お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-26 10:40
宇宙機用バランス回路の開発
瀬上 剛艸分宏昌清水康弘内藤 均山田知佐岐部公一JAXA)・坂本 浩崇城大EE2006-48
抄録 (和) 宇宙機のミッション機器搭載比率の増加を目指すため、電源系機器の小型軽量化が期待され、リチウムイオン電池、電源制御器、太陽電池等様々なコンポーネントの開発が行われている。この中で、リチウムイオン電池の適用は、従来のアルカリ系電池の二倍のエネルギー密度を有している為、小型軽量化への効果は大きいと期待されている。一方、リチウムイオン電池は、従来電池よりも安全性に関する配慮を要し、各種保護回路の開発も平行して行う必要がある。本論文では、保護回路の一つであるバランス回路に焦点をあて、バッテリの寿命試験から得られたバランス回路の有効性について報告する。また、開発した共振型バランス回路の動作原理、試験結果について報告する。 
(英) To increase the ratio of the mission equipment at the spacecraft, small-size and lightweight electric power system is expected. Li-Ion cells have high-energy density (twice that of conventional alkaline batteries such as Ni-Cd, Ni-MH and Ni-H2). Therefore the electric power system with the Li-Ion battery will become smaller and lighter. But the Li-Ion cells are poor at the over-charge and over-discharge. So we must consider about the safety when we use them and we need the development of the protection circuit in the parallel to the development of the Li-ion battery.
In this paper we discuss the effectiveness of the balance circuit, which is one of the protection circuits, with the battery lifetime tests and report the principle and the results of the resonance balance circuit which we have developed.
キーワード (和) リチウムイオン電池 / バランス回路 / 寿命 / 宇宙機 / 保護回路 / / /  
(英) Li-Ion / balance circuit / lifetime / spacecraft / protection circuit / equalization / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 494, EE2006-48, pp. 65-70, 2007年1月.
資料番号 EE2006-48 
発行日 2007-01-18 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2006-48

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki prefectural art museum 
テーマ(和) 回路技術および高効率エネルギー変換技術関連、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2007-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 宇宙機用バランス回路の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of the balance circuit for the spacecraft 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リチウムイオン電池 / Li-Ion  
キーワード(2)(和/英) バランス回路 / balance circuit  
キーワード(3)(和/英) 寿命 / lifetime  
キーワード(4)(和/英) 宇宙機 / spacecraft  
キーワード(5)(和/英) 保護回路 / protection circuit  
キーワード(6)(和/英) / equalization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬上 剛 / Go Segami / セガミ ゴウ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 艸分 宏昌 / Hiroaki Kusawake / クサワケ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 康弘 / Yasuhiro Shimizu / シミズ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 均 / Hitoshi Naito / ナイトウ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 知佐 / Chisa Yamada / ヤマダ チサ
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岐部 公一 / Koichi Kibe / キベ コウイチ
第6著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 浩 / Hiroshi Sakamoto / サカモト ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2007-01-26 10:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EE 
資料番号 EE2006-48 
巻番号(vol) vol.106 
号番号(no) no.494 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数
発行日 2007-01-18 (EE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会