お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
10:40
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [招待講演]クロスモーダル情景分析の展開
柏野邦夫NTTEA2017-166 SIP2017-175 SP2017-149
情景分析とは,センサ情報に基づいて,周囲に存在する様々な事物,及びその時空間的な配置や動向を把握することを意味し,心理学... [more] EA2017-166 SIP2017-175 SP2017-149
p.353
MI 2016-01-20
15:17
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 テクスチャ解析を用いた病理画像とMR画像の位置合わせ
大西 峻田中拓也中村友香千葉大)・新田展大青木伊知男放射線医学総研)・羽石秀昭千葉大MI2015-142
近年,医用画像におけるマルチスケール解析の期待が高まっている.このために,高精度な画像位置合わせ手法が必要となるが,解像... [more] MI2015-142
pp.341-344
PRMU, BioX
(共催)
2015-03-19
16:40
神奈川 慶応大学矢上キャンパス 部分教師付き多峰性low rank生成モデル学習手法の提案
青木栄太松本哲也大西 昇名大BioX2014-60 PRMU2014-180
本研究では、一部のデータのみのカテゴリ情報が既知である劣決定環境下における各カテゴリ分布の学習手法を検討する。データ分布... [more] BioX2014-60 PRMU2014-180
pp.129-134
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2012-05-22
11:15
沖縄 沖縄産業支援センター Heart Beat Drum: 未病診断のための心電図聴覚化
柳田拓人沖田善光静岡大)・中村晴信神戸大)・甲田勝康近畿大)・杉浦敏文三村秀典静岡大HCS2012-8 HIP2012-8
近年,先進国では,生活習慣病に代表される慢性疾患が主要な死亡原因となっており,日常生活における健康状況の簡易モニタリング... [more] HCS2012-8 HIP2012-8
pp.43-46
NC, MBE
(併催)
2008-03-13
11:10
東京 玉川大学 マルチモーダル刺激によるボディイメージの変化 ~ ラマチャンドランのゴム手実験の定量的解析 ~
松下晴紀須蒲亮太伊藤浩之京都産大NC2007-165
ラマチャンドランが行ったゴム手袋実験では、目前のゴム手袋への刺激の視覚情報とついたての向こうにある自分の手の触覚刺激を組... [more] NC2007-165
pp.313-317
MI 2007-11-16
14:50
石川 金沢大学 角間キャンパス(自然科学系図書館棟) マルチモダリティ画像を用いた腹部リンパ節の特定アルゴリズム
政清史晃近畿大高専/徳島大)・久保 満河田佳樹仁木 登西岡将規宮本英典吉川幸造島田光生西谷 弘徳島大MI2007-57
癌が転移して流れ込むリンパ節に転移がなければ広範なリンパ節郭清を省略できるため,腹部のマルチモダリティ画像(CT,PET... [more] MI2007-57
pp.43-48
MI 2006-01-27
10:30
沖縄 宮古島市中央公民館 距離画像を用いた3次元脳画像の融合手法の検討
松尾成浩白井治彦高橋 勇黒岩丈介小高知宏小倉久和岡沢秀彦米倉義晴福井大
本研究では人間の頭部の3 次元 MR 画像と 3 次元 PET 画像の融合を研究の目的とする.位置合わせのための特徴量と... [more] MI2005-68
pp.9-12
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会