お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IBISML, IPSJ-CVIM
(連催) ※学会内は併催
2024-03-04
11:25
広島 広島大学 東広島キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時間点過程からの微分方程式と潜在イベント種の同時推定
宮澤脩一総研大)・持橋大地統数研IBISML2023-50
常微分方程式(ODE)は,様々な科学分野における現象の解釈を可能にする.ODEは多くの場合,数値データに適用されるが,わ... [more] IBISML2023-50
pp.71-78
CCS 2021-11-18
16:25
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
シンプレクティック随伴変数法に基づく省メモリなNeural ODEの学習
松原 崇宮武勇登阪大)・谷口隆晴神戸大CCS2021-23
ニューラルネットワークで微分方程式(ODE)を学習するneural ODEは,連続時間のダイナミカルシステムや確率分布を... [more] CCS2021-23
pp.31-36
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2021-06-28
13:25
ONLINE オンライン開催 シンプレクティック数値積分法を用いたNeural ODEの学習
松原 崇宮武勇登阪大)・谷口隆晴神戸大NC2021-2 IBISML2021-2
ニューラルネットワークで微分方程式を学習するneural ODEは,連続時間のダイナミカルシステムや確率分布を,高い精度... [more] NC2021-2 IBISML2021-2
pp.9-14
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
13:20
福井 福井大学 文京キャンパス 電子波線路における電子軌道のモード重畳による解析
早川翔大藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2018-125
本稿では,スタブを持つ電子波線路上の電子波束および電子の確率的古典粒子モデルの運動を計算する.正弦波の電子波を線路に入射... [more] NLP2018-125
pp.7-12
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]再生核ヒルベルト空間における変数選択を伴う支配方程式の推定
大坪洋介ニコン)・中島伸一ベルリン工科大/理研IBISML2018-65
支配方程式をデータから推定することは物理、化学、生物分野などの様々な科学分野において価値があることである。現象のダイナミ... [more] IBISML2018-65
pp.159-166
R 2013-10-18
13:30
福岡 kyutechプラザ PoP:予測値を用いた予測
廣瀬英雄作村建紀・○小柳祐貴九工大R2013-64
時間とともに増加していく感染症の患者数や機器の故障数などが観測されている途中で最終的な総数を予測したい.これには,打ち切... [more] R2013-64
pp.1-6
R 2013-10-18
14:20
福岡 kyutechプラザ 温度ストレス劣化に対する数学モデル
廣瀬英雄作村建紀九工大R2013-66
温度ストレスによって劣化する電気絶縁体を対象にストレスと劣化の度合いを表す数学モデルの構築を試みる.温度ストレスによる劣... [more] R2013-66
pp.13-18
R 2013-10-18
15:55
福岡 kyutechプラザ メッカ巡礼後のMERS感染拡大予測
徳貞美子徳永正和作村建紀廣瀬英雄九工大R2013-71
SARSに似たMERSが中東で発生して感染者数と死者が増え続けている.MERSは致死率が50%とSARSよりももっと高い... [more] R2013-71
pp.41-45
R 2012-10-19
15:50
福岡 九州工業大学 早期観測データによる故障パラメータの推定値に関する考察
河野 翼廣瀬英雄九工大R2012-59
パンデミックによる感染モデル,故障モデルとして用いられる確率分布に対して,パンデミック初期,あるいは故障がはじまって間も... [more] R2012-59
pp.29-32
ET 2010-11-26
16:35
東京 東京工業大学 考えさせる教材の例(3) ~ 連続系の離散近似 ~
宮田孝富金沢工大)・宮田昌近 ET2010-64
コンピュータを利用した教育では,微分方程式を差分方程式で近似することが必要になる.通常,近似誤差は差分をテイラー展開した... [more] ET2010-64
pp.89-92
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会