お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
16:40
ONLINE オンライン開催 Experimental Realization of Quantum Non-locality on IBM Quantum Devices
Kosei TeramotoYang BoUniv. of Tokyo)・Rudy RaymondIBM Japan)・Atsuya HasegawaHiroshi ImaiUniv. of Tokyo)・Hidefumi HiraishiNihon Univ.
量子非局所性とは、ある量子状態の測定結果が局所的な制約を課した古典的な計算では再現できない現象のことである。この性質は量... [more]
PN 2020-08-24
10:30
ONLINE オンライン開催 もつれ状態への局所的雑音の適用による非局所的雑音
太田昌孝東工大PN2020-14
Shorの量子誤り訂正は,雑音の局所性,つまりqubit状態はその周辺環境との相互作用のみにより乱され局所性があるという... [more] PN2020-14
pp.7-9
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]磁束量子ソリトンを用いた時間量子干渉の理論的研究
岩本阿南畠中憲之広島大
本研究では,巨視的な時間非局在性を明らかにすることを目的に,磁束量子ソリトンを用いた時間二重スリット実験を提案し,その確... [more]
COMP 2009-05-26
11:15
埼玉 埼玉大学 Designing Quantum Game Strategies from Quantum Communication Protocols
Kazuo IwamaKyoto Univ.)・○Harumichi NishimuraOsaka Pref. Univ.)・Rudy RaymondIBM JapanCOMP2009-12
In their recent paper, Cleve , Slofstra, Unger and Upadhyay ... [more] COMP2009-12
pp.21-28
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会