お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 81件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
13:35
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
類似性と多様性を両立する連合型個別化推薦モデルの構築
濱田雅大笹田大翔妙中雄三門林雄基奈良先端大NS2022-46
オンデマンドの映画配信が普及し,サービス品質やリテンション率の向上のためにユーザの嗜好に合う個別化された映画推薦が求めら... [more] NS2022-46
pp.100-105
RCS, IN, NV
(併催)
2021-05-28
11:45
ONLINE オンライン開催 動的グラフにおけるランダムウォークを用いたPersonalized PageRankの追従性能に関する評価
山下剛志金子晋丈慶大IN2021-5
様々なサービスが管理するグラフを結合することで複数のサービスがグラフを横断的に利用することが可能な自律分散グラフとなる.... [more] IN2021-5
pp.25-30
LOIS 2021-03-04
15:40
ONLINE オンライン開催 オープンデータのデータ利活用を促進させる利用者特性に関する探索的調査
小舘亮之大室良介若原俊彦曽根原 登津田塾大LOIS2020-53
現在,政府や地方自治体において,情報公開や地域振興に資する目的でオープンデータの公開と活用が進んでいる. オープンデータ... [more] LOIS2020-53
pp.35-40
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-22
09:35
ONLINE オンライン開催 インタラクティブに個人適応するスマートシステムの特徴づけ
中田匠哉佐伯幸郎中村匡秀神戸大ICM2020-50 LOIS2020-38
システムがユーザ個人の好みやニーズに応じてサービスを提供する「サービスの個人適応」は,来るべき超スマート社会の実現のカギ... [more] ICM2020-50 LOIS2020-38
pp.93-99
IN 2021-01-18
10:30
ONLINE オンライン開催 ランダムウォークを用いたハイパーグラフにおけるローカルコミュニティと弱い紐帯の抽出
岡 亮慶大)・高井勇輝理研)・松本直己慶大)・池田正弘理研)・金子晋丈慶大IN2020-41
コンテンツを頂点,その関係性を枝とするグラフを活用したサービスが多く普及している.コミュニティ抽出あるいはグラフクラスタ... [more] IN2020-41
pp.1-6
SITE, IPSJ-EIP
(連催) [詳細]
2020-06-04
14:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]データサイエンスの実務とビジネス・倫理
森下壮一郎サイバーエージェントSITE2020-7
人々の生活の多くがデジタルプラットフォームの上でも営まれるようになり,特に受験や就職,結婚などのライフチャンスに関わるイ... [more] SITE2020-7
pp.41-44
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]パーソナルデータの高度利用化を目指したセキュアPDSサービスの研究
宮城裕佳柳澤宏伎宮保憲治東京電機大
近年、PDS(Personal Data Store)と呼ばれる個人情報の管理技術の開発が進んでいる。IoT技術の発展に... [more]
HIP 2018-12-26
14:30
宮城 東北大学電気通信研究所 オンライン学習における学習時の視線情報と理解度の関係
勝間田 仁加藤利康日本工大HIP2018-73
スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの普及によって,ICTを活用した教育・学習環境が整備されてきている.今後... [more] HIP2018-73
pp.5-8
CQ 2018-07-20
10:25
宮城 東北大学 [特別招待講演]情報通信サービスのパーソナライズ化を目指したQoE測定・評価技術
山崎達也新潟大CQ2018-36
情報通信技術(ICT: Information and Communications Technology)の発達により... [more] CQ2018-36
pp.31-33
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]異種サービス連携のための実空間連動型データ管理アーキテクチャの提案
長尾健太郎九工大)・妙中雄三奈良先端大)・永田 晃iD)・田村 瞳福岡工大)・塚本和也九工大RCC2018-39 NS2018-52 RCS2018-97 SR2018-36 ASN2018-33
近年,スマートシティに代表されるような,人々の生活圏内のモノ/サービスのデータや,パーソナルデータをネットワークを介して... [more] RCC2018-39 NS2018-52 RCS2018-97 SR2018-36 ASN2018-33
pp.79-84(RCC), pp.85-90(NS), pp.97-102(RCS), pp.89-94(SR), pp.95-100(ASN)
EMM, IE, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2017-09-05
10:00
京都 京都大学 百周年時計台記念館 HPKI認証を用いた在宅医療介護連携システムにおける個人情報の開示先制御
稲吉陽一朗名工大)・白石善明神戸大)・竹尾 淳加藤昇平矢口隆明岩田 彰名工大LOIS2017-19 IE2017-40 EMM2017-48
在宅医療介護における多機関多職種の医療介護従事者間の情報共有にICT を活用することでチームケアが円滑となり, 医療・介... [more] LOIS2017-19 IE2017-40 EMM2017-48
pp.51-56
WIT 2017-08-29
11:50
秋田 秋田大学理工学部 デザインソムリエ:サービス提供者とユーザに負担をかけない統合パーソナライゼーションデザイン技術
大山潤爾産総研WIT2017-26
バリアフリーや多様性に対応した社会の実現に向けて,情報機器やサービスをユーザ個人に合わせて提供するパーソナライゼーション... [more] WIT2017-26
pp.67-72
HCS 2017-08-21
11:50
東京 成蹊大学 SNSの利用と性格特性の関連 ~ BigFive尺度を用いた探索 ~
野村竜也黒田孝二郎龍谷大HCS2017-55
LINE,Twitter等のSNSの利用と個人の性格特性との関連を探索することを目的として,560名を対象としたオンライ... [more] HCS2017-55
pp.47-50
IA, IN
(併催)
2016-12-16
11:15
広島 広島市立大学 講堂小ホール [招待講演]パーソナルデータの分散管理による活用
橋田浩一東大IN2016-81 IA2016-76
パーソナルデータの管理を個人に分散させることにより、各個人が自分のデータを事業者等と共有して良質のサービスを受けることが... [more] IN2016-81 IA2016-76
pp.87-90(IN), pp.75-78(IA)
SWIM 2016-12-03
15:05
東京 東京工芸大学 中野キャンパス サイバースぺ―ス革命 ~ 新産業革命再考 ~
小松昭英ものづくりAPS推進機構SWIM2016-15
わが国の新産業革命も、独・米の後追いながらも、官民の体制も整い、それぞれの組織も活動状況などを発表できる状況になりつつあ... [more] SWIM2016-15
pp.25-32
SWIM 2016-08-26
15:00
東京 法政大学(新一口坂校舎) サイバースぺ―ス再考
小松昭英ものづくりAPS推進機構SWIM2016-8
コンピューティングの視点から、サイバースぺ―スをコーポレート、インダストリアル、パーソナル、ソーシャルの4象限から構成さ... [more] SWIM2016-8
pp.9-14
NLC, TL
(共催)
2016-06-05
10:45
北海道 小樽商科大学 生年月日を知られてしまうおそれのあるツイートの調査
宮城直広・○安田研二渡辺靖彦西村 涼岡田至弘龍谷大TL2016-12 NLC2016-12
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用が進み、
個人情報を知られてしまうおそれが高まっている。
本研... [more]
TL2016-12 NLC2016-12
pp.59-64
NS, IN
(併催)
2016-03-04
13:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) CatalogueSystemのグラフ構造およびユーザのアクセス履歴を用いたコンテンツの絞り込み提示機構
岩井聡一朗寺岡文男金子晋丈慶大IN2015-144
近年,インターネットを介して共有されるコンテンツはますます増加傾向にあり,これらのコンテンツ群からいかにユーザの興味・関... [more] IN2015-144
pp.211-216
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-03
17:30
東京 東京工業大学 [特別招待講演]無線通信技術のたゆまぬ発展
安達文幸東北大CCS2015-70 RCS2015-373 SR2015-107 SRW2015-99
移動無線ネットワークは第1世代の誕生(1979年12月)からおよそ35年をかけて第4世代ネットワークまで発展してきた.第... [more] CCS2015-70 RCS2015-373 SR2015-107 SRW2015-99
pp.17-22(CCS), pp.231-236(RCS), pp.107-112(SR), pp.159-164(SRW)
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2016-01-28
12:50
神奈川 箱根湯本温泉の旅館 ホテルおかだ 移動型エージェントによる安全なサービス個人化手法
北形 元久保田恭守高橋秀幸笹井一人木下哲男東北大MoNA2015-39
本稿では,サンドボックス化したエージェントワークプレイスを導入し,移動
型エージェントに個人情報を局所的に参照させるこ... [more]
MoNA2015-39
pp.13-17
 81件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会