お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]A Note on Quantum Divide and Conquer for Minimal String Rotation
Qisheng WangNU
Lexicographically minimal string rotation is a fundamental p... [more]
DE 2016-09-13
14:20
神奈川 慶応大学日吉キャンパス データベースシステムにおける問合せ最適化器の評価に関する実験的考察
川道亮治早水悠登合田和生東大)・喜連川 優東大/NIIDE2016-12
問合せ最適化器による問合せ実行プラン生成の最適性は、データベースシステムの性能に極めて大きな影響を与えるにも関わらず、そ... [more] DE2016-12
pp.1-6
SC 2016-03-25
16:50
東京 国立情報学研究所 サービス化したデータ管理、Publisher/Subscriberによるフェデレーションを用いたQueryのOptimization手法の検討
菊地伸治会津大SC2015-28
サービスコンピューティングの進展、Object Storage等の登場等で、RESTful に代表される疎結合性の高い新... [more] SC2015-28
pp.37-44
SS 2016-03-10
13:00
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 制限されたDTDクラスのもとでのXQuery式の型推論
杉村憲司石原靖哲阪大)・加藤弘之NII)・藤原 融阪大SS2015-82
XQuery 型推論問題は,問合せ最適化などに応用できる重要な問題である... [more] SS2015-82
pp.37-42
SS 2016-03-10
13:25
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 ノードの並べ替え処理と重複削除処理の回避によるXQuery最適化
石原靖哲阪大)・加藤弘之NII)・Torsten GrustUniversitaet TuebingenSS2015-83
XQuery式の評価においては,XML文書中のノードの並べ替えとノードの重複削除の処理がしばしば発生する.本報告では,X... [more] SS2015-83
pp.43-48
USN, AN, MoNA
(併催)
2010-01-22
16:40
静岡 アクトシティ浜松 異種センサネットワーク混在環境下におけるマルチユーザを考慮した問い合わせの最適化手法
藤原秋司横田裕介大久保英嗣立命館大USN2009-73
現在, 我々はMGS(Multi--device control Gateway Service for sensor ... [more] USN2009-73
pp.133-138
DE 2008-09-21
13:00
福島 飯坂ホテル聚楽 [招待講演]Advanced Query Optimization Techniques in a Parallel Computing Environment
Wook-Shin HanKyungpook National Univ.DE2008-30
We introduce two query optimization techniques that we recen... [more] DE2008-30
pp.1-2
MSS 2007-01-26
16:05
東京 機械振興会館 秘密分散共有データベースにおける分散クエリ最適化問題について
池村武司宮本俊幸熊谷貞俊阪大
分散データベースシステムは,取り扱われるデータの増加に対応することができ
る.しかしながら,分散データベースシステム... [more]
CST2006-45
pp.43-48
MSS, CAS
(共催)
2005-11-10
13:00
山口 山口大学 秘密分散共有法を用いた分散データベースシステムにおける縦分割アルゴリズム
宮本俊幸守田泰博熊谷貞俊阪大
データベースで扱うデータの容量は増加する一方であり,
分散データベースの必要性が高まっている.
一方で,個人情報など... [more]
CAS2005-52 CST2005-21
pp.17-22
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会