お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2022-12-09
12:45
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
相補性原理に基づく量子情報の復号手法の構築
中田芳史京大)・松浦孝弥RMIT)・小芦雅斗東大
ノイジーな量子系から量子情報を復号する手法は、量子誤り訂正を始めとして量子情報科学や物理で重要な役割を果たしている。本発... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-09
18:15
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
三重直交量子誤り訂正符号に基づいた量子秘密計算
ミシェンコ ピョートル草川恵太NTT
量子秘密計算プロトコルとは、お互いに信頼関係になく、そして必ずしもプロトコルに従わない$n$人の参加者間で誤りのない分散... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Rydberg原子量子コンピュータに対する表面符号の消失誤り訂正プロトコルの提案
小林史佳メルカリ/阪大)・永山翔太メルカリ/慶大
光ピンセットアレイによるRydberg原子量子コンピュータは量子コンピュータや量子通信のプラットフォームとしてのよい性質... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
13:30
ONLINE オンライン開催 エラー確率が不均質な表面符号の復号のフェニック木を用いた高速化
新居智将東大)・鈴木泰成徳永裕己NTT
代表的な量子誤り訂正符号である表面符号でエラーを推定するには、量子ビットごとのエラー率に対応する重みづけがされた最小重み... [more]
RCS, SAT
(併催)
2021-08-27
10:55
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]自由空間量子鍵配送における適応polar符号による鍵蒸留システムに関する検討
山下裕真名工大)・遠藤寛之NICT)・藤田紳吾岡本英二名工大)・竹中秀樹豊嶋守生NICTSAT2021-35
量子鍵配送(quantum key distribution: QKD)とは物理学的に許されるあらゆる攻撃に対して安全で... [more] SAT2021-35
pp.37-42
IT 2021-07-08
15:35
ONLINE オンライン開催 ゲート型量子コンピュータの量子ノイズ解析-3 ~ 量子確率微分方程式の応用 ~
廣田 修辻井重男中大IT2021-20
最近、大規模な量子コンピュータの実現予測が世界的規模で議論され、現代暗号への攻撃が可能になる量子コンピュータの実現が期待... [more] IT2021-20
pp.28-33
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
16:10
ONLINE オンライン開催 量子誤り抑制を用いた誤り耐性量子計算
鈴木泰成・○遠藤 傑NTT)・藤井啓祐阪大)・徳永裕己NTT
誤り耐性量子計算とは、量子誤り訂正によって物理的なエラーを訂正しながら任意の量子計算を行う枠組みである。誤り耐性量子計算... [more]
PN 2020-08-24
10:30
ONLINE オンライン開催 もつれ状態への局所的雑音の適用による非局所的雑音
太田昌孝東工大PN2020-14
Shorの量子誤り訂正は,雑音の局所性,つまりqubit状態はその周辺環境との相互作用のみにより乱され局所性があるという... [more] PN2020-14
pp.7-9
AP, SANE, SAT
(併催)
2020-07-15
15:05
ONLINE オンライン開催 Polar符号の自由空間量子鍵配送への応用に向けた数値的検討
山下裕真名工大)・遠藤寛之NICT)・藤田紳吾岡本英二名工大)・竹中秀樹豊嶋守生NICTSAT2020-5
量子鍵配送(Quantum Key Distribution : QKD)とは,量子力学の原理を利用して,物理学的に許さ... [more] SAT2020-5
pp.13-18
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
13:50
東京 学習院大学 [ポスター講演]シンドローム測定間隔の最適化による量子誤り訂正の改善
高城翔矢藤井啓祐阪大
長寿命量子メモリの実現は大規模量子計算の実行には不可欠であり,そのための有望な技術がスタビライザー符号である.特にKit... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]グラフ畳み込みを用いたトポロジカル表面符号のデコーディング
ダワースレン アマルサナー東大)・鈴木泰成NTT)・藤井啓介京大)・中村泰信東大
フォールトトレラントな量子計算の実現には量子誤り訂正符号が不可欠である。そのためには、符号化したエラーを高精度かつ高速に... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]超伝導量子ビット二次元集積量子系上での交差共鳴ゲート
部谷謙太郎三上聖人アマルサナー ダワースレン竹田悠大河アキル プラタップ シンクー河野信吾東大)・鈴木泰成NTT)・日塔光一楠山幸一理研)・玉手修平田渕 豊東大)・中村泰信東大/理研
大規模量子計算の実現には、量子謝り訂正の実装が不可欠である。しかし、現在最も有望視されている量子誤り訂正符号の一つである... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
17:30
広島 広島国際会議場 小会議室ラン 独立に準備された量子状態の二者間での識別 ~ Parallel repetition conjecture の反例として ~
秋笛清石加藤 豪NTT
あるアンサンブルから確率的に選ばれた量子状態を二者間で識別する場合と、一人で識別する場合で生じる識別性能の差は、「アンサ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]Tracking Quantum Error Correction
福井浩介富田章久岡本 淳北大
連続量状態を用いた耐故障性量子計算を実現するためにGottesman-Kitaev-Preskill (GKP) qub... [more]
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
14:35
東京 東海大学 高輪キャンパス Quantum Stabilizer Codes Can Realize Access Structures Impossible by Classical Secret Sharing
Ryutaroh MatsumotoTokyo Tech.IT2016-132 ISEC2016-122 WBS2016-108
We show a simple example of a secret sharing scheme
encodin... [more]
IT2016-132 ISEC2016-122 WBS2016-108
pp.215-216
NLP 2016-12-13
10:55
愛知 中京大学 光電効果と電子波動周波数弁別を用いる通信系のための単電子復号回路
節家 淳佐藤仁哉・○藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2016-96
テラヘルツ帯域のセンシングや通信のためのフロントエンド受信部に小型化や低電力化を求めて,量子力学的現象を応用することが検... [more] NLP2016-96
pp.67-72
QIT
(第二種研究会)
2016-05-30
09:50
高知 高知工科大学永国寺キャンパス コヒーレンスを含むノイズに対する量子1次元反復符号の性能評価
杉山太香典阪大)・藤井啓祐東大)・永田晴久田中冬彦阪大
近年,量子ゲートの誤り率が特定のノイズモデルに対する2次元表面符号の誤り耐性閾値に達しているという実験報告があり,より一... [more]
QIT
(第二種研究会)
2015-11-24
10:20
神奈川 NTT厚木研究開発センタ講堂 位相スクイーズド光を用いた通信による原子間もつれ形成と光子損失
松岡史晃富田章久北大
フォールトトレラントな量子計算の実装には,低エラー確率かつ高成功確率のもつれ形成が求められる.我々は,2原子間の通信によ... [more]
IT 2015-01-30
13:50
千葉 千葉県 柏の葉 東京大学フューチャーセンター B92量子鍵配送プロトコルの有限長での鍵レート
佐々木洋明松本隆太郎植松友彦東工大IT2014-56
盗聴者に対して情報理論的安全性をもつ秘密鍵共有法としてB92量子鍵配送プロトコルが知られている.誤り訂正と秘匿性増強を行... [more] IT2014-56
pp.13-18
QIT
(第二種研究会)
2014-11-17
13:30
宮城 東北大学 [ポスター講演]高速動作する連続変数量子鍵配送装置
小栗雄介石井伴旺松原多玖人市川 翼平野琢也学習院大)・笠井健太松本隆太郎東工大)・鶴丸豊広三菱電機
連続変数量子鍵配送(CV-QKD)は,ホモダイン検出を用いて直交位相振幅を測定するもので,コヒーレント光通信との親和性が... [more]
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会