.また,災害時に作成されるデータには重要度があり,重要度の高いデータを優... [more] NS2021-97
pp.7-12
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
16:40
ONLINE オンライン開催 Experimental Realization of Quantum Non-locality on IBM Quantum Devices
Kosei TeramotoYang BoUniv. of Tokyo)・Rudy RaymondIBM Japan)・Atsuya HasegawaHiroshi ImaiUniv. of Tokyo)・Hidefumi HiraishiNihon Univ.
量子非局所性とは、ある量子状態の測定結果が局所的な制約を課した古典的な計算では再現できない現象のことである。この性質は量... [more]
KBSE 2021-03-06
13:00
ONLINE オンライン開催 UAVを用いた山間部における効率的な災害避難支援の研究
多胡 樹神林 靖日本工大KBSE2020-43
われわれは各地で様々な自然災害を目の当たりにしてきた.津波に注目が集まっているが,山間部での地すべりも深刻な問題である.... [more] KBSE2020-43
pp.54-59
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-28
11:10
ONLINE オンライン開催 小型自立移動式災害対策支援ユニットへの災害情報共有方式の実装
田島氷河水野 修工学院大CAS2020-42 ICTSSL2020-27
大規模な都市災害時に被災者を支援するため,我々は自立移動式災害対策支援ユニット(D-ZEV: Disaster-robu... [more] CAS2020-42 ICTSSL2020-27
pp.19-24
NS, RCS
(併催)
2020-12-17
11:00
ONLINE オンライン開催 データの重要度に着目したDTNにおけるキューイング方式
鈴木洋勇田島氷河水野 修工学院大NS2020-87
大規模災害時の通信方法として,既存の通信インフラを使用せずに,スマートフォン同士で直接通信するDTNが注目されている.災... [more] NS2020-87
pp.1-6
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
16:10
ONLINE オンライン開催 量子誤り抑制を用いた誤り耐性量子計算
鈴木泰成・○遠藤 傑NTT)・藤井啓祐阪大)・徳永裕己NTT
誤り耐性量子計算とは、量子誤り訂正によって物理的なエラーを訂正しながら任意の量子計算を行う枠組みである。誤り耐性量子計算... [more]
EA, ASJ-H, EMM
(共催)
2020-11-20
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]インタラクションの表現に着目した防災・減災学習向けVRシステムの開発
野元颯馬河野和宏関西大EA2020-31 EMM2020-46
日本は災害大国であり,防災・減災教育は重要である.しかし従来の座学や避難訓練では十分な実感を抱かせることが難しい.そこで... [more] EA2020-31 EMM2020-46
pp.54-57
ICTSSL, IN
(連催) ※学会内は併催
2019-10-17
11:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 小型自立移動式災害対策支援ユニットにおける災害情報共有方式
田島氷河井上勇気水野 修工学院大ICTSSL2019-19 IN2019-33
大規模な都市災害時には,災害対策本部から被災者に対して様々な支援が必要である.そこで,我々は自立移動式災害対策支援ユニッ... [more] ICTSSL2019-19 IN2019-33
pp.17-22
SAT 2019-10-11
13:30
福岡 JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} Study of Beam Power Control Methods of Ka-band Multi-beam Broadcasting Satellite System Using Meteorological Data -- Evaluation of Link Quality in Consideration of Beam-directivity --
Takumi IwamotoKiyotaka FujisakiFITSAT2019-60
 [more] SAT2019-60
pp.93-98
WBS, MICT
(共催)
2019-07-16
14:20
茨城 茨城大学 水戸キャンパス ライブラリーホール マルチBAN環境下におけるコーディネータ間の通信を利用した干渉対策MACプロトコル
小川駿也河野隆二横浜国大WBS2019-15 MICT2019-16
本論文では, 無線ボディエリアネットワーク (WBAN) における BAN 間干渉を軽減するためのMACプロトコルについ... [more] WBS2019-15 MICT2019-16
pp.29-33
ICTSSL 2019-05-31
10:50
北海道 北海道中小企業会館 小型自立移動式災害対策支援ユニットの移動モデルの検討
田島氷河井上勇気水野 修工学院大ICTSSL2019-7
大規模な都市災害時において,災害対策本部から一般のユーザや防災に従事するユーザに対して災害関連情報の収集・配信が必要であ... [more] ICTSSL2019-7
pp.33-38
LOIS 2019-03-07
13:10
沖縄 宮古島市中央公民館 視聴覚室 札幌市南区における市民参加型まち歩きワークショップの報告
宇津圭祐植田 俊田島 祥梶田佳孝村上祐治内田 理東海大LOIS2018-61
災害時の情報共有手段としてソーシャルメディアの活用が注目されている.一方,まち歩きにより防災・減災の観点でまちを見直すワ... [more] LOIS2018-61
pp.35-40
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
13:50
東京 機械振興会館 ユーザに適した情報を提供する複合災害対策システムの評価実験
内山翔太稲葉弘祐水野 修工学院大CAS2018-121 ICTSSL2018-40
大規模な都市災害時において,一般のユーザや防災に従事するユーザに対して災害関連情報の配信が必要である.特に,大規模ターミ... [more] CAS2018-121 ICTSSL2018-40
pp.27-32
CS 2018-11-01
11:40
愛媛 子規記念館博物館(道後温泉) コントローラエリアネットワークにおけるリンギング低減方式
梅原大祐宍戸建之京都工繊大CS2018-61
自動車内の通信規格として,コントローラエリアネットワーク(Controller Area Network, CAN)が広... [more] CS2018-61
pp.31-36
 69件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会