お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 71件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SC 2022-03-11
16:55
ONLINE 機械振興会館 (ハイブリッド開催)からオンライン開催に変更 効率的なソフトウェアアップサイクルのための事例共有システムの検討
中田匠哉陳 思楠中村匡秀神戸大SC2021-47
ソフトウェアの保守管理・更新において,過去の開発で蓄積された技術的負債が多大な作業コストとなる問題が生じている.この負債... [more] SC2021-47
pp.71-74
SS 2022-03-07
18:00
ONLINE オンライン開催 欠陥箇所検索に有効なバグレポート中のキーワード抽出
林 和輝小林隆志東工大SS2021-56
ソフトウェアの欠陥箇所特定を支援するために情報検索技術に基づく欠陥箇所検索手法が研究されている. これら研究では,検索ク... [more] SS2021-56
pp.84-89
SR 2021-05-20
15:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]ソフトウェア無線技術を活用した無線業務支援ツールの試作
小野 優中谷達也宮城利文NTTSR2021-8
NTTの固定無線システムは絶対的な導入数が少ない一方で多種のシステムが存在しており、無線業務の効率化が課題である。そこで... [more] SR2021-8
pp.49-56
R 2020-10-16
13:50
ONLINE オンライン開催 GUIを考慮した深層学習に基づく最適メンテナンス時刻の推定に関する考察
柳澤 拓田村慶信東京都市大)・山田 茂鳥取大R2020-21
これまでに提案されてきたソフトウェア信頼性モデルの多くはソフトウェア開発におけるテスト工程を対象としたモデルである.
... [more]
R2020-21
pp.13-18
ET 2020-07-10
12:10
青森 青森県観光物産館 アスパム 視覚障害者の表計算ソフトウェア学習環境を改善するシステム ~ 自己学習と教材整備の支援 ~
平松 勲東京農工大)・毛利考佑京大)・金子敬一東京農工大ET2020-5
視覚障害者がコンピュータスキルの習得・定着のため練習問題に取り組む際には,その正誤状況や正解に至るための操作手順を教師が... [more] ET2020-5
pp.1-6
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
10:55
ONLINE オンライン開催 高い拡張性を備えたSaaS型コードクローン分析システムの提案
松島一樹井上克郎阪大SS2020-1
効率的なコードクローンの分析の支援を目的としたツールに関する研究が数多く行われている.しかし,既存のツールは特定のコード... [more] SS2020-1
pp.1-6
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
11:45
ONLINE オンライン開催 ImperSD: Java言語向け命令型スクリプタブルデバッグ環境
平ノ内奎太小林隆志東工大SS2020-3
デバッグの工程における開発者は何度もプログラムの内部観測作業を繰り返すことがある.これを解決する方法としてデバッグの手順... [more] SS2020-3
pp.13-18
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2019-07-14
10:50
北海道 小樽経済センター 複数コードクローン検出結果の比較・表示法
松島一樹井上克郎阪大SS2019-12 KBSE2019-22
コードクローンを自動的に検出するための様々な手法が提案されてきており,コードクローン検出ツールとして実装されてきた.しか... [more] SS2019-12 KBSE2019-22
pp.147-152
SS 2019-03-05
09:50
沖縄 沖縄産業支援センター コードクローン保守支援を目的とした変更履歴可視化システム
本田紘貴徳井翔梧横井一輝阪大)・崔 恩瀞奈良先端大)・吉田則裕名大)・井上克郎阪大SS2018-71
コードクローン変更管理システムClone Notifierは,2バージョン間で行われたコードクローンの追加,編集,削除と... [more] SS2018-71
pp.115-120
SS 2019-03-05
14:25
沖縄 沖縄産業支援センター ライブラリ進化への追随のためのソフトウェア修正の共有手法の提案
渥美紀寿京大)・桑原寛明南山大SS2018-78
ソフトウェア開発においてライブラリのバージョン進化に伴なう更新作業は,開発中のソフトウェアが提供すべき機能の本質的な問題... [more] SS2018-78
pp.157-162
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-02-08
13:00
京都 龍谷大学大宮キャンパス [特別講演]製品利用可能な形態素解析器『Sudachi』の現状と今後
内田佳孝ワークスアプリケーションズNLC2018-46
形態素解析は日本語テキストを処理する製品においては基本的かつ重要な技術である.しかし,既存の形態素解析器をそのまま製品利... [more] NLC2018-46
p.59
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-19
16:05
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 メソッド入退出情報を利用した階層的欠陥箇所特定支援手法
原口大和野田訓広小林隆志東工大SS2018-12 KBSE2018-22
デバッグにおいて,欠陥箇所の特定は困難な作業である.これを解決するため,欠陥箇所特定手法に関する研究が多数行われている.... [more] SS2018-12 KBSE2018-22
pp.149-154
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-19
16:30
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 仮想ファイルシステムを用いたプログラム内部状態観測ツールの試作
平ノ内奎太野田訓広小林隆志東工大SS2018-13 KBSE2018-23
プログラムに発生した問題の解決のためには,実行中の状態を観測することが有効である.本研究では,プログラムを実行しながら連... [more] SS2018-13 KBSE2018-23
pp.155-160
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
14:10
北海道 函館コミュニティプラザ オブジェクトの正規性を重視して存在従属関連を用いたドメインモデリング手法
金田重郎井田明男森本悠介同志社大SS2017-7 KBSE2017-7
オブジェクト指向モデリングでは,1) 「インスタンスのライフタイム」と「当該インスタンスの属性値のライフタイム」が一致し... [more] SS2017-7 KBSE2017-7
pp.37-42
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
17:25
北海道 函館コミュニティプラザ 行動履歴分析に基づく変更支援における部分履歴抽出の影響調査
藤原拓海小林隆志東工大SS2017-14 KBSE2017-14
本稿では,のべ13名の開発者によるソフトウェアの保守作業から得られたMimEcデータセットを用いて,先行研究で提案した行... [more] SS2017-14 KBSE2017-14
pp.79-84
MSS, SS
(共催)
2017-01-26
10:30
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 ソースコードの修正作業状況に基づくメソッド移動リファクタリング推薦に向けて
氏原直哉アリ ウニ石尾 隆井上克郎阪大MSS2016-58 SS2016-37
メソッド移動リファクタリングはソフトウェアの品質を向上させるために役立つ技術である.本研究では,Java プログラムの修... [more] MSS2016-58 SS2016-37
pp.7-12
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-14
09:40
北海道 北海道立道民活動センター 欠陥の同時修正支援における関数クローン検出ツールの有効性調査
沼田聖也阪大)・吉田則裕名大)・崔 恩瀞奈良先端大)・井上克郎阪大SS2016-7 KBSE2016-13
コードクローン(ソースコード中に存在する同一または類似した部分を持つコード片)の存在は,ソフトウェア保守を困難にする大き... [more] SS2016-7 KBSE2016-13
pp.77-82
SS 2016-03-11
09:00
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 リファクタリング実施履歴を用いたCode Smellの深刻度に関する調査
雜賀 翼崔 恩瀞阪大)・吉田則裕名大)・春名修介井上克郎阪大SS2015-91
Code Smellとは,ソースコードの設計上の問題を示す指標であり,リファクタリングが推奨されている. しかし, 実際... [more] SS2015-91
pp.91-96
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-03
13:50
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) Implementing Multicasting Openflow Controller Based on Heuristic algorithm
Alaa AllakanyKoji OkamuraKyushu Univ.SITE2015-60 IA2015-92
Many group communication applications require multipoint com... [more] SITE2015-60 IA2015-92
pp.67-71
DC, SS
(共催)
2015-10-14
10:40
奈良 東大寺総合文化センター 任意粒度機能モデルコードクローン検出手法のリファクタリング理解への適用の試み
神谷年洋公立はこだて未来大SS2015-42 DC2015-32
あらまし 著者らがこれまでに開発してきた任意粒度モデルコードクローン検出手法をリファクタリング理解のために拡張したものを... [more] SS2015-42 DC2015-32
pp.41-46
 71件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会