お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-14 09:10
インターネットオークションにおける不正行為者の発見支援
平手勇宇相吉澤 明早大)・翁 松齢井奥雄一木戸冬子ヤフー)・山名早人早大
抄録 (和) インターネットの普及に伴い,インターネットオークションのユーザも膨大なものとなり、利用者間でオークション取引が行われている.一方で,不正行為を行うユーザによる被害が問題となっている.本稿では,オークションデータのうち,評価ログを用いることによって,不正行為ユーザの事前発見支援を行う手法を提案する.評価ログとは,オークションの取引後に,出品者と落札者がお互いを評価する行動を記録するログである.提案手法は,被不正評価ユーザを絞り込む手法,被不正評価ユーザを基にして,不正評価を行うユーザコミュニティを抽出する手法で構成される.提案手法を評価した結果,評価ログデータから,不正行為を行うユーザコミュニティを抽出することが可能であることを確認した. 
(英) Due to recent widespread use of internet, many people use internet auction system, and trade with each other. At the same time, damages from the fraud caused by abuse users have been become a serious problem of the internet auction system. In this paper, we developed abuse user detecting system referring to rating log data, which is a part of auction log data. Rating log data indicates assesment between seller and buyer. The system consists of two methods; extracting users who are rated as "Good" abusively, and extracting abuse users' community based on one abuse user. Our evaluation shows proposing system are able to detect abuse users' communities from auction rating log data.
キーワード (和) インターネットオークション / 不正利用抽出 / コミュニティ抽出 / データマイニング / / / /  
(英) Internet Auction / Abuse User Detection / Community Extraction / Data Mining / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 150, DE2006-98, pp. 37-42, 2006年7月.
資料番号 DE2006-98 
発行日 2006-07-07 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2006-07-12 - 2006-07-14 
開催地(和) ホテル泉慶 
開催地(英) HOTEL SENKEI 
テーマ(和) データ工学, 一般 
テーマ(英) Data Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2006-07-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インターネットオークションにおける不正行為者の発見支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Support system for detecting abuse users in internet auction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インターネットオークション / Internet Auction  
キーワード(2)(和/英) 不正利用抽出 / Abuse User Detection  
キーワード(3)(和/英) コミュニティ抽出 / Community Extraction  
キーワード(4)(和/英) データマイニング / Data Mining  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平手 勇宇 / Yu Hirate / ヒラテ ユウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相吉澤 明 / Akira Aiyoshizawa / アイヨシザワ アキラ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 翁 松齢 / Shorei O / ショウレイ オウ
第3著者 所属(和/英) ヤフー株式会社 (略称: ヤフー)
Yahoo! Japan Corporation (略称: Yahoo! Japan Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井奥 雄一 / Yuichi Ioku / イオク ユウイチ
第4著者 所属(和/英) ヤフー株式会社 (略称: ヤフー)
Yahoo! Japan Corporation (略称: Yahoo! Japan Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木戸 冬子 / Fuyuko Kido / キド フユコ
第5著者 所属(和/英) ヤフー株式会社 (略称: ヤフー)
Yahoo! Japan Corporation (略称: Yahoo! Japan Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山名 早人 / Hayato Yamana / ヤマナ ハヤト
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-14 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 DE 
資料番号 DE2006-98 
巻番号(vol) 106 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数
発行日 2006-07-07 (DE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会