お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-09 10:50
エニーキャスト通信におけるサーバ処理時間を考慮した経路選択手法
楊 夏戸川 望柳澤政生大附辰夫早大NS2006-231
抄録 (和) 本論文では,現在の経路遅延時間により最適(遅延時間最短)なサーバ選択の方法
を分析の上,エニーキャストにおけるサーバ処理時間と処理能力を考慮した最
適なサーバ選択手法を提案する.提案手法は,経路の遅延時間だけではなくサー
バの処理時間も考えている.そのため,ネットワークのトラヒックが増大した
としても,提案手法は,従来手法に比べて,適当なサーバを選択することでき
る.OPNETにより定量的な評価を行った結果,経路の遅延時間が30\%以上削減で
きた.また,スループットの増加も従 の方法に比べ,優れていることがわかっ
た. 
(英) We propose a novel method to select a proper server in anycast
communications. The proposed method is based on the core-based tree
method, but takes into consideration not only delay time of route but
also the processing time of the server.
We carried out simulations by using the network simulator, OPENT.\@ The
simulation results show that the proposition system can reduce the delay
time 30\% or more. Further, both better load balance and better
throughout can be obtained.
キーワード (和) エニーキャスト / core-based tree method / weight / サーバ処理時間 / / / /  
(英) anycast / core-based tree method / weight / server processing time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 577, NS2006-231, pp. 381-386, 2007年3月.
資料番号 NS2006-231 
発行日 2007-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2006-231

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2007-03-08 - 2007-03-09 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2007-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エニーキャスト通信におけるサーバ処理時間を考慮した経路選択手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A routing selection method for improving the response time in anycast communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エニーキャスト / anycast  
キーワード(2)(和/英) core-based tree method / core-based tree method  
キーワード(3)(和/英) weight / weight  
キーワード(4)(和/英) サーバ処理時間 / server processing time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楊 夏 / Xia Yang / ヨウ カ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸川 望 / Nozomu Togawa /
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳澤 政生 / Masao Yanagisawa /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大附 辰夫 / Tatsuo Ohtsuki /
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2007-03-09 10:50:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2006-231 
巻番号(vol) vol.106 
号番号(no) no.577 
ページ範囲 pp.381-386 
ページ数
発行日 2007-03-01 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会