お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 243件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, SeMI
(併催)
2023-01-20
10:20
徳島 鳴門グランドホテル海月
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光電脈波信号を用いたU-Netとドメイン敵対的学習による被験者間条件における動脈血圧波形推定
吉澤陸人山本幸平大槻知明慶大SeMI2022-96
光電脈波(PPG)信号を用いた深層学習モデルによる血圧推定法が近年盛んに研究されている.この手法は,カメラやドップラーレ... [more] SeMI2022-96
pp.113-118
EA, US
(併催)
2022-12-22
13:30
広島 サテライトキャンパスひろしま [ポスター講演]内頚動脈上の動脈瘤が圧力波伝搬に与える影響
橋本直樹宮脇敏和余 家昊松川真美同志社大US2022-52
本研究の目的は,安全かつ簡易な脳動脈瘤評価手法の開発である.このため我々は測定しやすい頚動脈波に着目し, 人工模擬血管チ... [more] US2022-52
pp.10-14
EA, US
(併催)
2022-12-22
13:30
広島 サテライトキャンパスひろしま [ポスター講演]回折を考慮した光ファイバプローブハイドロホンの校正についての検討
脇 明紀和飛鳥雄平山本 稔小池義和芝浦工大US2022-57
筆者等は、キャビテーション気泡崩壊などが生じる35k~200kHzの周波数帯で、精度の高い音圧計測を反射型FOPHで試み... [more] US2022-57
pp.32-37
EA, US
(併催)
2022-12-22
16:50
広島 サテライトキャンパスひろしま [ポスター講演]光ファイバ反射型超音波プローブの光源選択と光ファイバ増幅器の利用
早川惇平和田有司中村健太郎東工大US2022-60
現在,空中超音波の応用が進んでいる。空中超音波の主な測定手段である1/8-inchコンデンサマイクロホンは,特に数10 ... [more] US2022-60
pp.50-55
SANE 2022-12-15
17:10
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
火山活動及び地震と衛星軌道の関連性について
飯岡慶衣子田中 真東海大SANE2022-74
地上で発生する火山活動や地震等の影響は電離圏にまで伝播し,擾乱を引き起こすことがある.本研究では,この擾乱が人工衛星やス... [more] SANE2022-74
pp.59-64
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
デジタルペンの筆圧による濃淡表現の有無が筆算の正答率に及ぼす影響
小林沙利植木里帆関口祐豊中村聡史明大)・掛 晃幸石丸 築ワコム
教育のデジタル化により,タブレットなどを用いて手書きをする機会も増えている.ここで手書きのデジタル化がどのような影響をお... [more]
RCC, ITS, WBS
(共催)
2022-12-14
16:25
滋賀 立命館大学BKC
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
50Hzで取得したMEMSセンサデータを用いた車両位置推定方式 ~ センサデータの高分解能化の位置推定精度への影響 ~
横田孝義筑波学院大)・山際大賀鳥取大WBS2022-64 ITS2022-40 RCC2022-64
自動車の走行位置を正確に求める手法としてGlobal Navigation Satellite System(GNSS)... [more] WBS2022-64 ITS2022-40 RCC2022-64
pp.161-166
ED 2022-12-08
16:00
愛知 12/8 名大,12/9 ウインク愛知(会場は「詳細はこちら」を参照ください) 転写モールド法微小突起型陰極アレイを用いた紫外線発光源用大気圧プラズマ源の研究
文 宗鉉清水皓介静岡大ED2022-57
紫外線光源として応用されている従来の平行平板型や同軸円筒型誘電体バリア放電は局所的な異常放電の発生する可能性があり, 局... [more] ED2022-57
pp.26-28
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-15
11:35
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]シイタケの発生促進に起因する雷撃と音の関係
清水博幸平栗健史日本工大)・高梨琢磨森林研究・整備機構)・高木浩一岩手大CQ2022-27
原木によるシイタケの成長促進として,種々の手法が提案されており,高電圧を榾木へ直接印加して電気的な刺激を与える手法などが... [more] CQ2022-27
pp.25-29
MBE 2022-07-23
14:15
ONLINE オンライン開催 座圧分布を用いた姿勢判別による車いすインタフェースの検討
堀 潤一廣瀬大真新潟大MBE2022-15
電動車いす操作用のインタフェースとして,ジョイスティックやハンドルが一般的である.本研究では,使用者の座圧分布から姿勢変... [more] MBE2022-15
pp.13-15
SANE 2022-07-01
14:15
茨城 JAXA筑波宇宙センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
トンガ沖海底火山噴火と衛星軌道の関係性について
飯岡慶衣子田中 真東海大SANE2022-17
2022年1月15日、トンガ沖の海底火山の噴火が発生した.ニュースの映像からは,巨大な衝撃波の現象が確認され,日本でも津... [more] SANE2022-17
pp.12-15
US 2022-06-30
13:00
大阪 関西大学 千里山キャンパス キャビテーション下での反射型光FOPHの音圧測定精度の検討
飛鳥雄平山本 稔木村 光鈴木翔大小池義和芝浦工大)・日根清裕石谷伸治パナソニックUS2022-12
筆者等はキャビテーション気泡崩壊などが生じる35k~200kHzの周波数帯で精度の高い音圧計測を反射型FOPHで試みてい... [more] US2022-12
pp.15-18
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
09:15
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
言語処理と知能の脳室内免疫細胞ネットワーク仮説 ~ 脳脊髄液中の B リンパ球が脊髄反射と言語処理を司る ~
得丸久文研究者NC2022-10 IBISML2022-10
突発性正常圧水頭症患者にシャント術を施すと,失語症や健忘症が発症する事例がある.血液脳関門で保護された脳室・脳脊髄液中を... [more] NC2022-10 IBISML2022-10
pp.80-85
SeMI, IPSJ-DPS, IPSJ-MBL, IPSJ-ITS
(連催)
2022-05-26
14:03
沖縄 北谷町商工会ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
U-Net を用いた心電図信号による連続血圧値推定
吉澤陸人山本幸平大槻知明慶大SeMI2022-5
カフを用いずに不快感少なく血圧を推定する方法として, 心電図を用いた方法が近年研究されている. 先行研究では, 心電図信... [more] SeMI2022-5
pp.20-25
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-26
13:50
ONLINE オンライン開催 イリジウム衛星ショートバースト通信を用いた南極上空の通信実験
加保貴奈湘南工科大)・斎藤芳隆JAXA)・冨川喜弘NIPRWBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
南極昭和基地に設置したPANSYレーダーとスーパープレッシャー気球を用いて南極上空の大気の波動(大気重力波)を測定する実... [more] WBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
pp.34-39
US 2022-05-19
10:25
東京 機械振興会館 強力振動子を用いた超音波フェーズドアレイの開発
星 貴之大岡佳生PxDTUS2022-2
市販製品よりも強力な空中超音波を放射することのできる特製の超音波振動子を271個使用し、個別駆動可能なフェーズドアレイを... [more] US2022-2
pp.6-7
ITS, IEE-ITS
(連催)
2022-03-11
11:15
ONLINE オンライン開催 標高などの道路の特徴を用いた車両走行位置算出方法の一般道路ネットワーク対応について ~ 複数道路の同時評価による走行位置算出 ~
山際大賀横田孝義鳥取大ITS2021-67
自動車の走行位置を正確に求める手法としてGlobal Navigation Satellite System(GNSS)... [more] ITS2021-67
pp.22-27
MICT, EMCJ
(併催)
2022-03-04
09:05
ONLINE オンライン開催 機械学習による被験者分類に基づく非接触血圧推定法に関する一検討
石坂秀壮山本公平大槻知明慶大MICT2021-101
近年,日常生活で血圧を測定する方法として, 非接触血圧測定が関心を集めている.
非接触血圧測定法としてドップラーレーダ... [more]
MICT2021-101
pp.1-6
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2022-02-24
14:05
ONLINE オンライン開催 ヘテロコア光ファイバ圧力センサを用いたハンズフリー嚥下機能評価デバイスの応答評価
前田大徳門倉美幸青木涼子創価大)・川上 勝自治医科大)・小山勇也千葉工大)・西山道子渡辺一弘創価大OFT2021-71 OPE2021-50
本稿では,皮膚裂傷を起こさないヘテロコア光ファイバ圧力センサを用いた非侵襲的なハンズフリー嚥下機能評価デバイスを提案し,... [more] OFT2021-71 OPE2021-50
pp.9-12
US 2022-01-25
13:55
ONLINE オンライン開催 ダミーヘッドを用いた超音波領域における耳介周りの音響計測
春澤恒輝神奈川工科大)・稲村祐美エスピック)・廣江正明小林理研)・長谷川英之富山大)・中村健太郎東工大)・神崎 晶慶大)・桐生昭吾東京都市大)・上田麻理神奈川工科大US2021-62
スピーカ呈示による超高周波音(Very High Frequency sounds:VHF音)の可聴閾値計測では,頭の位... [more] US2021-62
pp.22-27
 243件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会