お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-13 14:00
ウェアラブルARのためのハイブリッドP2Pを用いたユーザへの注釈付け
牧田孝嗣神原誠之横矢直和奈良先端大
抄録 (和) 近年,拡張現実感(AR)をウェアラブルコンピュータで実現することで,場所に応じた情報をユーザに直感的に提供するウェアラブルARの研究が盛んに行われている.その際,ネットワーク共有データベースを利用して,ウェアラブルコンピュータのユーザへ注釈付けを行うシステムが提案されている.しかし従来のシステムでユーザへ注釈付けを行う場合,サーバを介して他のユーザの位置情報を取得するため,通信遅延や更新頻度の低さに起因する注釈情報の提示位置のずれが発生するという問題があった.そこで本稿では,ハイブリッドP2P方式を用いたユーザへの注釈付け手法を提案する.提案手法では,従来のクライアントサーバ通信に加えてクライアント間のP2P通信を利用したユーザの位置情報の送受信を行うことで,通信遅延が小さく高い更新レートで位置情報の通信を可能とし,位置ずれの小さい注釈付加画像の生成を行う. 
(英) This paper proposes a wearable annotation overlay system which can correctly annotate dynamic users of wearable computers. To provide users with the newest annotation information, a network shared database system for wearable AR systems has been proposed. With the database, a wearable annotation overlay system which can dynamically annotate users of wearable systems has been investigated. In conventional systems, since dynamic users' positions are transmitted to wearable AR systems via a shared database server, it is difficult to overlay annotations at a correct position because of low frequency of updating and delay of client-server communication. In this report, we propose a new method for wearable AR systems to obtain dynamic users' positions by using hybrid peer-to-peer(P2P). The proposed method can overlay annotations on dynamic users correctly enough to show where users are.
キーワード (和) 拡張現実感 / ウェアラブルコンピュータ / 注釈付け / ハイブリッドP2P / ネットワーク共有データベース / / /  
(英) Augmented reality / Wearable computer / Annotation overlay / Hybrid P2P / Network shared database / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 234, MVE2006-58, pp. 91-96, 2006年9月.
資料番号 MVE2006-58 
発行日 2006-09-05 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2006-09-12 - 2006-09-13 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 複合現実感、仮想都市、および一般 
テーマ(英) Mixed Reality, Cyber Space, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2006-09-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェアラブルARのためのハイブリッドP2Pを用いたユーザへの注釈付け 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Annotation overlay on wearable computer users using hybrid P2P communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拡張現実感 / Augmented reality  
キーワード(2)(和/英) ウェアラブルコンピュータ / Wearable computer  
キーワード(3)(和/英) 注釈付け / Annotation overlay  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッドP2P / Hybrid P2P  
キーワード(5)(和/英) ネットワーク共有データベース / Network shared database  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧田 孝嗣 / Koji Makita / マキタ コウジ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神原 誠之 / Masayuki Kanbara / カンバラ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横矢 直和 / Naokazu Yokoya / ヨコヤ ナオカズ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2006-09-13 14:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 MVE 
資料番号 MVE2006-58 
巻番号(vol) vol.106 
号番号(no) no.234 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数
発行日 2006-09-05 (MVE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会