お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
市民による福島第一1号機の事故原因究明 ~ 設計保全原因説:原子炉緊急停止が、メルトダウンを引き起こした ~
草間 昇市民科学者
抄録 (和) 衆議院特別委員会の要請により,経済産業省から事故時運転操作手順書が公開された.
更に本年7月に、東京電力から新たなプラントデータが公開された.これらに記載された内容を吟味し、福島第一,1号機で,津波到来以前に発生した事柄を推考した.
多くの国民は、津波原因説に心を引かれていたであろう.また、一部の国民は、地震動が原因と思っていたであろう. 所が、津波はおろか、地震の関与も疑わしい設計保守が真の原因となれば、政府による事故調査が国民を欺くものであったと言う事になり,わが国の科学技術体制を根底から見直さねばならなくなる.
今、まさに、宇宙船地球号の危機が叫ばれており,巨大システムの科学的解明が求められている. 福島原発事故解明の不透明さを、真摯に反省し、未来に向けた科学のあるべき姿を模索すべきである 
(英) This paper describes a possible reason for the meltdown in Fukushima Daiichi nuclear power plant Unit 1.
The operation of IC, instead of HPCI which is specified by the manual, probably caused the meltdown.
キーワード (和) 福島原発 / 炉内圧力 / 炉内水位 / / / / /  
(英) Fukushima Dai ichi / Reactor Pressure / Water Level / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2013-12-19 - 2013-12-19 
開催地(和) 明治大学 紫紺館3階 
開催地(英)  
テーマ(和) エネルギーの安全問題を主として 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2013-12-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 市民による福島第一1号機の事故原因究明 
サブタイトル(和) 設計保全原因説:原子炉緊急停止が、メルトダウンを引き起こした 
タイトル(英) Citizen's Failure Analysis of the Fukushima Dai Ichi Unit.1 
サブタイトル(英) a Meltdown Caused by Scrum 
キーワード(1)(和/英) 福島原発 / Fukushima Dai ichi  
キーワード(2)(和/英) 炉内圧力 / Reactor Pressure  
キーワード(3)(和/英) 炉内水位 / Water Level  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 草間 昇 / Noboru Kusama /
第1著者 所属(和/英) 市民科学者 (略称: 市民科学者)
Independent Citizen Scientist (略称: Independent Citizen Scientist)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間 分 
申込先研究会 SSS 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会