お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2023-01-26
11:20
沖縄 大濱信泉記念館(石垣)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光パルスを用いた生体イメージングに対する散乱光解析
小林開人岸本誠也井上修一郎大貫進一郎日大EST2022-78
著者らは従来法を超える光パルス生体イメージング法の開発を目指し,マウス脳を生体試料とした時間分解測定による検討を行ってい... [more] EST2022-78
pp.26-30
OME, IEE-DEI
(連催)
2022-07-19
11:10
長野 軽井沢観光振興センター会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
拡張タイムドメインリフレクトメトリによる過渡インピーダンスの計測とデバイス動作の時間分解解析
酒井正俊戒能 智益子朋晃黒政 颯高野晃希藤井伸太郎工藤一浩千葉大OME2022-22
電子デバイスに電圧が印加され始めてから定常状態に至るまでの時間はナノ秒からミリ秒程度であり、人間がそのデバイスの立ち上が... [more] OME2022-22
pp.42-45
ED, CPM, LQE
(共催)
2021-11-25
15:25
ONLINE オンライン開催 c面Al0.83In0.17N/GaN格子整合ヘテロ構造の光学特性評価
李 リヤン嶋 紘平東北大)・山中瑞樹名工大)・小島一信東北大)・江川孝志名工大)・上殿明良筑波大)・石橋章司産総研)・竹内哲也名城大)・三好実人名工大)・秩父重英東北大ED2021-24 CPM2021-58 LQE2021-36
Al1-xInxNは、禁制帯幅 (Eg) 波長を深紫外線から赤外線まで変化させられる直接遷移型半導体混晶であり光・電子デ... [more] ED2021-24 CPM2021-58 LQE2021-36
pp.45-50
MBE, IEE-MBE
(連催)
2021-06-25
15:50
ONLINE オンライン開催 近赤外光断層イメージングにおける光子毎の伝搬のばらつきを考慮した非線形逆問題解法
加藤祐次北大MBE2021-11
これまで,筆者等は近赤外領域の後方散乱光から対象物の深さ方向に層状の吸収係数分布を推定する方法を提案し,シミュレーション... [more] MBE2021-11
p.16
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
10:50
東京 玉川大学 後方散乱光時間分解計測による吸収係数分布の高精度推定の試み
大場一寛横山直弥北大)・浪田 健京大)・加藤祐次清水孝一北大MBE2013-135
これまで,後方散乱光を用いた生体断層イメージングの実現をめざし,再構成方法の簡便な吸収係数分布推定法を考案し,シミュレー... [more] MBE2013-135
pp.109-114
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
11:30
東京 玉川大学 後方散乱光の時間分解計測による組織酸素飽和度断層イメージングの基礎的検討
森本拓朗浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2012-115
後方散乱光時間分解計測による組織酸素飽和度の体内分布イメージングをめざし,まずヘモグロビン波長の吸収スペクトルから,用い... [more] MBE2012-115
pp.139-144
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
09:50
東京 玉川大学 散乱特性実測による後方散乱型吸収分布推定法の開発
大谷真史浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2011-109
後方散乱光を用いた生体断層イメージングの実現をめざし,これまで再構成方法の簡便な吸収係数分布推定法を考案し,シミュレーシ... [more] MBE2011-109
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
11:30
東京 玉川大学 後方散乱光時間分解計測による高確度吸光度分布推定法の開発
杉山慶多浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2011-113
我々はこれまで,近赤外領域の後方散乱光から対象物の深さ方向吸収係数分布を推定する方法を提案し,シミュレーションおよび実験... [more] MBE2011-113
pp.25-30
NC, MBE
(併催)
2011-12-20
09:30
愛知 名古屋工業大学 近赤外光を用いた時間領域測定によるヒト脳光吸収係数変化計測感度
田畑頌吾西尾直也沖松一弥青木伸雄斎藤拓也谷藤忠敏北見工大MBE2011-65
非散乱体である脳髄液を含む4層ヒト頭部モデルの光パルス伝搬解析に新たな境界条件を用いたFDTD解析を適用した.FDTD解... [more] MBE2011-65
pp.1-5
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
14:35
東京 玉川大学 多波長を用いた後方散乱光の時間分解計測による組織酸素飽和度分布推定法の開発
吉村仁志浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2009-117
後方散乱光時間分解計測による生体機能イメージングの実現をめざし,組織酸素飽和度の空間分布推定法を新たに開発した.まず,提... [more] MBE2009-117
pp.91-96
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
11:30
東京 玉川大学 近赤外光時間分解計測による後方散乱強調現象の特性解析
近久智哉浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2009-124
反射型の干渉現象である後方散乱強調現象に対し,時間分解計測を行うことで,新たな生体計測法の可能性を調べた.シミュレーショ... [more] MBE2009-124
pp.127-132
MBE 2010-01-29
13:50
熊本 熊本大学 後方散乱光時間分解計測による散乱係数推定法の実験的検証
川島雅之浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2009-95
後方散乱光を用いた生体断層イメージングの高精度化をめざし,これまで1入射2出射系での波形演算による散乱係数推定法を考案し... [more] MBE2009-95
pp.97-102
PN, OPE, EMT, LQE
(共催)
2009-01-29
15:20
京都 京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス) [招待講演]超高速光デバイスの応答特性検証のための時間―周波数プロファイル計測技術
小西 毅後藤洋臣阪大PN2008-52 OPE2008-155 LQE2008-152
情報通信,物性計測をはじめとした超短光パルスの応用が進み,その更なる短パルス化(広帯域化)が求められるにつれて,分散マネ... [more] PN2008-52 OPE2008-155 LQE2008-152
pp.55-58
NC, MBE
(併催)
2008-03-13
15:20
東京 玉川大学 光の後方散乱強調現象の時間分解解析
久保善弘浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2007-118
連続光による解析がほとんどであった後方散乱強調現象に対し,時間分解解析を試みた.拡散性散乱媒質に対する後方散乱光時間分解... [more] MBE2007-118
pp.53-56
MBE 2008-01-25
13:20
福岡 九州大学 後方散乱光時間分解計測による散乱係数推定法の開発
金澤瑠維浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2007-86
生体のような拡散性散乱体に対し,後方散乱光の時間分解計測により散乱係数を推定する方法を考案した.モンテカルロシミュレーシ... [more] MBE2007-86
pp.29-32
OPE, OME
(共催)
2007-11-16
15:35
東京 機械振興会館 時間分解顕微SHG法による有機FET中キャリアの移動度測定
間中孝彰林 銀珠田村亮介岩本光正東工大OME2007-65 OPE2007-132
我々は、有機FETの新規評価法として光第2次高調波発生法(SHG)を提案し、有機FETにおけるチャネル形成や、顕微分光に... [more] OME2007-65 OPE2007-132
pp.29-34
MBE 2007-06-29
14:00
北海道 北海道大学 後方散乱光時間分解計測による生体断層イメージングの試み
浪田 健金澤瑠維加藤祐次清水孝一北大MBE2007-17
我々はこれまで,有用性の高い後方散乱光計測により深さ方向の吸収係数分布を推定する手法を提案してきた.この方法は,対象を少... [more] MBE2007-17
pp.9-12
MBE 2007-06-29
14:30
北海道 北海道大学 筋組織の光後方散乱特性を模擬したプラスチックファントムの開発と近赤外分光法への応用
木部龍太郭 凱俊工藤信樹山本克之北大MBE2007-18
われわれは,近赤外分光法(NIRS)の手法の一つである,空間分解法(spatially resolved spectro... [more] MBE2007-18
pp.13-16
MBE 2005-03-30
09:50
東京 玉川大学 後方散乱光の時間分解計測による散乱体断層イメージング ~ 実用化へ向けての基礎的検討 ~
浪田 健加藤祐次清水孝一北大
これまで開発してきた後方散乱光の時間分解計測による散乱体断層イメージング手法の実用化に向け,基礎的検討を行った.提案手法... [more] MBE2004-125
pp.9-12
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会