お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-02-07 13:00
学術情報の権利の帰属とその社会的責任との相関問題
児玉晴男メディア教育開発センター
抄録 (和) 科学技術論文に関する実験データのねつ造,改ざんや剽窃に対して,科学技術倫理が問われ,公表(出版)された論文の取り下げと執筆者に対する社会的制裁がなされている.ここで,公表(出版)された論文の取り下げと執筆者に対する社会的制裁という科学技術倫理に関する問題を著作権問題に置き換えると,それぞれ著作物の創作と公表(出版)および著作者の権利と義務との関係になろう.それは,学術情報の権利の帰属とその社会的責任に関する科学技術倫理と著作権との相関問題になる.本稿は,学術情報が電子ジャーナルと電子書籍によって統合化されて提供される利活用システムを想定したときの学術情報の権利の帰属とその社会的責任との相関問題を考察する. 
(英) To fabrication and falsification of experiment data, and plagiarism concerning theses, science & technology ethics are asked. And, the withdrawal of publication and the social sanction to the author are performed. If the science & technology ethics problem is replaced with the copyright problem, the withdrawal of publication and the social sanction to the author become the relations between creation and publication of works, and author's rights and obligations respectively. It is a correlation problem between ownership and its social responsibility on academic contents. This paper proposes correlation problems between ownership of academic contents and its social responsibility when utilization systems of academic contents are integrated by e-journal and e-book.
キーワード (和) 学術情報 / 公表(出版) / 社会的責任 / 科学技術倫理 / 著作権 / / /  
(英) academic contents / publication / social responsibility / science & technology ethics / copyright / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 526, SITE2006-51, pp. 1-7, 2007年2月.
資料番号 SITE2006-51 
発行日 2007-01-31 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2007-02-07 - 2007-02-07 
開催地(和) 埼玉大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的財産関係、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2007-02-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学術情報の権利の帰属とその社会的責任との相関問題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Correlation Problem between Ownership of Academic Contents and Its Social Responsibility 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 学術情報 / academic contents  
キーワード(2)(和/英) 公表(出版) / publication  
キーワード(3)(和/英) 社会的責任 / social responsibility  
キーワード(4)(和/英) 科学技術倫理 / science & technology ethics  
キーワード(5)(和/英) 著作権 / copyright  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 晴男 / Haruo Kodama / コダマ ハルオ
第1著者 所属(和/英) メディア教育開発センター (略称: メディア教育開発センター)
National Institute of Multimedia Education (略称: NIME)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-02-07 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 SITE2006-51 
巻番号(vol) 106 
号番号(no) no.526 
ページ範囲 pp.1-7 
ページ数
発行日 2007-01-31 (SITE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会