お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
10:45
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オプトメカの量子制御を通したマクロな物体間の量子もつれ生成
三木大輔九大)・松本伸之学習院大)・松村 央七條友哉杉山祐紀山本一博九大)・山本直樹慶大
共振器の一端に振動する鏡を用いたオプトメカニカル系は巨視的な量子系の実現に向けた模型の一つである.鏡は共振器内の光子と相... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]制御が列及び行単位に制限された量子ビットアレイを用いたユニバーサルな量子計算
田中 咲戸丸辰也吉村地尋水野弘之日立
次元格子状の量子ビットアレイは制御を列及び行単位に共通化することにより高集積化が可能になる. この制限の下で, 1 量子... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Effect of entanglement on the trainability of over-parametrized quantum circuits
Wolfgang GlaeserNaoki YamamotoKeio Univ.
In this work, the effect of entanglement on the performance ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]受動光学素子を用いた偏光量子もつれ光子対生成効率増幅の原理
清水魁人湯川英美佐中 薫東京理科大
偏光量子もつれ光子対は,様々な量子情報技術のソースとして注目を浴びているが,その高効率な生成方法の確立は長年の課題となっ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]軌道角運動量もつれ合い状態光子源及び検出系の検討
熊野 翔渡辺大貴宮本洋子電通大
光子の軌道角運動量もつれ合いの検出には、各光子を異なる軌道角運動量の重ね合わせ状態で検出する必要があり、その手段としてホ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]離れたイオン-共振器系でのエンタングルメント生成における励起パルス波形の最適化
丹治和史ロガ ヴォイチェフ慶大)・高橋優樹沖縄科技大)・武岡正裕慶大
真空中にトラップされたイオンは量子コンピュータ実現のための様々なよい特性を持つが,そのスケーラビリティに問題を抱えている... [more]
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2022-11-17
14:35
高知 Kochi Startup BASE
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子もつれとMMO加算現象に関する知見
岡崎秀晃稲葉直彦湘南工科大)・高坂拓司中京大CAS2022-41 MSS2022-24
本報告では,量子もつれとMMOs のそれぞれの特徴的な規則性に注目して,量子もつれとMMOs との関わりについて考察する... [more] CAS2022-41 MSS2022-24
pp.25-29
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]オンチップリング共振器を用いた超広帯域周波数もつれ光子対発生の検証
濱山友志杉浦健太中村 暖岡本 亮京大)・Brent E. Little中国科学院)・Sai Tak CHU城大)・竹内繁樹京大
周波数もつれ光子対は量子計測や量子情報処理などの量子技術に広く用いられる.周波数もつれ光子対の帯域幅を広げることは,量子... [more]
PN, MWP, EMT, PEM
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-01-27
15:50
ONLINE オンライン開催 テンソル積の不適切な利用による不確定性
太田昌孝東工大PN2021-38 EMT2021-54 MWP2021-43
相対位相を観測するホモダイン検波から明らかなように,複数量子の相互作用の結果は一般に量子間の相対位相に依存する.しかし,... [more] PN2021-38 EMT2021-54 MWP2021-43
pp.31-34
QIT
(第二種研究会)
2021-12-01
16:40
ONLINE オンライン開催 重力の量子性と非ガウス状態の量子もつれ
三木大輔松村 央山本一博九大
重力と量子力学の統一に関して確立した理論は確立されていないが、量子力学の原理から重力を説明しようとするアプローチが注目さ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
11:50
ONLINE オンライン開催 制限のある古典通信可能なマルチサーバーブラインド量子計算プロトコル
佐野裕一京大
量子コンピュータを持っていないが量子計算を行いたいユーザーは,量子クラウドサーバーに計算を委託する必要がある.安全に委託... [more]
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
16:20
ONLINE オンライン開催 超伝導量子ビットのリサイクルによる時間領域1次元クラスター状態の生成実験
白井菖太郎東京理科大)・ゾウ ユ理研)・坂田圭一向井寛人蔡 兆申東京理科大
量子情報処理において多体エンタングル状態は有用なリソース状態であり、大規模な多体多体エンタングル状態の生成は大きな研究対... [more]
QIT
(第二種研究会)
2021-05-25
10:30
ONLINE オンライン開催 On Efficiencies of Two TPCP maps Discrimination using Quantum Queries
岩越丈尚三重大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2021-05-25
13:40
ONLINE オンライン開催 Constructions of $ell$-Adic $t$-Deletion-Correcting Quantum Codes
Ryutaroh MatsumotoTokyo Tech.)・Manabu HagiwaraChiba Univ.
We propose two systematic constructions of deletion-correcti... [more]
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]相互作用がある場の理論でのエンタングルメントエントロピー
磯 暁・○森 崇人高エネルギー加速器研究機構/総研大)・酒井勝太高エネルギー加速器研究機構
場の理論を用いた有質量相互作用系における半空間のエンタングルメントエントロピーの定式化を行った.レプリカ法と呼ばれる手法... [more]
QIT
(第二種研究会)
2020-12-11
16:20
ONLINE オンライン開催 任意の分離可能状態を生成できる量子もつれ破壊通信路の指数的複雑性 ~ Disentangler 仮説ヘの応用 ~
秋笛清石加藤 豪谷 誠一郎NTT
量子de Finetti定理は、交換可能な量子複合系の一部を捨てるという物理過程$¥Gamma$の量子もつれ{¥bf 解... [more]
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]未知のノイズパラメータの存在下における量子計測
持田稜介湯浅一哉早大
ノイズの存在下における量子計測を議論する. 先行研究の多くではノイズの特徴を既知とする前提で議論されているが, 本研究で... [more]
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]局所操作と古典通信による効率的なスタビライザー符号の復号
白石航暉東大)・山崎隼汰IQOQI Vienna)・村尾美緒東大
本研究では,スタビライザー符号を用いて符号化された量子情報を各量子ビット上での局所的な操作と量子ビット間での古典通信によ... [more]
IT 2020-12-02
15:50
ONLINE オンライン開催 非直交量子状態によるマルチレベルゴーストイメージング
岡田泰幸山内 淳愛知県立大)・高橋祐斗名城大)・王 天澄臼田 毅愛知県立大IT2020-41
量子プロトコルにおける重要なリソースとしてエンタングルメントがある.エンタングルメントを利用したプロトコルの例として,近... [more] IT2020-41
pp.96-100
IT 2020-12-02
16:50
ONLINE オンライン開催 エンタングルド状態のN量子ビットテレポーテーションにおける量子誤りの影響
足立侑真高橋祐斗宇佐見庄五名城大)・臼田 毅愛知県立大IT2020-44
量子テレポーテーションは,量子状態を転送するプロトコルである.これはエンタングルメントを用いて達成される.また,近年には... [more] IT2020-44
pp.111-116
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会