お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

情報通信システムセキュリティ研究会 (ICSS)  (2010年度)

専門委員長 吉岡 克成 (横浜国大)  副委員長 笠間 貴弘 (NICT), 山田 明 (KDDI labs.)
幹事 山内 利宏 (岡山大), 木藤 圭亮 (三菱電機)
幹事補佐 菅原 健 (電通大), 鐘本 楊 (NTT)

「from:2010-06-17 to:2010-06-17」による検索結果

[情報通信システムセキュリティ研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
13:05
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 通信トラフィックの分析によるGumblar感染PCの可視化
金子博一松木隆宏新井 悠ラックIA2010-1 ICSS2010-1
近年、サイバー攻撃はますます高度化しており、様々な手法を用いて情報を盗み出している。最近ではFTPアカウントを窃取するG... [more] IA2010-1 ICSS2010-1
pp.1-6
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
13:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター ダークネット観測データの時系列パタン発見によるスクリーニングについて
鶴田 悠正代隆義竹内純一九大/九州先端科学技研IA2010-2 ICSS2010-2
ボットネットなどによるインターネット上の脅威を早期に検知するためには,ダークネットなどのネットワーク観測による脅威の傾向... [more] IA2010-2 ICSS2010-2
pp.7-12
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
13:55
京都 京都大学 学術情報メディアセンター OEP自動検出によるマルウェアアンパック手法
川古谷裕平岩村 誠伊藤光恭NTTIA2010-3 ICSS2010-3
多くのマルウェアは逆アセンブラやデバッガによる解析を妨害する目的で、自身のコードに難読化を施している。このため、マルウェ... [more] IA2010-3 ICSS2010-3
pp.13-18
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
14:20
京都 京都大学 学術情報メディアセンター マルウェアのエントリポイント検出後におけるコード領域識別手法
岩村 誠伊藤光恭NTT/早大)・村岡洋一早大IA2010-4 ICSS2010-4
従来のアンパッキング手法に関する研究は,主にOEP(Original Entry Point)の特定に焦点を当てており,... [more] IA2010-4 ICSS2010-4
pp.19-24
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
14:55
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 集団における問題の通報を促進する匿名通信方式とゲーム理論を用いた評価
杉山浩平福嶋正機長谷川輝之KDDI研IA2010-5 ICSS2010-5
本稿では、集団における問題の通報を促進する匿名通信方式を提案する。提案方式は、下位集団の代表者が上位集団を形成するような... [more] IA2010-5 ICSS2010-5
pp.25-30
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
15:20
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 広域分散型インシデント分析システムにおける匿名化手法の提案と考察(第二報)
伊沢亮一クリプト)・森井昌克神戸大)・高須賀禎子クリプト)・中尾康二NICTIA2010-6 ICSS2010-6
複数の組織が連携してインシデント分析を行うとき,IPアドレスなどのプライバシに関する情報に匿名化を施して共有することが望... [more] IA2010-6 ICSS2010-6
pp.31-36
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
15:45
京都 京都大学 学術情報メディアセンター サーバ情報漏えいに耐性のあるワンタイムパスワード方式の実装と評価
竹久達也ジャパンデータコム)・伊沢亮一クリプト)・森井昌克神戸大IA2010-7 ICSS2010-7
秘匿化通信路を構築するためにssh が使われる場面は多く,認証方式として公開鍵暗号に基づく認証方式を使用するのが一般的で... [more] IA2010-7 ICSS2010-7
pp.37-42
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
16:10
京都 京都大学 学術情報メディアセンター iAuth:HTMLフォームと統合されたHTTPアクセス認証フレームワーク
井上 武片山陽平佐藤浩史高橋紀之NTTIA2010-8 ICSS2010-8
Web で利用されている認証方法にはいくつか課題がある.もっともよく利用されるフォームとクッキーには,追跡クッキーと呼ば... [more] IA2010-8 ICSS2010-8
pp.43-48
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
16:45
京都 京都大学 学術情報メディアセンター [招待講演]瀬戸際に立たされた日本のWebプライバシー ~ 研究者にできることはないのか ~
高木浩光産総研
 [more]
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
10:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター スケーラビリティとユーザビリティに優れた分散ファイルシステム向けのアクセス制御機構
荒川淳平笹田耕一東大)・竹内郁雄 IA2010-9 ICSS2010-9
多数の利用者を持つ分散ファイルシステムにおいて,利便性を高め管理者の負荷
を低減するアクセス制御の仕組みは重要である.... [more]
IA2010-9 ICSS2010-9
pp.49-54
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
10:25
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 全ストラタム仮想化によるオープン移動通信システムの構想
川西 直ATR)・Ahmad Kamil Abdul Hamid東大)・宮森良昌楠田厚史ATR)・川原圭博東大)・大橋正良ATR)・浅見 徹東大IA2010-10 ICSS2010-10
 [more] IA2010-10 ICSS2010-10
pp.55-59
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
10:50
京都 京都大学 学術情報メディアセンター Android端末環境におけるセキュリティ脅威に関する一考察
島村 英山形昌也NECIA2010-11 ICSS2010-11
スマートフォンは、iPhone とAndroid の登場により非ビジネス利用が促進され、その出荷台数を伸ばしており、なか... [more] IA2010-11 ICSS2010-11
pp.61-66
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
13:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター [招待講演]Webサービスを悪用した最新のマルウェアの脅威と対策
西本逸郎ラックIA2010-12 ICSS2010-12
 [more] IA2010-12 ICSS2010-12
p.67
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
13:55
京都 京都大学 学術情報メディアセンター Gumblarの長期観測による分析
秋山満昭佐藤一道岩村 誠伊藤光恭NTTIA2010-13 ICSS2010-13
Gumblar と呼ばれる正規Web サイト改ざんによる攻撃Web サイト誘導とWeb 閲覧者のマルウェア感染が
20... [more]
IA2010-13 ICSS2010-13
pp.69-74
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
14:20
京都 京都大学 学術情報メディアセンター Webサイトに対するマルウェアダウンロードサイトの生存期間監視方式
八木 毅谷本直人針生剛男伊藤光恭NTTIA2010-14 ICSS2010-14
本稿では,Webサイトへ感染させるためのマルウェアが配置されたマルウェアダウンロードサイトの生存期間を監視する方式を提案... [more] IA2010-14 ICSS2010-14
pp.75-80
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
14:45
京都 京都大学 学術情報メディアセンター シェルコード検知アルゴリズムのハードウェア化 ~ FPGAおよびASICへの試験実装 ~
野川裕記足立史宜辻野泰充守屋誠司斎藤和典セキュアウェアIA2010-15 ICSS2010-15
シェルコードは,遠隔からの攻撃を行う際に必要不可欠な機械語のプログラムである。このシェルコードを検知するための研究は,今... [more] IA2010-15 ICSS2010-15
pp.81-86
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会