お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

教育工学研究会 (ET)  (2012年度)

専門委員長 渡辺 健次 (広島大)  副委員長 國宗 永佳 (千葉工大)
幹事 西尾 典洋 (目白大), 立岩 佑一郎 (名工大)
幹事補佐 吉原 和明 (近畿大), 加納 徹 (東京理科大)

「from:2012-06-23 to:2012-06-23」による検索結果

[教育工学研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2012-06-23
13:00
愛知 名古屋大学 学習者の理解度に基づいた英文法学習教材の提示
アイシェ サリハ スナル名大)・林 佑樹成蹊大)・渡邉豊英名大ET2012-12
知的学習システムでは学習者個々人に適切な学習環境を実現する必要がある.このような効果的な学習システムを開発するために,従... [more] ET2012-12
pp.1-6
ET 2012-06-23
13:20
愛知 名古屋大学 授業と自主練習とを連動させた日本語入力練習Webシステムの開発
廖 宸一中部大)・武岡さおり箕浦恵美子名古屋女子大)・尾崎正弘中部大ET2012-13
我々は、授業および自宅での学習を支援する日本語入力練習Webシステムを開発した。開発した日本語入力練習Webシステムは、... [more] ET2012-13
pp.7-12
ET 2012-06-23
13:40
愛知 名古屋大学 統計量を説明する能力の向上のための対話型学習支援システム ~ 統計レポート作成支援を目指して ~
吉根勝美南山大)・磯本征雄名古屋女子大)・長谷川 信岐阜聖徳学園大ET2012-14
統計データ解析の授業の入門段階では,基礎的な統計学の講義の後,計算問題を解く実習をする.上級段階では,社会や経済の状況を... [more] ET2012-14
pp.13-18
ET 2012-06-23
14:10
愛知 名古屋大学 [招待講演]テキストマイニングを用いた授業評価の効率化 ~ テンプレート作成のための実験的検討 ~
石井成郎愛知きわみ看護短大ET2012-15
テキストマイニング技術は,その有用性は認識されつつも,インパクトのある活用事例は少ないといわれている(那須川 2009)... [more] ET2012-15
p.19
ET 2012-06-23
14:55
愛知 名古屋大学 [招待講演]テキストマイニングを用いた授業評価の効率化 ~ テンプレートを使った実践とその評価 ~
鈴木裕利中部大ET2012-16
テキストマイニング技術は,その有用性は認識されつつも,インパクトのある活用事例は少ないといわれている(那須川 2009)... [more] ET2012-16
p.21
ET 2012-06-23
15:50
愛知 名古屋大学 習熟度別教材と学習者の関係について ~ Web学習実験結果の分析 ~
アディカリ チョレンドラ中部大)・杉村 藍武岡さおり名古屋女子大)・宇佐美裕康尾崎正弘中部大ET2012-17
 [more] ET2012-17
pp.23-27
ET 2012-06-23
16:10
愛知 名古屋大学 文字形状および筆記時の行動的特徴を利用した受験者認証法の検討
金森春樹東京理科大)・古田壮宏奈良教大)・東本崇仁赤倉貴子東京理科大ET2012-18
e-Testでは,「なりすまし」「カンニング」が容易であるため,それらを防止する方法が必要である.試験途中の「なりすまし... [more] ET2012-18
pp.29-34
ET 2012-06-23
16:30
愛知 名古屋大学 大学における授業参加意識の遷移行列を用いた授業分析の手法
宇治典貞横山 宏稲浦 綾森石峰一魚井宏高阪電通大ET2012-19
大学授業の研究はこれまでも多くされてきたが,それは教授活動に着目して,教育効果の向上を目指すものが多かった.しかし,多様... [more] ET2012-19
pp.35-40
ET 2012-06-23
16:50
愛知 名古屋大学 発表の目的を考慮したプレゼンテーション・シナリオの構成支援
花植康一渡邉豊英名大ET2012-20
プレゼンテーションでは,発表の目的や聴衆の背景知識,および発表時間によって,発表の進め方が異なる.我々はこうした様々な発... [more] ET2012-20
pp.41-46
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会