お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
13:00
ONLINE オンライン開催 楽器音源を対象とした方向推定手法の検討および比較
山本華帆荻原昭夫近畿大)・村田晴美中京大SP2022-3
テレビ放送などのディジタルコンテンツがサラウンド音響に対応してきていることに伴い,サラウンド音響が身近なものとなりつつあ... [more] SP2022-3
pp.7-9
LOIS, ICM
(共催)
2022-01-27
14:25
ONLINE オンライン開催 フォークリフトオペレータの要素作業推定手法の改良
麻生敏正東京海洋大ICM2021-36 LOIS2021-34
本稿では,フォークリフトオペレータのための要素作業推定手法の改良,従来手法との性能比較,報告書の自動作成機能の実装を行っ... [more] ICM2021-36 LOIS2021-34
pp.19-24
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2021-05-11
09:55
ONLINE オンライン開催 フォークリフトに関する作業計測システム
麻生敏正東京海洋大LOIS2021-9
本稿では包括的なフォークリフトに関する作業計測システムを提案した上,実用性の高い要素作業推定手法を実装し,その性能評価を... [more] LOIS2021-9
pp.49-53
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2021-03-03
11:40
ONLINE オンライン開催 深層学習による脳波からの想像リズムとその活動領域の推定
吉村直己田中聡久東京農工大EA2020-63 SIP2020-94 SP2020-28
リズムは音楽を構成する要素の一つであり,リズムの知覚や想像が脳波に現れることがわかっている.特に,等間隔のリズム(等時性... [more] EA2020-63 SIP2020-94 SP2020-28
pp.21-26
NC, NLP
(併催)
2021-01-21
10:30
ONLINE オンライン開催 集団振動を示す振動子集団間の相互作用に関する位相縮約の統計的手法
荒井貴光京大)・河村洋史海洋研究開発機構)・青柳富誌生京大NLP2020-42
本研究では, リズムを示す系から観測された時系列を用いて弱い相互作用を受ける非線形リミットサイクル振動子のダイナミクスを... [more] NLP2020-42
pp.13-18
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
12:50
ONLINE オンライン開催 倉庫における作業音に着目した要素作業推定
野崎虹希麻生敏正黒川久幸東京海洋大ICM2020-35 LOIS2020-23
本稿では,倉庫において作業音に着目して要素作業推定を行う手法の提案とその性能評価を行っている.提案手法では梱包作業を歩行... [more] ICM2020-35 LOIS2020-23
pp.5-9
LOIS 2020-03-11
10:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
物流事務を対象とした要素作業推定
横尾凱将麻生敏正黒川久幸東京海洋大LOIS2019-56
本稿では,事務作業プローブシステムの要素作業推定手法の改良と,物流事務を対象とした性能評価を行っている.改良手法では,基... [more] LOIS2019-56
pp.1-6
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-01
10:55
大阪 大阪大学 吹田キャンパス スマートウォッチを用いた事務作業推定
横尾凱将麻生敏正黒川久幸東京海洋大ISEC2019-63 SITE2019-57 LOIS2019-22
本稿では,事務作業を対象とした,1つのスマートウォッチで要素作業(“タイピング”や”書く”)の推定が可能なアルゴリズムの... [more] ISEC2019-63 SITE2019-57 LOIS2019-22
pp.7-12
AP 2019-10-17
12:30
大阪 大阪大学 [ポスター講演]機械学習を用いた受信電力に基づく到来波数推定
納庄尭大立神光洋長谷川達人藤元美俊福井大AP2019-85
従来のアレーアンテナを用いて電波の到来方向や到来波数を推定する手法として,MUSICやAIC, MDLなどが挙げられる.... [more] AP2019-85
pp.29-32
LOIS, IPSJ-DC
(連催)
2019-07-18
10:00
茨城 筑波大学計算科学研究センター 倉庫内作業プローブシステムによる生産性計測の検討
麻生敏正東京海洋大LOIS2019-4
本稿では,倉庫内作業プローブシステムによる生産性計測について定量的に検討している.第一に,アパレル系倉庫の従業員30 名... [more] LOIS2019-4
pp.31-35
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-12
11:25
大阪 I-Siteなんば(大阪) IoTワイヤレス機器に対する広域ネットワークスキャン技術の研究開発
矢野一人江頭直人栗原拓哉清水 聡鈴木義規ATRRCC2019-49 NS2019-85 RCS2019-142 SR2019-61 SeMI2019-58
筆者らは大量のIoTワイヤレス機器に対して,既存の通信への影響を与えることなく適切かつ効率的にネットワークスキャンを実現... [more] RCC2019-49 NS2019-85 RCS2019-142 SR2019-61 SeMI2019-58
pp.177-182(RCC), pp.203-208(NS), pp.199-204(RCS), pp.209-214(SR), pp.191-196(SeMI)
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
14:10
沖縄 沖縄産業支援センター 社会ネットワーク構造推定のためのLaplacian行列に関する固有ベクトルの効率的な直交化法
平倉直樹首都大東京)・高野知佐広島市大)・会田雅樹首都大東京CQ2017-111
人間関係により構成される社会ネットワークの構造は,一般に直接観測することが困難である.この構造を間接的に知るために,ネッ... [more] CQ2017-111
pp.45-50
EMM, IE, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2017-09-04
14:25
京都 京都大学 百周年時計台記念館 倉庫内作業プローブシステムにおける要素作業推定手法の改良
麻生敏正東京海洋大LOIS2017-16 IE2017-37 EMM2017-45
本稿では,倉庫内作業プローブシステムの要素作業推定手法を改良した上,複数の倉庫の作業データを用いて,各種要素作業の作業時... [more] LOIS2017-16 IE2017-37 EMM2017-45
pp.19-24
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2016-11-08
15:25
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA 6階601(BC)研修室 倉庫内作業プローブシステムの要素作業推定
麻生敏正黒川久幸東京海洋大)・上村 聖城西大ISEC2016-68 SITE2016-58 LOIS2016-46
本稿では,倉庫内作業プローブシステムの要素作業推定に関して,ハンディターミナルで取得できるデータ (以降,ハンディデータ... [more] ISEC2016-68 SITE2016-58 LOIS2016-46
pp.95-100
LOIS, IPSJ-DC
(連催)
2016-07-15
14:00
広島 広島RCC文化センター スマートフォンを用いた倉庫内作業プローブシステムにおける要素作業推定
麻生敏正黒川久幸東京海洋大)・上村 聖城西大LOIS2016-13
本稿では,スマートフォンを用いた倉庫内作業プローブシステムのための要素作業推定サブシステムを提案・実装した上,実験を行い... [more] LOIS2016-13
pp.5-10
AI, JSAI-DOCMAS, JSAI-KBS, JSAI-SAI, IPSJ-ICS
(連催)
2013-03-10
- 2013-03-13
北海道 ルスツリゾート MLB詳細スコアデータから学習した試合構成要素群間の確率的因果構造に基づく野球投手の投球戦術推定
上原 司荒井秀一東京都市大AI2012-48
野球投手に利得のある有効戦術は複雑系のため決定論的因果構造が見出せず,戦術決定のモデル化は困難である. 本稿では,ベイジ... [more] AI2012-48
pp.43-48
CS 2011-11-18
11:15
北海道 北海道 川湯温泉 ZigBeeを用いた位置情報取得及びデータ転送方法の提案
杉下卓也高瀬浩史平栗健史日本工大)・相河 聡兵庫県立大CS2011-63
IEEE802.15.4にて規格化されている短距離無線通信のZigBeeを用いた,端末所持者がセンサデータを特定のZig... [more] CS2011-63
pp.97-101
ICM, LOIS
(併催)
2009-01-22
14:50
山口 海峡メッセ下関 最大待ち時間を保証するルータ制御タスク処理方法の検討
坂田浩亮清水雅史瀬戸三郎NTTICM2008-51
通信インフラの拡大に伴ってネットワーク(NW)を構成する装置数が増加している.加入者に対する新規サービスの設定・解除など... [more] ICM2008-51
pp.7-12
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会