お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-22 13:00
単一チームにより修理される冗長システムのアンアベイラビリティ解析 ~ マルコフ解析の問題点とその解決 ~
小杉のぶ子陶山貢市東京海洋大R2007-14
抄録 (和) 現実的かつ実用上重要な単一チームにより修理される冗長システムに対しては,従来から状態遷移図に基づくマルコフ解析が行われてきた.しかし,近年,その解析及び結果として得られるアンアベイラビリティ計算式に問題点が指摘されている.本稿では,条件付期待値により修理待ち時間に注目した解析を行い,新しいアンアベイラビリティ計算式を導出する.さらに,モンテカルロ・シミュレーションにより,その妥当性を確認し,この問題点に対する一つの明解な解答を与える. 
(英) A redundant system with only one repair team, which is important from a practical point of view, has been analyzed using Markov techniques to obtain its unavailability. However a serious problem on this analysis is pointed out. To overcome the problem, in this paper, a new navailability formula is presented throughout the analysis of the mean awaiting-repair time. The validity of the presented unavailability formula is proved by Monte Carlo simulations.
キーワード (和) 冗長システム / アンアベイラビリティ / 単一修理チーム / マルコフ解析 / / / /  
(英) redundant system / unavailability / one repair team / Markov analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 106, R2007-14, pp. 1-6, 2007年6月.
資料番号 R2007-14 
発行日 2007-06-15 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2007-14

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2007-06-22 - 2007-06-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) システムの信頼性、信頼性一般 
テーマ(英) System Reliability, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2007-06-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単一チームにより修理される冗長システムのアンアベイラビリティ解析 
サブタイトル(和) マルコフ解析の問題点とその解決 
タイトル(英) Unavailability analysis of a redundant system with one repair team 
サブタイトル(英) A problem on Markov analysis and its resolution 
キーワード(1)(和/英) 冗長システム / redundant system  
キーワード(2)(和/英) アンアベイラビリティ / unavailability  
キーワード(3)(和/英) 単一修理チーム / one repair team  
キーワード(4)(和/英) マルコフ解析 / Markov analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 のぶ子 / Nobuko Kosugi / コスギ ノブコ
第1著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 貢市 / Koichi Suyama / スヤマ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-22 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 R2007-14 
巻番号(vol) 107 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2007-06-15 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会