お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, IA
(併催)
2022-12-13
10:40
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Wi-Fi アクセスデータを用いた学習ベース人流推定
櫻井祐樹阿多信吾阪公立大IN2022-48
さまざまな場所において、人の動きや滞在状況などを可視化し分析する人流分析が注目されている。人手を介することなく人流分析を... [more] IN2022-48
pp.26-31
ICTSSL, IN, NWS, IEE-SMF
(連催) ※学会内は併催
2022-10-28
14:55
長野 信州大学 長野(教育)キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報デバイスを活用したキャンパスアクティビティの可視化
田口稜太岩崎克也内田 理東海大ICTSSL2022-22
COVID-19の流行によって,安心して学修に臨める安全なキャンパス環境を学生に提供することの重要性や社会からの要望が一... [more] ICTSSL2022-22
pp.29-32
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-15
14:30
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
人流データを活用したミリ波通信の遮蔽予測
中條宏郁藤井威生電通大SR2022-42
ミリ波通信は広い周波数帯域幅を利用して高速大容量通信を実現しているが,見通し環境を突発的に塞いでしまうような移動体による... [more] SR2022-42
pp.96-103
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
14:35
ONLINE オンライン開催 感染経路を推定可能なスマートシティ基盤の実現に向けた匿名センサ情報に基づく人流推定手法
松田康太郎池内光希高橋洋介豊野 剛NTTNS2020-103
近年,COVID-19 などの感染症の拡大防止のために,感染経路を推定可能な社会基盤が求められている.そこで,スマートシ... [more] NS2020-103
pp.85-90
NS, IN
(併催)
2017-03-03
14:00
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 人の流れデータ生成法が感染型情報伝播に与える影響
酒井勇輔藤原明広福井工大IN2016-167
東京大学空間情報科学センターの人の流れプロジェクトでは,パーソントリップ調査データを基に作成された人の流れデータを提供し... [more] IN2016-167
pp.419-424
CCS 2016-11-04
14:45
京都 京都産大むすびわざ館 人の流動ネットワークのクラスタリングの属性に対する依存性
藤原直哉東大CCS2016-36
人々が盛んに行き来することで交流が深いと思われる地理的単位(圏域)を同定することは非常に重要である。これまで、筆者らはネ... [more] CCS2016-36
pp.31-35
CCS 2016-08-09
17:00
北海道 余市町中央公民館 人流ネットワークのクラスタリングによる圏域検出と感染症拡大モデル
藤原直哉東大)・桜町 律ゼンリンデータコム)・秋山祐樹東大)・藤嶋翔太東京理科大)・金田穂高ゼンリンデータコム)・柴崎亮介東大CCS2016-20
都市圏において人の行き来が活発な地域を圏域として設定することは重要である。例えば、経済政策や感染症対策などの実行は通常行... [more] CCS2016-20
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2016-03-04
09:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 擬似人流データを利用した感染型ルーチングにおける適正な通信距離の推定
藤原明広福井工大IN2015-124
最近,iBeacon,Wi-Fi AwareやWi-SUN等の近距離無線通信を利用して近接する端末同士で
基地局を介さ... [more]
IN2015-124
pp.95-100
ITS, IEE-ITS
(連催)
2014-03-13
09:20
京都 京都大学 An Investigation on Generic Properties of People Flow Database
Mikio SasakiDENSO)・Yoshihide SekimotoUniv. of TokyoITS2013-69
近年、人の流れデータベースが全国や海外に展開し、ますます大規模に利用できるようになった。一方で、携帯・スマフォ・プローブ... [more] ITS2013-69
pp.7-12
ITS, IEE-ITS
(連催)
2012-03-15
14:25
東京 電気学会本部 人の流れに基づく危険予知システムに関する一提案
笹木美樹男デンソー)・薄井智貴中村敏和関本義秀東大ITS2011-57
人の流れデータとは,公的調査で得られた「識別番号,日時,位置,性別,年齢,住所,職業,目的,交通手段」を1 分間隔で時空... [more] ITS2011-57
pp.17-22
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会